スポンサーリンク


FaceSearch

MoneyScript

2020年07月22日

変わりゆくコンサルの世界と求められるスキル

コンサルの世界も変化しつづける

 ども勉三です。他の業界と同様に、コンサル業界も世界の変化に合わせて変化しつづけています。外から見ていると中々分かりにくいですが、今回は現在起きているコンサル業界の変化についてトレンドを紹介したいと思います。

より専門性が求められるようになってきている

 かつて戦略コンサルの世界では、特定業界の専門知識ではなく、どんな業界に対しても適用できる「考え方」を武器に、頭のいいコンサルタントがクライアントの問題構造をロジカルに分解し、問題解決を行うというのが主流でした。

 言うなれば、コンサルタントは「最強のジェネラリスト」であることを求められてきたわけです。今月は自動車メーカーの戦略立案のプロジェクトに関わっていたかと思えば、来月は外食チェーンの収益改善のプロジェクトに携わっている。そういった、特定の専門性を持たないコンサルタントが色々な業界の案件を担当するのが戦略コンサルの世界でした。

 これは今でも無くなったわけではありません。マネージャー以上はおおむね専門とする業界(インダストリーやプラクティスと言います)が決まっているものの、ジュニアスタッフの間は今でもこのような光景が広がっています。

 しかしこれが今変化しつつあります。徐々にではありますが、ただのジェネラリストのままでは生き残れないような世界になりつつあります。より「スペシャリスト」であることが求められるような環境になりつつあるというのが最近の流れです。

求められているのは「ジェネラリスト+スペシャリスト」

 誤解しないで頂きたいのは、まだ戦略コンサルとしての基本スキルが求められなくなったという訳では無い事です。戦略コンサルとしてのジェネラリスト的スキルと、特定業界や分野のスペシャリスト的なスキルがあるとして、どちらが大事かといえばそれは今でも前者の方です。ただし、前者だけでは生き残ることが難しくなってきたために、ジェネラリスト的スキルに加えてスペシャリスト的スキルが要求されるようになっているということです。

背景1:各業界の高度な専門化

 このような潮流を生み出している要因としてはいくつか考えられます。1つは、どの業界も専門化が高度に進み、もはやその業界の知識なしにクライアントを支援するのが不可能になっているという点です。例えば、銀行の経営戦略を立てるといったプロジェクトであれば、金融における様々な規制や変化のトレンドをある程度知っている必要があります。「こういうルールが新しくできるから、その対応をしないといけない」とか、そういったことを考慮せずに経営戦略を立ててみても、非常に幼稚なものができるだけです。

 各業界ごとに業界用語も非常に多くなっており、詳しくない人では会議の議事録を取るのも非常に困難です。もちろん、コンサルは自分の知らない業界のプロジェクトにアサインされたときは必死に勉強するものですが、はっきり言って書店で売っている「よく分かる〇〇業界」みたいな本は、ごくごく基本的なことしか書いていないので、それだけでは各業務の詳細や現在のトレンドは分からないです。

背景2:デジタルテクノロジーの重要性の高まり

 もう1つ、コンサル業界でスペシャリスト的スキルが高まっている要因としては、デジタルテクノロジーの重要性が高まっていることが挙げられます。

 今は全社経営戦略プロジェクトであっても、各部署の業務改善プロジェクトであっても、ITと無縁なものは殆どありません。M&Aをするのもシステムの移行や統合が大きなトピックになるぐらいです。

 そして、ITの戦略を立てるためにはITのことをある程度知っていないといけません。もちろん、ITといっても様々な分野があり、全てを知っている人というのはいないので、何でも自分でできる必要はありませんが、何か強みがあるとそれだけでプロジェクトに呼んでもらえる確率が高くなります。

 例えば、勉三がそうですが、人工知能や機械学習に詳しいという人がいれば、そういったプロジェクトには他の人より優先的にアサインされやすいことになります。そして一度そういうプロジェクトの経験ができれば、次からも「あの人は人工知能に詳しい」となってお声がかかるようになります。

 また、戦略立案といった大きなことだけでなく、日々のプロジェクトワークでもITの知識があると有利です。例えば勉三が前に実施したプロジェクトでは、クライアントから回収したアンケート結果が百近い ファイルとしてあり、それを集計するという業務がありました。1ファイルあたり10分で処理しても、10×100=1000時間かかる計算です。これを手作業で行っていると深夜コースということです。また、一度何か手直しが発生するとその度に膨大な作業が発生します。こう言った時にVBAやPythonなどでさくっと自動化できると大幅に仕事で楽をでき、かつ手直しにも対応できるようになり仕事のクオリティも高まります。

 また、他のプロジェクトでは、データ解析の検証などのためにクライアントからAWS環境が提供され、Linuxサーバの環境構築まで自分でするということもありました。もちろんクライアントのIT部門にいえば対応はしてくれますが、非常に時間がかかりますし、彼らも専門家ではないので問題解決できるとは限りません。「戦略コンサルが仕事で Linux のコマンド叩いたりするの?」と思うかもしれませんが、何でもやるのが戦略コンサルです。他の人にできないことができれば、それは即バリューになります。

最後に

 いかがでしたでしょうか。今回はコンサル業界と求められるスキルの変化について解説させて頂きました。もちろん、よく言われるように「超高級派遣業化」とか「人月モデルからの脱却」とか「出資などリスクも負担するコンサル」とか他にも色々な変化はありますが、「スペシャリスト需要の高まり」も言えるのではないかと思います。

 これはコンサル業界以外から中途入社してくる人にとってはチャンスだと思います。もちろん出身業界での高い専門性と、かつ逆説的ではありますが以前の仕事のやり方をアンラーン(忘却)してコンサルのやり方を真摯に学ぶということは必要ではありますが、中途入社の方の専門性は必ず役に立つ日が来ます。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・キャリア
2020年07月21日

コンサルの住宅事情(地域、賃貸/持ち家、家賃など)

コンサルの住宅事情を解説

 ども勉三です。外資系の戦略コンサルや投資銀行の人はどんな所に住んでいるのでしょうか? 今回は地域、賃貸か持ち家か、家賃などについて徹底的に解説していきます。

だいたい都心かその近くに住んでる

 外資系のコンサルはほぼ東京にオフィスが集中しているので、必然的に住んでいるのは東京やその近郊ということになります。

 そんな中でも殆どの人が、都心やその近くに住んでいます。区でいうと、千代田区、港区、中央区、文京区、新宿区、渋谷区、目黒区あたりでしょうか。もちろんこれだけではなく他の区や市町村に住んでいる人もいます。

 ただ、戦略コンサルだとジュニアスタッフやマネージャーぐらいまでは8〜9割ぐらいが東京23区内に住んでいる印象です。

 一方で、戦略系でもパートナーとか上位の人はもっと遠くに住んでいる人もいます(湘南や大宮とか)。上になるほど仕事の裁量が増えるので、あまり通勤時間も気にしないという方が増えてくるかと思います。ジュニアのうちは人に決められたスケジュールに従わざるをえませんからね。

 また、戦略ではない総合コンサルやITコンサルだと、若手でも遠方に住んでいる人も多いです。ですので、これはあくまで戦略コンサルに顕著な傾向だと思ってください。

コンサルは職住近接が基本

 このように都心近辺に居住地が集中してしまうのは、仕事のため職住近接が基本で、特に若手はあまり遠くない場所に住むことを求められるからです。

 普通の人が東京や大阪などの大都市圏で住む場所を選ぶ時、最も重視することの1つが路線や最寄駅といった電車でのアクセスではないでしょうか。例えば、勤務地が大手町であれば、そこに1本で行ける路線を第一候補とし、所要時間などから範囲を絞り込んでいくかと思います。

 もちろん、コンサルももちろん職場までの電車アクセスは気にします。そこは他の職業の方と同じかと思いますが、許容時間が概ね会社までドアツードアで長くて60分以内とやや短めな傾向があります。これはドアツードアでの時間なので、家から電車に乗るまでに10分程度、駅についてオフィスに着くまで10分程度と考えると、実質的に電車に乗れる時間は長くて40分程度ということになります。ただし、あくまでこれは上限で、多くの人はもっと通勤時間は短いと思ってください。

 これはもちろん、「激務だから消耗を避けるために近い所に住む」ということなのですが、理由はそれだけではありません。コンサルはパソコンとスマホがあって静かな環境であればどこでも仕事ができます。つまり会社にいようが家にいようが仕事にそれほど影響はありません。例外は通勤中です。通勤中だけは即座にメールや電話にレスポンスできなくなるため、通勤時間が長くなることはそれだけ業務面で不利ということです。

 例えばクライアントや上司から電話がかかってきたとしましょう。家や会社にいて電話を取ることができれば、そこで話がまとまって一番仕事が早く進むことになります。逆に電話を取り逃してしまうと、再度かけなおしたりして余計な時間がかかってしまいます。できるだけ仕事を早く進め楽をするためにも、可能な限り対応できない時間帯を減らすのが効果的なのです。

 また、これも地味に大きいのですが、例えば30分で家まで帰れるところに住んでいると、オフィスで出席しないといけない会議などの用事が終わった後は、気軽に家に帰って続きをすることもできます。上でも書きましたがコンサルは別に早く帰ろうと怒られることはありません。どうせ家にいても仕事はできますし、しなければいけないので、「退社=今日の仕事終わり」とはならないためです。

 退社の唯一の問題は、帰りの電車の間にメールや電話がくることです。もちろん、全てのメールや電話が緊急というわけではないので、家に着いてから対応すればよいのですが、中には緊急で即時対応を迫られるものもあります(例えば、今クライアントと急にウェブ会議をすることになったから参加してくれとか)。なので、もし帰宅するまでに1時間半とかかかると、その間に対応ができなくなるので帰りづらいのです。

電車アクセスと同じぐらい大事なタクシーアクセス

 また、コンサル特有ですが電車アクセスと同じぐらい大事なこととして、タクシーアクセスというものがあります。

 その基準を分かりやすくいうと「タクシーで帰って、万が一自腹で払っても痛くない場所に住む」ということです。これは結構重要で、コンサルをしていると帰りが遅くなったりして、電車はあるけど疲れていてきついという事もあるんですよね。そんな時に躊躇せずタクシーで家まで帰れるというのは非常に重要です。

 おおむね、片道3000円ぐらいが上限の目安になるかと思います。これは会社が払ってくれるとか払ってくれないとは関係がなく、仮に自腹だったとしても気軽に帰れるという意味です。基本的に会社は1万円超えだろうと終電後で必要であればタクシー代は全額払ってくれます。ただ、23時とかまだ電車がある時間帯だと不可ですし、疲れている時にいつでもというわけにはいきません。

 また夜だけでなく、朝疲れている時に少し寝坊をしたとか、寝坊でなくとも少し朝ゆっくり休んでいきたい時とかも、タクシーを気軽に使えるというのは非常に大きいことです。普通の方からするとバブリーに見えるかもしれませんが、別に毎日乗るわけでもないですし、数千円で辛い時に体力が温存できるのであれば安いものだと思います。

賃貸が多いが、えいやで高級マンションを購入する人も多い

 外資の戦略系コンサルは昇給幅も速度も非常に大きいのが特徴です。ですので、職位によって年収が大きくことなります。大卒直後のアナリスト(アソシエイト)などでは年収500万〜800万ぐらいだと思いますが、3〜4年目に次の職位であるコンサルタント(シニアアソシエイト)に昇格すると年収1200万〜1600万ぐらいに上がります。さらにその上のマネージャーとなると年収2000万に到達します。

 また、良い事ばかりではなくアップオアアウトな世界でもあるので、いつまで今の年収が維持できるか分からないということでもあります。

 こういった事情から、住宅ローンを組んで住宅を購入するよりも、少々割高であっても賃貸で住み、年収の増減に応じて住むところをグレードアップ(もしくはダウン)していくというのが合理的かつ安全な選択であると言えます。

 とはいえ、やはりコンサルということもあり、皆がそんな安全志向な訳ではありません。自分はできるんだ、もっと年収は上がるんだと信じて、高額のローンを組んで億近いマンションを買うという人も割といます。そういう人は実際に出世することが多いと思います。まあ、ダメだったら売却すればいいので、そこまでリスクが高いという訳ではないのかもしれませんが。

 1つのタイミングとしてはマネージャーに上がった際に、賃貸から持ち家に移る人が多いですね。これは良いタイミングだと思います。マネージャーに上がれればコンサル業界どこへ行ってもやっていけるでしょうから。

気になる家賃は?

 家賃ですが、これも人によって様々です。職位ごとに年収が大きく上がるため、アナリストのうちは家賃10〜15万円程度ぐらいだとおもいますが、コンサルタントになると家賃30万円ぐらいは余裕で払えるようになります。

 家賃30万というと地方だとありえない額で、どんな豪華なところに住めるのだろうと思うかもしれません。残念ながら東京都心だとそれほど大したところには住めません。

 1つの目安として、都心3区(千代田区、港区、中央区)で、タワマンの1LDK(40-50平米)で家賃25〜35万円程度だと思ってください。購入すると6000〜8000万円というところだと思います。坪単価500万円といったところですね。実際、これぐらいのところに住んでいるコンサルは多いです。

 実はというか当たり前なのですが、タワマンの値段は専有部分の面積でほぼ決まります。皆が思っているほど高層階になるほど坪単価が高いというわけではありません(もちろん上の階ほど高くはなりますが、その上昇は穏やかです)。逆にいえば低層階でも3LDKとかだと高いです。

 ただ、上の階ほど広い間取りの部屋が多くなります。また、プレミアムフロアなど特別なフロアもだいたい高層階にありますので、そういったところは当然単価は高くなります。従って、上の階ほど価格が高い部屋が多いということは間違いではありません。

 戦コンでもマネージャー以上にならないと、都心タワマンで2LDK以上は厳しいですね。ただ、1LDKであっても日系のメーカー勤務とかだと20代や30代では到底住めるようなところではないので、そういう意味ではモチベーションは上がります。

 マスコミや総合商社などの高給業界を除き、日系企業だと家賃補助や借上社宅があるといっても、家賃20万円以上のところに住んでいる人は殆どいないと思います。借上社宅もだいたい都内で20万とかが契約可能な上限ですしね。家賃20万以下だと会社の福利厚生で住んでいるサラリーマンが大半ですが、20万をこえてくるあたりから自分の金ですんでいる人が中心になってくるので、住民の層も変わってきます。

 都心のタワマンに住んでいるのは、会社勤めだと投資銀行・コンサル・総合商社・マスコミ・証券・保険などが多いようです。それ以外だと、医師、芸能人、経営者、資産家などが多いですね。20代や30代でもそういったところに住めるというのは、外資系戦略系コンサルの大きな魅力ではないかと思います。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 02:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・キャリア
2020年07月15日

努力は前倒しでしたほうが最終的にはコスパがいい

努力するなら若いうちにしろ! 年を取ってから努力すると損になる!?

 ども勉三です。テレビで芸能界を見ていて思うのは、大御所になるほど楽だなということです。無論、明石家さんまさんのように今でも誰よりも働いている人もいますが、ビートたけしさんやタモリさんはもはやお笑いというより文化人の枠におさまり、テレビに出ているだけでガンガンお金が入ってくる状態です。

 いずれにせよ共通するのは莫大な出演料です。そして何故彼らが莫大な出演料を貰えるかというと、そこには運もありますし実力もあるのですが、若い頃にそれだけ努力したからでしょう。

 では思考実験として、逆に「若い頃適当にやって、歳を取ってから努力する」という生き方を考えてみましょう。努力の総量は同じであっても、稼げる額も人生の楽しさも全く異なる結果になります。

 ここから言えることは、同じ努力するなら若いうちにしておいたほうがいいということです。長い目で見ればその方が楽ですし、それでいて得られる結果は遥かに大きくなります。「何を当たり前のことを」と思われるかもしれませんが、実はこの法則に反した人生を送っている方は多いのではないでしょうか?

若い頃に努力するほど後々の波及効果が大きい

 「同じ努力をするなら若いうちにしておいたほうが得」という現象をもう少し解き明かしてみましょう。例を挙げると、大学までの勉強が一番分かりやすいかと思います。

 勉強していい大学に入ると、その後の人生にずっと波及効果があります。何故なら、大学を卒業した後の就職先は出身の大学や学部によって大きな影響を受けるからです。途中で転職や独立などをするにしても、それ以前の自分の人生が影響した結果です。また、老後も現役期間中にどれだけ稼いだかで貯蓄額や年金額、住めるところなども決まってきます。従って、どの大学を出るかは、大学を卒業してから死ぬまでの少なくとも平均60〜70年程度は大なり小なり波及効果があると言えます。

 一方で40歳の時に何か資格を取ったとしましょう。これが波及効果を持つのは、その後の人生なので40〜50年程度と、出身大学に比べて効果の期間が短くなります。

 このように、人生の若い期間に努力して得たものほど、その後の人生で長期間役に立つという事が言えるのです。もちろん、社会人になってからする努力に意味がないとは言いません。しかしながら、社会人になってリストラされないように、あるいは少しの年収を上げるために、業務が終わってから忙しい合間を縫って自習している人たちが多いことを考えると、「もし高校生までに同じ努力をしていれば、そんな努力をしなくて済んだか、もしくはもっと楽にできていただろうに」と思うのを禁じえません。

「まったり薄給」は果たして本当に合理的な選択肢か?

 少し話は変わりますが、現在は若者の間では「激務高給」よりも「まったり薄給」が人気で、年収は人並かそれ以下でも構わないので、とにかく楽な仕事を選ぶ人が増えているそうです。

 実は勉三もこの気持ちはすごく分かるのです。なぜなら勉三も非常にナマケモノだからです。とにかく無駄な努力をするのが嫌いです。

 では何故勉三が外資系の戦略系コンサルなどという激務の代表格のような仕事をしているかというと、その方が長い目でみて楽だからではないかと思っているからです。

 例えば、戦略系コンサルであれば勤め人としてはかなり良いお給料を貰えるので、経済的な心配をすることが比較的少なくなります。また、基本的にコンサル業界はどこの会社でもやってることはそう変わらず、いったんスキルを身につけてしまえば、40代になっても転職は容易だというのがあります。一方で、内資大企業で40代の非管理職(係長とか)でリストラされると、年収を維持して転職することは困難になります。逆説的ですが流動性の高いコンサル業界の方が、仕事の心配をする必要がないのです。

 ここに挙げたことはほんの一例ですが、ポイントとしては、戦略コンサルという仕事をすることで悩まなくてよくなったり、あるいは悩みが小さくなるということがあるということです。一方で、まったり薄給の人は、本業の収入が安くて昇給も期待できないという人も多く、副業に手を出してみたり、新しい勉強をしたりする人も多いです。本業が楽な分、どこかで別の心配事ができ、努力をしなければならないのです。

 ですので、「まったり薄給」を選んでいる人は、楽な方を選んでいるかにみえて、実は長い目で見ると大変な選択肢を選んでしまっている可能性もあるのではないか、というのがここで勉三の言いたいことになります。もちろん、上はあくまで単純化したお話ですので、そうでないという人もいるとは思いますが、「本業の仕事が楽」なのと「人生が楽」なのは別ということは言えるかと思います。

最後に

 いかがでしたでしょうか。どうせ努力するなら最小限の努力で楽をしたいものですよね。その場合は努力を前倒しで若いうちにしておくのが良いというお話でした。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・キャリア