スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2019年09月10日

成田空港「陸の孤島」化で露呈した日本の災害対策の問題点

1万人以上が空港で夜を明かすことに

 ども勉三です。台風15号の影響で成田空港のアクセスがほぼ遮断され、空港内に1万人を超える「難民」が発生するという事態になりました。勉三も出張からの帰りで運悪くこれに遭遇してしまい、最終的には部分復旧した京成電鉄の終電に近い電車に乗ることができ東京に帰ることができたのですが、駅の行列に並ぶのが数分遅ければ間に合わず空港で夜を明かすことになっていました。

 この記事を書いている時点でも、1万人以上の人が空港内に取り残されているとのことで、交通手段もなくホテルも空室がないので殆どの人は空港建物内の床に寝転がって一泊することになるでしょう。

 さて、今回の騒動を直接目にして、災害大国を自称している割には全く災害対策ができていないなと思ったので、いくつか露呈した問題点を紹介したいと思います。

全体を統括する空港内の災害対策本部のようなものが無い

 今回、色々と問題はあったのですが、その根っこを辿っていくとこれにたどり着くような気がします。空港、航空会社、交通機関、警察がそれぞれバラバラに動いており、その間の連携が全く取れていないのです。いずれの機関の職員の方も必死で対応されているのですが、それがバラバラなために全体としての効果につながっていないのは非常に残念なことです。

 例えば、一例を挙げましょう。今回、あくまで問題が生じたのは交通機関であり、空港そのものの機能には問題がありませんでした。そこで、どんどん航空便は発着するのですが、到着した人たちが空港から出ていくことができないので、どんどん人が増えていくのです。空港からしたら「俺たちのせいじゃねーよ。泊まれるように空港を営業時間外も開放し、物資(クラッカー、水、寝袋などが支給されました)も支給してあげてるんだから文句言うな」というところなのでしょうが、人が出ていけない緊急事態の空港でどんどん飛行機を受け入れ、人を増やしていくというのは大きなリスクを抱えています。

 また、別の例としては、情報共有の少なさです。7〜8時間程度は空港にいたと思いますが、その間に情報はたまにアナウンスがある程度で殆ど分かりません。例えば、京成が運転再開したというアナウンスはあるのですが、人が殺到して長蛇の列ができ入場制限がかかるほどでした。また、その行列がどの程度の長さで、最終便は何時頃になるのかといった情報は一切分かりません。一番頼りになったのはtwitterの情報でした。

 これらの問題を考えた時、必要なのは関係各機関の上に立ち、アクセスも含めた空港全体での災害対策を指揮することができる機関が必要と強く感じました。災害時に各機関が個別に動いているだけでは効果が薄すぎます。

緊急時のアナウンスがほぼ日本語だけ

 現在、平時のアナウンスは多言語対応が進んでいますが、緊急時になると日本語しか流れてこないことを今回改めて認識させられました。空港という外国人を多数受け入れる施設ですから、せめて日本語に加えて英語でのアナウンスはしてほしいなと思います。

 情報収集という観点では、先に述べたように日本人の勉三でさえ苦労したぐらいですから、外国から来られた方は現在どういう状況なのか、全く知るすべが無かったと思われます。

災害対策プランが練られていない

 今回、JR東が早々に終日運休を決定したのに対し、京成は18時頃から運転を少しずつですが再開し、勉三も含め、京成に救われた方は多いかと思います。そういう意味で、基本的に京成のしたことはプラス評価されるべきであると考えています。

 しかしながら、災害対策として100%の役割を果たせていたかは疑問符がつくところです。例えば、スカイライナーがせっかく復旧しても、窓口が追い付かずガラガラの状態で走らせていたとのことです。また、スカイライナーは全席指定なのですが、今回も全席指定で通常通りの対応でした。少しでも多くの人を空港から脱出させるという意味では、通路部分にも人を入れて運ぶなど緊急対応をすべきだったと思います。

 それと改札も通常通りの対応のため、そこで人の流れが停滞しディズニーランドもびっくりの長蛇の列となっていました。外国人観光客は当然ICカードなども持っていない人も多いでしょうから、券売機や窓口で切符を買わなければいけません。緊急時にそういった運用をしていては十分に輸送できないのは目に見えています。

 最終的には京成もそれに気づいて、改札を切符無しでも通れるように開放しましたが、終電間際になってからのことでした。これにより人の流れが格段に速くなったので、もっと早めにしておくべきだったと思います。ちなみに、切符無しで通った人は到着先の駅で精算する必要があるので、無料というわけではありません。それはいいのですが、そういったアナウンスも日本語だけだったので、到着先の都内の駅では多少混乱が見られました。

 誤解ないように繰り返しておきますが、今回の京成の対応自体はプラス評価されるべきですし、オペレーションがまずいからといって京成を叩くつもりはありません。あくまで今後の理想像として解釈して頂ければと思います。

 また、1つめの「全体を統括する対策本部が無い」というのにも関係しますが、今回のような災害時の緊急対応は鉄道会社だけでなく関係各機関が出費しあった上で、運賃無料にし、指定席のみの特急にも人を可能なだけ載せて、少しでも多くの人を迅速に空港から脱出させる運用にしたほうがいいでしょう。

最後に

 いかがでしたでしょうか。今回、問題点と同時に強く感じたのは、災害時における日本人の現場レベルでの連帯感です。(勉三が見ている限りは)大きな騒動になることもなく、空港から支給された物資なども配布に協力するなど、非常に感心させられました。

 であるがゆえに、なおさら全体を見渡しての指揮系統の無さを痛感するのです。非常に勿体の無い話です。現場が優秀だが各組織がバラバラに動くのは、どこか旧日本軍の失敗と通じるところがあるなあとも感じてしまいます。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事
2019年09月08日

英会話ができるかどうか一発で見抜く質問

疑問文の難しさが分かっているかどうかで英語力が分かる

 ども勉三です。その人が英会話ができるかどうかを一発で見抜く質問として「疑問文って難しいよね?」というのがあります。これを聞いて「え?何が難しいの?疑問文って中学で初めに教わるやつだよね?仮定法とか関係代名詞が難しいというなら分かるけど、疑問文なんて基礎の基礎じゃん」と思った人は、残念ながら英会話ができない方。逆に「うんうん。難しいよね」と思った人は英会話ができる人でしょう。

 もちろん、ネイティブや帰国子女で英会話に苦労しない程の高いレベルをお持ちの方であれば別です。しかし、勉三のようにTOEICなら満点近いレベルであり、周り全員がネイティブというチームの中でも仕事ができるものの、ディナーとかのトークには所々ついていけないぐらいのレベルまでなら、上記法則は通用すると思います。

 今回は、何故この質問が英会話力の判定に使えるかを解説していきたいと思います。

英会話では1秒でもラグがあってはいけない

 ある平叙文を疑問文に書き換えるようなタスクは、時間を与えられれば誰でもできるものだと思います。疑問文を読み取って意味を理解するのも同様でしょう。ただし、これは「時間無制限」という非常に甘い条件のもとでの話です。

 実際には英会話では、様々な表現パターンを即座に頭の中で構築して、かつ相手が話してきた表現パターンを即座に理解できないといけません。特に1秒の遅れがリスニングでは致命的です。どこかで理解に詰まるところがあると、そこで頭の中で行っている英文読解処理がストップし、その後の発話内容も聞き漏らしてしまいます。

英語が聞き取れない個所の多くは、文章で読んでも詰まるところ

 一度試しに行ってもらいたいのですが、スクリプトや字幕が用意されている英語のニュース、ドラマ、あるいは映画などをスクリプトを見ずに聴き取ってみてください。それで、どの箇所で詰まったかをメモなり記憶しておきましょう。で、その後でスクリプトを見てみるのです。

 勉三も以前この分析をやってみて驚いたのですが、聞き取れないところは、文章で目で読んだとしても、そこで僅かに詰まるようなところが殆どでした。これは学校や大学受験の英語の試験であれば問題になりません。多少そういった箇所があっても、そこだけ時間をかけて何度も読めばいいのですから。しかし、実際の英会話で聴き取りとなると、そうはいきません。一発でラグなしで理解できる必要があります。

 そして、読んでいてそのようなラグの発生する箇所は、もちろん比較級の言い回しや、関係代名詞の入り混じっている文などもそうなのですが、かなりの部分が単純な疑問文だったりするのです。疑問文は登場頻度が非常に高いですからね。

疑問文の発話や聴き取りは思っている以上に脳への負荷が大きい

 何故かと言うと、疑問文では文章を倒置したり、疑問詞などを使ったりするため、どうしても平叙文の発話や聴き取りと比べると、脳に余計な負荷がかかってしまいます。程度の差はあれ、多くの日本人は平叙文と比べて疑問文の処理で若干のラグが発生してしまうかと思います。

 英会話をできなくしている要因の1つ(全てとは言いませんが)が、このような比較的単純に見える処理のラグによる詰まりなのです。

最後に

 如何でしたでしょうか? 勉三も、疑問文での僅かなタイムラグが英会話時には大きく影響することに気づいたとき、語学ではいかに基本が大事かというのを実感しました。英会話に限らず何でもそうかもしれませんが、何事も基本が大事です。

 多くの人は疑問文なんてマスターしてるよと思っているかもしれませんが、平叙文を扱うのに比べて全くのタイムラグなしで脳内処理できるでしょうか? 勉三の見立てでは99.99%の日本人英語話者はそのレベルにすら達していません(もちろん勉三も含めて)。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

理系は地方から出てもっと社会の変化に目を向けるべき

理系は地方から出てもっと社会の変化を意識すべき

 ども勉三です。勉三はコンサルになる前は大手メーカーの研究職だったのですが、今から振り返って考えると、考えが古いというか保守的な人が多いような気がしました。すなわち、早めに結婚して、家や車を買い、1つの会社で定年まで勤め上げる(実態は別として、少なくとも同じ会社で働き続けるという言う前提で生きている)という価値観です。

理系研究職には東京出身者が非常に少ない

 それと出身地で見ると、東京都出身の人は殆どいなかったと思います。人口に比して地方出身者が多い。いわば田舎の出身者がかなり多いという傾向がありました。これは偶然ではなく因果関係で説明できます。すなわち、理系研究職は親も理系であることが多いのですが、理系は人口比以上に地方に偏っています。

 これは国公立大学の分布などを見れば一目瞭然でしょう。国公立大学は戦前の人口分布に基づいて設置されており、基本的には古い大学ほど名門であり、その序列に下剋上は起きにくい業界です。とりわけ理系分野には施設面で巨額の投資が必要で、それができるのは国公立大学が中心になります。

 また、メーカーでも研究所は多くが地方や、関東でも郊外に設置されているため、必然的にそこに家庭を築く理系家庭は、出身が東京以外になりやすいのです。

地方で生まれる→理系を目指す→地方に留まる のループ構造

 この理系の出身地の地理的偏りが、冒頭で述べた理系の古い価値観へとつながっているのではと勉三は考えています。東京でそこそこいい家庭に生まれたり名門と呼ばれる中学校などに進学すると、周りに外資系企業やベンチャー起業する人がいることは珍しくなく、学歴においても海外大進学という選択肢は普通のものとして存在します(親の都合で海外に引っ越すことも多いので)。そういう環境で育つと、そういった仕事に就こうとする人も増えるでしょう。

 一方で、地方ではどうしても周りに外資金融やコンサルなんかに勤めている人がいませんし、ベンチャーなんてどこの世界なのという感じです。海外進学する人も少ないでしょう。結果、どうしてもキャリアの頂点は医学部進学になり、そうでなければ理系に進んでメーカーなど大手大企業に就職、あるいは大学で研究者を目指すというのが「堅い生き方である」と考えられるようになります。

地方は東京より10年以上遅れている

 考えが古いこと自体は必ずしも悪くはないのですが、ただ「遅れている」ことは自覚が必要だと思います。今の女性の社会進出やキャリアの多様化なども、アメリカに比べると東京でも30年以上は遅れていると思います。ちょうどアメリカで1970年頃に浸透してきた価値観が、ようやく2000年代になって東京に浸透しはじめ、そこから大阪や他の大都市に浸透し始めたのが2010年ごろ。さらに他の地方に浸透するのはこれからでしょう。

 何が言いたいかというと、価値観はどんどん変わるし、地方の価値観の変化は必ず東京の後追いをするということです。地方にいて地方の価値観に馴染んでいる理系は、まず自分たちが遅れていることを自覚し、意識的にキャッチアップしないと時代に取り残されることになります。

 よく理系は社会に目を向けろと言われますが、地方にいては社会の変化はなかなか感じられないと思います。東京ですら世界で見れば隔離された僻地もいい所ですからね。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 06:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 理系