スポンサーリンク

FaceSearch: 人工知能で30万人以上の中から、あなたのそっくりさんを検索


2018年11月13日

コンサル就職・転職前に必読の本(1)

 ども勉三です。勉三がよく聞かれる質問が「コンサルに就職(または転職)する前にどういうことを勉強しておけばいいですか?」というもの。今回は、勉三が読んだことのある本の中から、「もっと早めに読んでおくべきだった」「コンサルになる前に読んでおけば…」と感じた本について紹介させて頂きます。

 ちなみに、コンサルに入社が決まっている方で、入社後やっていけるかが不安な方は、ここで挙げられている本は今すぐ発注して読んでおくことを強くお薦めします。なぜなら、コンサルになって真っ先に言われるのが「本を買うのに躊躇するな」ということだからです。コンサルは設備も何もなく人間自体が資本なので、自己投資を惜しんではいけません。

ビジネスフレームワーク図鑑(株式会社アンド 著、翔泳社)

必読度:★★★

 2018年に出たばかりの新しい本なのですが、全コンサル必読とも言うべき本です。この本を最初に書店で見かけた時は「コンサル業界のノウハウ流出もここまで来たか」と危惧さえ感じたのを覚えています。

 というのも、コンサル未経験者が入社して一番困るのは、作れるスライドのレパートリーが少ないということなんです。何かスライドを作ってと指示されても、どういう構成にしたらいいか思い浮かばない。勉三も本当に入社直後はそれに悩みました。それは、どうしても「コンサルの作ったスライド」を見た経験が少ないために引き出しが限られるというのが原因なのですが、この本はその引き出しをレパートリー化して誰でも使える形でまとめてくれているのが画期的。こういう本が勉三がコンサルになった頃にあったら、だいぶ違ってただろうなあと思った一冊です。

外資系コンサルのスライド作成術―図解表現23のテクニック(山口 周 著、東洋経済新報社)

必読度:★★★

 コンサルに入って叩き込まれるのがスライド作成。コンサルにとってのパワポ(PowerPoint)は、料理人の包丁のようなもので、使えなきゃ話になりません。

 ところが、単にパワポが使いこなせるだけではだめで、何をメッセージとして伝えたいのかを明確にし、そのメッセージを伝えるためだけにスライドを磨かないといけないわけです。これが難しい。未経験者にありがちなのは、情報を盛り込みすぎてメッセージが曖昧になったりして、上位者からケチョンケチョンに詰められるわけですが…。

 この本はコンサルにとって最低限のスライド作成スキルを、コンパクトにまとめている名著だと思います。これだけで素晴らしいスライドがすぐに作れるかというと、そんなに簡単にはいきませんが、知ってて当たり前のことを知らずに恥をかくということは無くなるのではないかと思います。

コンサル一年目が学ぶこと(大石 哲之 著、ディスカバー・トゥエンティワン)

必読度:★★★

 こちらはスライドワークに限らず、コンサルとして徹底的に叩き込まれることを30項目に分けて解説しています。コンサルになるなら絶対に読んでおいて欲しい本。

 例えば「喋らないなら会議に出るな」「ヴァリューを出す」「常に自分の意見をもって情報にあたる」「数字とロジックで語る」「結論から話す」などなど、コンサルになったら絶対に一度は言われることがまとめられています。

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術(伊藤 羊一 著、SBクリエイティブ

必読度:★★

 コンサルになると耳タコになるほど言われるのが「端的に話せ」「要点を話せ」「結論を話せ」といったこと。仕事では当然、大企業の超多忙なエグゼクティブクラスの方と話すことになるので、結論に関係のないことをグダグダ話していると即無能判定されます。

 コンサル業界でよく言われるのが、エレベータートークの話。これは、クライアントや自社のパートナーとエレベーターで一緒になった際に「どう?順調?」などと聞かれたとき、プロジェクトの現状をエレベーターに乗っている1分足らずの時間でうまく説明できるかどうかという思考実験。

 実際、この手の能力はコンサルタントとして非常に重要なのですが、それは単にクライアントに伝えるためだけではないのです。これは自分がプロジェクトのことを把握するためにも良い訓練なのです。もし30秒や1分で現状をうまく言語化して説明できないのであれば、それは自分がプロジェクトのことを完全に理解していないということ。なので、勉三は電車の待ち時間など暇があれば、常にこのトレーニングをするようにしています。

 本書は「結論+根拠+たとえば の三段構成」で「大事な事だけシンプルに伝える技術」を説明した良書。「『基本的に』は不要」「頑張ったことは話すな!」など未経験者が陥りがちな罠についても丁寧にフォローされており、コンサルになるにあたってクライアントとの会話に不安を感じる方は一読を強くお薦めします。

 まだまだあるのですが、長くなったので次回に…。

スポンサーリンク

FaceSearch: 人工知能で30万人以上の中から、あなたのそっくりさんを検索 FaceSearch: 人工知能で30万人以上の中から、あなたのそっくりさんを検索


posted by 勉三 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職
2018年11月12日

社会人必須の3つのカード(1):JAL/ANAカードの基本知識

 ども勉三です。社会人になったら絶対に作っておくべき3つのカードがあります。それは「JALカード」「ANAカード」「JR東海EX-ICカード」です。出張の多い職種であれば必須ですが、そうでない人もプライベートでも使えるので持っておいて損はありません。

 日本に住んでいる限り、この三社のお世話になることは非常に多いので持っていて損することはありません。いざ出張や旅行の必要性がでてきてからだと発行に間に合わない可能性があるので、社会人になった方は早めに申し込んでおくことをお薦めします。

JAL・ANAのマイレージカード

 JAL・ANAともにクレジット機能のない「マイレージカード」もありますが、断然おすすめは提携クレジットカードです。マイルの溜まり方が全然違います。両者とも通常カード、中間カード(JALではCLUB-Aカード、ANAではワイドカード)、ゴールドカード、プラチナカードとグレードが別れています。

 年会費に関してですが、JAL・ANAとも通常カードで約2000円、中間カードで8000〜10000円、ゴールドで15000〜2000円程度といったところです(本記事執筆時点)。プラチナに関してはJALが33480円、ANAが70000〜80000円代と違いがあります(ANAはプラチナではなくプレミアムカードと呼んでいます)。

 なお、年会費はカードのブランドにより違いがあり、上で挙げたのは VISA, Master, JCB などのブランドの価格です。AMEXやDinersではやや高くなります。例えば、JALのAMEX通常カードは6480円で、他のブランドの3倍です。

航空会社提携クレジットカードは、マイルの溜まり方が全然違う

 (クレジットカードではない)マイレージカードとの違いは、なんといってもマイルの溜まり方。入会時特典として入ってくるマイルだけでなく、毎年の更新でもマイルが入ってきますし、飛行機に乗る度に通常よりも10〜50%多くマイルが加算されます。

 そして何より嬉しいのは、クレジットカードの支払でマイルが溜まること。これは航空券の購入だけでなく、全ての買い物に適応されます(電子マネーへのチャージなど一部例外あり)。社会人になれば毎月決まって支払う額というものがあります。例えば家賃、電気代、ガス代、水道代、携帯代、新聞代、NHK料金、インターネットプロバイダ料金などです。また、これ以外にも食費や衣類などにもお金がかかります。せっかく同じ額を支払うのであれば、それに対してマイルが溜まった方がお得ですよね。

 毎月20万円支出するとして、年間で240万円です。これをクレジットカード支払いにすれば、例えばANAのゴールドカードなら1%、すなわち24000マイルが入ります。これをそのままショッピングなどに利用することもできますが、一番いいのは特典航空券や特典アップグレードなどに換えることです。ショッピングでは1マイル1円ですが、特典航空券などに換えるのであれば1マイル2〜3円の価値はあります。

 このショッピング支払いに対するマイル還元だけで、新人でも2年に1回は海外旅行に行けたりします。国内ならもっとですね。実際には会社の出張などでもマイルが溜まるので、出張が多い方ならガンガン溜まっていきます。勉三の友人たちも出張でマイルを稼いで、無料で海外旅行に行っている人が多いです。

どのカードを作っておくべきか

 さて、JAL・ANAカードの必要性や魅力については理解して頂けたかなと思いますが、「色々あるけどどれがいいのよ?」っていう部分ですよね。

 まず、JALにするのか、ANAにするのか。勉三のおすすめとしては、両方作っておくことです。というのも、路線によっては片方しかなかったりしますし、自分のメインキャリアを決めていても空き便がない時は別の会社を使わざるを得ません。そんな時、例えばJALカードだけ作っていて、ANAカードがないのでは、予約時にも色々不便ですし、何より特典もつきませんし、アップグレードしてもらえる確率も低くなります。

 例えば、もしANAをメインキャリアにするのであれば、ANAはゴールドカードを作り、JALは通常カードにしておくといったように差をつけるのがいいと思います。もし余計なクレジットカードを作りたくないのであれば、クレジット機能のないマイレージカードというのもアリですが、いざというときの特典を考えるとおすすめできません。実際、勉三は両方持っていますが非常に便利ですよ。

 次に、メインキャリアの中でどのカードにするかも考えなければいけません。勉三のおすすめはゴールドです。クレジットカードで年会費が2万円近くするというのは高いと感じるかもしれません。ですが、ゴールドカードは非常にコスパがよく、年回数回以上飛行機にのる方ならほぼ確実に元が取れるからです。

 最大の違いはクレジットカードのショッピング支払いに対する還元率でしょう。例えばANAだと、通常カードの還元率は0.5%です(AMEXのみ1%)。つまり、1000円の買い物に対して5マイルということです。これがゴールドカードになると倍、すなわち1%になります。先ほどの例のように、年間240万円を支払うのであれば、通常カードであれば12000マイルでしかないのに対し、ゴールドであれば24000マイルです。単純に1マイル=1円換算でも12000円の差がつき、これだけでもほぼゴールドカードの元が取れています。特典航空券に還元するのであれば、1マイル2〜3円程度の価値になりますのでそれ以上です。

 ゴールドカードが優れているのはそれだけではなく、付帯保険についてもです。クレジットカードには大抵、付帯保険がついているのですが、通常カードの保険は最低限といった感じで頼りないです。ゴールドであれば付帯保険もしっかりしており、海外旅行時も別途旅行保険に加入する必要がなくなります。

次回予告

 今回、JAL・ANAカードの基本を解説したので、次回からは個別にどのカードがいいのかを徹底解剖していきたいと思います

スポンサーリンク

FaceSearch: 人工知能で30万人以上の中から、あなたのそっくりさんを検索 FaceSearch: 人工知能で30万人以上の中から、あなたのそっくりさんを検索


posted by 勉三 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・キャリア
2018年11月11日

AI/機械学習講座(2):Ubuntu 仮想環境を構築しよう!

初心者が Python 始めるなら、仮想 Ubuntu 上で環境構築するのがベスト

 ども勉三です。「AI/機械学習講座」の第二回目。今回は Python を使うためのセットアップの第一歩として、Ubuntu の仮想環境構築について解説します!

Python環境はUbuntu上に構築するのがお薦め!

 今回の記事で一番お伝えしたいのは「Python環境はUbuntu上に構築するのがお薦め」ということに尽きます。他は忘れてもこれだけは覚えて帰ってください。それだけで、勉三が費やした何時間もの無駄な時間を節約することができます。

 もちろん、Python は Windows, MacOS, 各種 Linux 系 OS など、殆どの主要なオペレーティングシステムので使うことができます。そう聞くと多くの方は自分が使っている Windows や Mac にインストールしようとするのではないでしょうか。ここに第一の罠があります。

 Python はマルチプラットフォームを謳っている言語ですが、基本的に Linux がデファクトスタンダードだと思ったほうがいいです。基本的に Linux で動くことを前提に開発されています。ネット上での情報も Linux での使用についてが最も豊富です。Python でプログラミングをしていると、どうしても各環境ごとに特有のエラーに遭遇するのですが、Windows や Mac だと情報が少なかったりして解決策が見つからないことも多いです。

 「そんなこと言ったって俺のパソコンは Windows(または Mac)だし、Linux とか持ってないし」と思った方。心配は要りません。Windows でも Mac でも、お使いのパソコン上に仮想の Linux 環境を構築することが可能です。費用もかかりません。いい時代ですね。

 なお、本記事では Windows パソコン上に Linux の仮想環境を立てる方法を説明します。Mac での方法については申し訳ないですがネット上を検索頂ければと思います。

VirtualBox をインストールして、Ubuntu環境を構築するのがおすすめ

 無事に第一の罠を突破し、Linux 上に Python 環境を構築することを選択した皆さん。安心するのは早いです! 早くも第二の罠が待ち構えています。それは、Windows 上に仮想の Linux 環境を構築するといっても、選択肢が色々あるということです。

 まず、一口に Linux といっても、CentOS, Ubuntu などなど様々なディストリビューションがあります。Linux に馴染みのない方のために解説しておくと、Linux というのは OS の規格のようなもので、Linux 準拠の OS として CentOS や Ubuntu など様々なディストリビューションが存在します。「Linuxの環境を構築する」と言ったとき、実際には CentOS や Ubuntu などをインストールして環境を構築することになるのです。

 結論からいうと初心者の方は Ubuntu を選ぶのがベストかと思います。Linux というとコマンドを打ち込んで難しそうなイメージがあり、また実際にそれは避けては通れないのですが、Ubuntu は Windows や Mac のようなグラフィカルユーザーインターフェイスも備えており、はじめて Linux を使う方の入門用としては最適です。また、シェアの観点からも現在の Linux 環境のデファクトスタンダードになりつつあり、ネットで検索した際の情報量が多いことも利点です。

 OSの選択に加えて、仮想環境をホストするソフトウェアとして、VMWare や VirtualBox などがあります。どれを選んでも同じ…というわけにはいかず、仮想環境にどのOSを導入するかによって相性があります。Ubuntu を使うのであれば、VirtualBox にしましょう。

 手順としては以下のようになります。詳しい手順も加筆していきたいと思いますが、当面はインターネット上で検索して頂ければと思います。

1.VirtualBox(Webサイト)を Windows にインストールする。

2.Ubuntu Desktop の最新のLTS版(Webサイト)をダウンロードする。

3.VirtualBox 上で仮想環境を立ち上げ、ダウンロードした Ubuntu をインストールする。

 ここで、「Ubuntu Desktop の最新の LTS 版」という用語が出てきたので解説しておきます。Ubuntu と一口にいっても様々な形態、バージョンがあります。形態としては、Server や Desktop などがあり、Desktop であれば Windows や Mac のように、デスクトップ、メニュー、ウィンドウなどのグラフィカルユーザインターフェイス環境がセットになっています。個人で Ubuntu を使う方にはこちらがおすすめです。

 次に、LTS 版という用語ですが、これは Long-Term Support の略で、安定バージョンという意味合いになります。現在の慣行として、Ubuntu では2年に1回 LTS 版が更新されます。この記事を執筆している時点では、18.04 が最新の LTS 版で、その前が 16.04 になります。

 ですので、この記事を2018〜2019年に読まれているのであれば、基本的には 18.04 をインストールしておけばよいでしょう。もしくは、情報量的には1つ前のバージョンの方が多かったりしますので、安定や情報量をとりたければ 16.04 も選択肢かなと思います。本記事では 18.04 を前提として解説していきます。

他の選択肢もあるが…

 Windows のパソコンで、Ubuntu の仮想環境を構築する方法は他にもあります。が、あまりおすすめできません。

 Windows 10 では WSL (Windows Subsystem for Linux)という機能が追加され(参考記事)、VirtualBox などのソフトウェアをインストールせずとも Windows OS の標準機能として、Linux の仮想環境を利用することができるようになりました。しかし、まだまだ問題が多く、VirtualBox の代替として使うのは難しいのが現状です。

 また、最近流行りの Docker で手軽に Linux 仮想環境を構築するという手もあります。これは1つの選択肢としてはアリなのですが、Python 初心者の方にはおすすめしません。Linux、Python、Docker と新しいことを3つも同時に覚えなくてはいけないので、ハードルが非常に高いです。順序としては、まず Linux 上で Python が使えるようになり、それから Docker に手を出すことをおすすめします。

次回予告

 Python 環境構築に入る前の OS のセットアップから長くなってしまいました。次回はいよいよ Ubuntu 上に Python 環境を構築するところをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

FaceSearch: 人工知能で30万人以上の中から、あなたのそっくりさんを検索 FaceSearch: 人工知能で30万人以上の中から、あなたのそっくりさんを検索


posted by 勉三 at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT