2018年09月15日

仕事が面倒になったら転職のタイミング?

 ども勉三です。誰しも仕事が面倒になることはあると思います。ただ、一口に面倒といっても2つのタイプがあるかなと思います。1つは、もうどうしようも無いぐらいに揉めまくって、どうでもよくなってくる状態。いわゆる炎上と言うやつです。もう1つは、ステップをこなしていけばいけば完了できる道筋はたつものの、そこに至るまでがひたすら面倒くさいという状態。

 前者の炎上パターンでできることはそう多くありません。ひたすら炎が沈下するのを待つのみです。しかし、後者の「できそうだけど面倒くさい」という状態は、あなたのキャリアを考える上で大切なシグナルになります。

できそうだけど面倒だというのは、その仕事で得られるスキルはないということ

 「できそうだけど面倒だ」というのは、要はその仕事を遂行するにあたってのスキルはあなたに全て揃っているということです。そうでなければ「できそうだ」という事にはなりませんから。つまらなさを感じるのは、今のあなたにとってその仕事をこなしても得られるものが何も無い、あるいは少ないと言うことの裏返しでもあるのです。

 以前の記事でも書きましたが、仕事をする時に給与だけでなく、スキルをどれだけ得たかということを気にするべきだと勉三は考えています。なぜなら、スキルが変わらない場合、人の労働者としての価値は年齢とともに落ちていくからです。

 つまり、ただ給与を稼いでいるだけでは、あなたは徐々に「若さ」という見えない資産を失っていることになります。そのままでは徐々に「貧しく」なっていきます。この損失を埋め合わせするには、仕事から給与以外の何かを得ることが大事です。その1つがスキルです。

 もし仕事が面倒で、その面倒くささが先が見えていることに起因しているのであれば、転職なり異動なりをそろそろ考えるべき時期だというサインです。次の日に会社に行くのが面倒と感じている方は多いのではないでしょうか。もちろんある程度は誰にでもそういった感情はありますし、そういう時期もあるでしょう。しかし、それが長く続くようであれば仕事がマンネリ化している証拠といえるでしょう。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 21:30 | Comment(0) | 転職

2018年09月09日

仕事で使える英語表現(2):on the same page(認識が一致している)

 どうも勉三です。「仕事で使える英語表現」の第2回目。今回は "on the same page" という表現について紹介したいと思います。

 これは文字通り解釈すると「同じページにいる」ということですが、「意見や認識が一致している」といった意味合いでよく使われます。使われるのはビジネスシーンだけという訳ではないですが、ビジネスでは頻繁に使われる英語表現です。

I want to make sure we are on the same page

我々全員の認識が一致しているか確認しておきたい。

 グローバルチームで仕事をしていると、各人の考えを統一して仕事を進めるのも一苦労だったりします。そんな時に会議でこの表現がすらすら出て来るとカッコいいですね。

 また、既に状況が一致している状況を説明する時は "be on the same page" ですが、一致させるという「動き」を表現したいときは、"get somebody on the same page" が使えます。例を挙げましょう。

The objective of this meeting is to get everyone on the same page.

この会議の目的は、全員の認識を一致させることである

 この様に「静」を表現する be 動詞に対して、get + O(目的語)など移動を伴う他動詞を用いることで「動」を表現することができるのは、これ以外でも広く使えるテクニックなので覚えておきましょう。get だけでなく put や bring, take などもニュアンスは変わりますが同様に使えます。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 00:13 | Comment(0) | 英語

2018年09月08日

就活ルール廃止の議論で忘れられていること

 ども勉三です。経団連がいわゆる就活ルール廃止を示唆する発言をしたとかがニュースになっています。ネット上でも賛否両論が巻き起こっているようですが、この手の議論でとてつもなく違和感を感じるのは、日本における権利意識の希薄さです。

学生の就職に対して大学が口出しをする権利はない

 まず大前提として、就職というのは雇用者と被雇用者の二者間の問題であり権利です。法律の範囲内で双方が合意すればそれでOKなのです。求職者が在学中かそうでないかは全く関係ありません。

 もちろん、経団連などの業界団体が自主的に採用ルールを設けることは構いません。雇用者が自らの権利を縛っているだけの話ですから全く問題ありません。しかし、現在の日本の就活論争でおかしな点は、そこに大学の思惑が絡んでくるからです。

 そこには、「学生が就活ばかりしていて全く勉強しないケースが見られる」といった理由があるのでしょうけど、それは理由になりません。就職というのはあくまで当事者間の問題です。

学生に勉強をさせたければ、就活に介入するのではなく単位を厳しくすればいいだけ

 もし「学生が就活ばかりしていて全く勉強しないケースが見られる」のを大学側が問題視するのであれば、対策は簡単です。そういう学生は卒業できないように単位を厳しくすればいいだけです。雇用者と被雇用者の二者間の問題に介入するより、自らの権利で認められている範囲内でできることをすべきです。

 ではなぜ、そういうことをしないのでしょうか。そこには単位を厳しくしすぎると、受験生からの人気が低下してしまうだとか、大学経営に影響を与えかねないからといった理由が透けて見えます。

青田刈りは全く問題がない

 青田刈りだろうが、それどころか入学直後の1年生の段階で内定を出したって全く構わないわけです。もちろん、卒業までに学生が内定を蹴ってしまうといったリスクも高いでしょう。でもそれはあくまで当事者の責任です。そのことについて大学がコントロールする義務も権利もありません。

 なお、内定の成立は雇用契約の一種と見なされ、企業側からの解約は不可能ではないにしても厳しく制限されています。一方で、入社予定者の内定破棄は退職と同様で14日前までに申し出れば特に制限はありません。日本の労働制度の中では珍しく被雇用者に有利にできているといえます。

 ですので、いわゆる青田刈りによるリスクは企業側が抱えることになるため、立場の弱い学生側が不利な状況に陥ってしまうと言ったリスクもありません。むしろ学生は早期に内定を確保し、しれっと本命の選考を受けていくといった賢い戦略をとればいいのです。

新卒一括採用や企業の採用スタンスへの私怨で本質が見えなくなっている人が多い

 このように極めてシンプルな問題なのですが、「日本の新卒一括採用制度が問題だ」とか「企業はもっと頑張っている学生を採用しろ」とか「学歴採用はやめろ」だとか、就職でうまくいかなかったことをこの問題にせいにしているのでは? と思えるような書き込みが目立ちます。

 はっきり言って、この問題を語るにあたっては、新卒制度だとか企業の選考プロセスや学歴主義などは本当にどうでもいい話です。企業がどこの誰をどうやって取るかは基本的に自由で、あなたが結婚で相手を選ぶのと同じことです。他人が結婚相手を選ぶのを「基準がおかしい」「もっとこうすべきだ」「ほらみろ、そんな選び方だからうまくいかないんだ」と赤の他人が口出ししてもむなしいだけです。

 このブログでも何度も述べていますが、感情に引きずられた議論は本質を見誤ります。あくまで原則論にたって、「就職は誰の問題なのか」というところから考えたほうがいいでしょう。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 01:22 | Comment(0) | 時事