スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2019年03月21日

プログラミング必修化への拒否反応から見えてくる日本のヤバさ

プログラミングやIT教育に否定的な日本

日本ではなぜプログラミングやITのイメージが悪いのか

 はい。どうも勉三です。小学校でのプログラミング教育が必修になるそうですが、これについてネットでは否定的な意見も多く見られます。もちろん、そんなスキルの無い現場の先生がどうやって教えるんだとか、色々解決しなければいけない問題はあろうかと思いますが、21世紀を生きていくにあたってプログラミングが必須の知識であることは疑いようもない事実です。

 現にアメリカの時価総額上位は、FANG(Facebook, Amazon, Netflix, Google)といったIT系企業が多数を占めており、ITは経済発展には欠かせないもので、富をもたらすものです。しかし、日本ではITと聞くと薄給だとかデスマーチといったイメージで語られることが多いのではないでしょうか。プログラミング必修化への嘲笑や批判も、そういった「IT」に対するイメージが根底となっているように思われます。

 今回は、なぜ日本ではITに対するイメージが悪いのかを考察していきたいと思います。なお、最終的にまとめると以下の図のようになりますので先に掲載しておきます。

008.gif

アメリカと日本のITの違いはどこにあるのか?

自社開発と受託開発の違い

 この「IT」へのイメージの違いを理解するには、ITといっても大きく2つあるということをまず知る必要があるかと思います。

 1つは、自社の目的のためにITを利用しているIT企業です。これは、パッケージソフトウェアや自社サービスを販売している企業やゲーム企業などです。自分たちの製品やサービスをIT技術によって提供しているタイプの企業です。もちろん、Facebook, Google, Amazon, Netflix などはみなそうですね。

 もう1つは、他社から委託されて受託開発を行っているIT企業です。巨大なものだと銀行や空港のシステムから、小さいものは企業のウェブサイトだとか、そういったものを受託して開発するIT企業です。システムインテグレーター(SIer)と呼ばれる企業がまさにそうで、日本だとNTTデータ、日立、富士通、NEC などなどを頂点に多数の企業が存在します。

 この「自社」か「受託」かの違いが、富めるITか貧するITかの違いに大きく関連しており、ひいては日米のITの差の大きな要因であると言えるのです。なぜなら日本では圧倒的に受託開発のIT企業が大半で、IT業界に就職すると言うとまっさきにそっちをイメージするからです。

受託は人月商売になり富をもたらしにくい

 IT産業における自社と受託の大きな違いは、作ったものが1回こっきりの利益しかもたらさないか、何倍にも利益が複製されるかの違いです。

 たとえば、有名なソフト(Microsoft Office でもスーパーマリオブラザーズでも何でも構いません)をイメージしてみてください。これらは一度作れば売れば売るほど利益をもたらします。一方で、企業の基幹システムだとかウェブサイトなどは、基本的に受託元へ売るのみで他の会社へ売ることができません。

 これが何を意味するかというと、受託開発は売上・コスト・利益が工数に支配される人月商売であるという点です。言い方を変えれば、これぐらいのシステムを開発するなら、これぐらいの期間と人数が必要で、1人あたりの単価はこれぐらいで、総コストはこれぐらいだよね。だから価格はこれぐらいで、利益はその差額になるよね、といった具合にお値段が決まるということです。

 大ヒットしたら相場以上に儲かるということがなく、単価は厳しくチェックされ買いたたかれるので、基本的に受託開発は薄給になります。また、具体的な作業ほどガンガン下請けに出されるので、実際にプログラムを書く人の給料は元請けの売上に比べてかなり安くなってしまいます。

ITを製品として提供するか、プロトタイプに用いるかの違い

 さて、ここまでITを「自社」と「受託」の切り口から見てきました。実はもう1つ、日本人がITを語る際に忘れがちな切り口があります。それは「製品」か「プロトタイプ」かの違い。

 「製品」というのは、自社開発にしろ受託開発にしろ、開発したソフトウェアやシステムを製品として販売ないしは提供することです。こちらはイメージしやすいかと思います。多くのIT企業はそうですから。

 ですが、もう1つ「プロトタイプ」というITの使い方があります。例えば、今流行りのデータサイエンティストなどはこれに該当するでしょう。働いているのは自動車業界であったり化粧品業界であったりと、IT製品そのものを提供する会社ではないけれども、仕事でIT技術を活用した分析を行い、そのために実際にコードも書いたりする人たちがいます。

 また、大学や企業で研究開発を行っており、そのためにプログラミングをしているという人も昔から存在します。全体で見れば数は少ないですが、多くのプログラミング言語やITテクノロジーは彼らによって生み出されたものであり、その影響力は絶大です。

 最終的に製品開発を行うIT企業であっても、その前段階の仮説検証や MVP (Minimum Viable Product) の開発などはプロトタイプと言えるかと思います。

 日本では、この「プロトタイプ」のためにITを使いプログラミングを行っている人たちがいることが、よく忘れられていることが気になります。例えば、今流行りの Python なんかは、機械学習などのライブラリが豊富で、思いついた仮説をさくっと実装できるためプロトタイピングの用途に非常に向いていることで海外では非常に人気なのですが、日本ではどうしても製品開発にしかITを使わないような固定観念があるので「Python なんかより C/C++ をやるべきだ」などといった意見が主流になりがちです。

IT技術が必要なのは受託開発で製品を作っている人だけではない

 これをまとめたのが冒頭の図になります。切り口として「自社」か「受託」か、それと「製品」か「プロトタイプ」かの2通りずつがあるので、ITで飯を食っている人たちは4パターンに分類できることになります。

008.gif

 日本でITが話題になる時は、「受託」かつ「製品」の人達だけがクローズアップされますが、俯瞰してみれば一部にしか過ぎないことが分かるかと思います。確かに人手が必要なので人数比で見れば多いのですが、一番儲からない低付加価値のITだと言えます。

 日本でプログラミング必修化の議論に拒否反応が多いのも、この低付加価値な「受託」かつ「製品」を開発するITのことしかイメージできないからではないでしょうか。プログラミングやITスキルが直接役に立つ仕事はそれだけではないということを理解しないと、なかなか拒否反応は解消されないのかもしれませんね。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事
2019年03月16日

在宅勤務してみて分かったメリットとデメリット

在宅勤務をしてみた

 ども勉三です。ここしばらく週に1〜2日ほど在宅勤務しています。コンサルと言う仕事の特性上、クライアントとの会議などを除いては、どこにいようとパソコンさえあれば仕事ができてしまいますし、成果さえ出していれば働き方もあまり細かいことは言われない文化なので、その点では在宅勤務には比較的寛容な業界で助かっています。

 ただ、実際に在宅勤務をやってみて分かったことがあるので、今回はメリットとデメリットの観点から述べていきたいと思います。

在宅勤務のメリット

通勤しなくて済む

 通勤しなくて済むので疲れないし時間が最大限有効に使える。これが最大のメリットでしょう。勉三は職場まで電車で1時間弱かかりますが、往復の通勤がなくなれば1日で1時間半〜2時間程度の時間は浮くわけです。

 また、混んでいる電車に乗るというのは思っている以上にストレスがかかります。在宅であればこれが無くなるわけで、精神的にも肉体的にも非常に楽になります。

 在宅をしてみて「通勤ってこんなに無駄だったんだ」と気づきました。あまりに当たり前で普通に会社員生活をしていると気づかなかったかもしれません。

家事に時間が費やせる

 通勤の時間が空くことと家にいることで、空いている時間に家事ができるのもメリット。夜遅くに帰って朝早くに出勤とかだと、平日に洗濯物をすることが中々難しかったりしますが、在宅であれば仕事の合間にできてしまいます。

 また、家にいるので食事も自炊が基本になります。お金も節約できるし身体にもいい。在宅は非常に健康的な生活ができるといえるでしょう。

 家にいるので宅配物などの受取もしやすいのもメリットですね。忙しいサラリーマンの方は、Amazon などで購入しても土日しか受け取れなかったりするかと思いますが、平日でも余裕で受け取れるので楽。

在宅勤務のデメリット

騒音が非常にストレス

 一方、在宅勤務にも厄介な問題があることも分かりました。一番困ったのは騒音です。例えばマンションに住んでいると隣室や階上階下で工事をしたりすることが結構あるわけです。通常そういった工事は、人がいないであろうという配慮から、平日の日中に行われるわけですが、これがまさに在宅勤務の人には都合が悪い。

 自分だけで作業しているならいいのですが、在宅でも電話やウェブを介しての音声会議はつきもの。そんな時に騒音があるというのは非常にストレスになります。

 また、選挙シーズンには選挙カーの演説や名前連呼も非常に鬱陶しい。家で仕事をしている人もいるということを政治家の皆さんには理解してもらいたいものです。

メリハリがつけにくい

 これは自宅にいるから仕方がないことではありますが、オンオフの区別がつけにくいのは感じました。それこそ、お昼ご飯食べたらソファーに寝転がって3時まで昼寝、とかも会議などが無ければできてしまうわけで、そこは自制が必要です。

 また、仕事が立て込んでいる時は逆に働きすぎてしまいやすい傾向もあると思います。外出せずにずっと家にこもってひたすら作業というのも、それはそれであまり精神的によろしいものでもありません。

 学生時代に家では集中して勉強できなかったタイプの人は、在宅勤務に向いてないと思います(笑)

最後に

 いかがでしたでしょうか。近年は、政府も在宅勤務を推進しようとしていますが、現在の日本の社会はまだまだ平日昼間に自宅で仕事をするような環境は整備されていない、と勉三は感じました。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事
2019年02月24日

コンサルになって良かったことを振り返ってみる

コンサルに転職して良かったこと

 ども勉三です。勉三はメーカーからコンサルに転職したのですが、振り返ってみてコンサルに転職して良かったなあと思うところを今回は挙げていきたいと思います。

 なお、当然ながら転職に限らず、人生のあらゆる選択は何かを犠牲にして何かを得ることです。転職によって全てがバラ色ということは勿論ありませんが、自分が叶えたいことがコンサルになることで叶えられるのか、悩んでいる方の参考に少しでもなれば幸いです。

色々な経験ができる、早くスキルアップできる

 これ、よく言われていることだと思うんですけど、本当にその通りです。コンサルではプロジェクトが変われば別の仕事をしていると言ってもいいぐらい仕事内容に幅がありますし、事業会社みたいに同じ業務を何年も延々とするということはありません。

 また、1つの仕事ができるようになったら、すぐに1段階上の仕事を任されます。例えば、それまで資料作成がメインだったとしたら、次はクライアントとの折衝を任されたり、あるいはそれまで1つ1つのタスクの遂行がメインだったとしたら、次はマネージャの役割を任されます。

 特にマネージメント経験を早期に積めることは、仕事の幅の意味でも、人材市場での価値という意味でも大きいと思います。例えば、勉三のいたような旧来型の日本企業だと、30代で課長になるのはレアケース。40代半ばで運がよければ課長になれるかもねという感じかと思います。もちろん、いわゆるラインマネージャーではない「名前だけの管理職」は殆どの人がなれますが、本当の意味で管理職やマネージャーとは言えないでしょう。

 コンサルなら実力があれば20代でもマネージャーは珍しくありません。殆どの人は30代までにマネジャーになるか、もしくは去っていく世界。また、これは入ってから分かったのですが、実際にはマネージャーになる前のコンサルタントやシニアアソシエイトと呼ばれる職位の段階から、マネージャー的役割を任されることが多いです。職位がマネージャーになって初めてマネジメントをするということは、まずないでしょう。

 もともとマネジメントなんて、実力があれば20代だろうとできるものですし、やるべきものだと勉三は思っています。内資にいると40代で就くので何か物凄く偉い職務のように錯覚してしまいますが、ベンチャーなんかだと20代で課長はおろか部長や役員クラスだっているぐらいです。

キャリアの選択肢が豊富

 比較的早期にマネジメントの経験が積めることとも関係しますが、コンサル経験者は基本的に転職市場では強く、選択肢も豊富です。勉三の周りでも事業会社の経営企画部などに転職した人、起業した人、他のコンサルに移った人などなど多彩です。本当にキャリアは十人十色という感じです。

 これはマネジメント経験以外にも、コンサル出身者は比較的ハードワークに慣れているであろうこと、優秀な人が多く外れが少ないこと、ビジネスの1つの側面だけでなく例えば営業、サプライチェーン、PLなど様々な側面のプロジェクトを経験していることなどが理由として挙げられるでしょう。

 一方、1つの会社でずっと勤務している場合、それもマネジメント経験を積んでいない場合は、30代後半頃から転職市場での需要はがくっと下がっていきます。中途採用に積極的なコンサル業界でも、業界未経験の中途採用の上限は35前後かと思います。

 このように、未来に対して極力オプションを広く持っておくことができる、という点がコンサルの1つの魅力ではあるかと思います。自分が本当にやりたいことがまだ見えていない、1つのことだけではなく色々なことをやりたいという人にはいいと思います。悪く言えば腰を据えられない人とも言いますが…

自分が「何を嬉しいと思うのか」を実感できる

 アンパンマンのマーチに「何のために生まれて、何をして喜ぶ」という一節がありますが、まさにそれです。人間誰しも、自分の好きな事、喜ぶこと、嬉しいと思う事ってあると思うんですよ(参考:過去記事「人生に悩んだらアンパンマンのマーチを聞け」)。

 ただ、毎日同じ業務ばかりしていると案外気づきにくいものです。例えば、勉三自身の体験でいえば、勉三は仕事でもプライベートでも色々なところに出かけるのが好きです。自分の行った事が無いところに行くのが大好き。転職活動をしていたとき、当然面接などで行ったことが無い街やビルに行くわけですが、それがとてつもなく楽しいことに気づきました。こういったことは普段の仕事をしていると中々気づけないと思います。特に外出や出張の少ない仕事であれば尚更でしょう。

 上でも書きましたが、コンサルの仕事は1つ1つのプロジェクトのスパンが短く、プロジェクトが変われば仕事内容はガラリと変わりますし、同じプロジェクトでも中で求められる役割は刻一刻変化していきます。とにかく変化の速い業界です。なので、事業会社にいるより圧倒的に色んな体験ができるんですね。ベンチャーでない伝統型の事業会社の3〜5年分ぐらいの経験を、コンサル業界では1年で積むことができるといっても過言ではありません。

 この「色んな体験ができる」というところが実は大事で、その中で「私はこういう事をやっているときが幸せに感じるんだなあ」とか「私はこういう事は嫌いなんだなあ」と言うのが明確に分かるようになります。これって非常に大事なことで、自分が最終的にどういうことをしていたいのかの1つの指針にもなりえることだと思います。コンサルにいるとそれに通常より早く明確に気づけるようになることも、コンサルになって良かったことの1つですね。

まとめ

 いかがでしたでしょうか。コンサルになって良かったと感じることは他にもいろいろとあるのですが、既にだいぶ長くなってしまったので今回はこの辺りにしておきます。また機会があれば続きを書きたいと思います。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職