スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2019年04月30日

コンサルにまつわる噂のウソとホント

 ども勉三です。コンサル業界に関して、ネット上で「毎日タクシー帰り」だとか「9時5時(午前9時から午前5時まで)」といった噂がまことしやかに囁かれているのを目にしたことがあるかもしれません。勉三も入社前は戦々恐々としていたのですが、入ってからだいぶ違うなと感じた点もあります。

 今回はそんなコンサル業界に纏わる誤解を1つ1つ解いていきたいと思います。

コンサルにまつわるウソ・ホント

毎日タクシー帰り!?

 コンサルの中でも忙しいと言われる戦略系でさえ、今時そんなことは滅多にありません。無いわけではなくたまにありますが、まあ年に数回程度のレベルですね。9時5時というのもありえません。だいたいオフィスは22時になるとかなり人が減りますね。23時になると数人といったところでしょうか。まあ、それでも普通の会社に比べると異常に思えるかもしれませんが(笑)

 中には深夜残業が確定的になるプロジェクトもあります。代表的なのがDD(デュ―ディリジェンス)と言われる類のもので、ある企業やファンドが買収先の企業についての調査をコンサルティングファームに依頼してくるもので、この業界では「過酷なプロジェクト」「深夜残業」の代名詞的な存在でもあります。ただ、それも3か月とか短期的なものなので、ずっとという訳ではありません。

 平均すれば退社時間はだいたい20〜21時ぐらいにはなっているのではと思います。ただ、コンサルの仕事はいわゆる普通の定時勤務的な働き方とは違って、何時から何時までという概念が希薄です。日によっては、例えば中間報告が無事完了して余裕ができた後などは、定時より早めに解散したりしますし、逆に帰宅後であっても何かあれば翌日まで待って対応なんて悠長なことは許されません。ですので、労働時間としては今はそこまでずっと働いているわけではないですが、精神的な拘束時間としては平日は起きている間はずっとという感じでしょうか(流石に23時〜7時ぐらいの間はレスポンス無くても許されます)。

休日も仕事!?

 勉三がコンサルファームに入って一番噂と違うなと感じたのは休日です。ネット上の噂では休日でもずっとではないが半日ぐらいは仕事をしている、といったような情報が多く、入社前は戦々恐々としていました。

 ですがご安心を。休日はほぼ休めます。ほぼというのは95%ぐらいですね。なので、5%ぐらいはやっぱり仕事が入ってきます。1年間の土日祝が合わせて120日あるとしたら、6日ぐらいは半日(4時間程度)の仕事が入る、それぐらいのイメージです。それ以外の土日はだいたい静かなもんですよ。

 土日に仕事が入るパターンとしては、(1)金曜日に急な仕事を頼まれた(2)週明けから新プロジェクトでキャッチアップのため勉強が必要(3)普通に現プロジェクトで平日だけでは日数が足りない の3つに大きく分けられるかなと思います。

 (1)は一番困りますね。この業界、とにかく先が読めないんですよね。月曜から着手も可能なのですが、何か別の用が入ってくるかもしれないし、最悪のケースに備えて土日のうちから少しだけでも着手しておくのがコンサルの望ましい姿だと思います。(2)はこれは必須。もしプロジェクト前に土日を挟んで、そこで何も勉強してなかったら無能扱いです。(3)はマネジメントの巧拙にもよりますが、祝日がある期間などは平日が不足する傾向にあり、100%回避するのは難しいですね。

 ただ、(1)〜(3)いずれにせよ、休日まで8時間以上フルに働くことは求められません。感覚としては4時間程度でしょうか。ただ、たとえ急を要する業務がなかったとしても、自分で本を読んだりして勉強をしておくのが理想的なコンサルだと勉三は思います。それが自分の身を守ることにもつながるのですから。

平日は家事をする暇もないので、家事代行を雇う必要がある!?

 これもそんなことはないですよ(笑)勉三も入社前は本気で心配して、一度どんなものかと家事代行サービスをお願いしてみたぐらいですが。ただ、家事代行って、曜日とか作業内容を決めておかないといけなかったり、在宅の必要があったりと意外と面倒なんですよね。ホテルのように外出中に全て綺麗にしてくれるという訳にはなかなか行きません。

 そもそも上でも書きましたが、連日深夜までというわけではないですし、殆どの場合は帰って自炊するぐらいの余裕はあります。平日になかなか掃除や洗濯までする余力が無いのは事実ですが、休日に片づけるのであれば余裕ですし、まあよっぽどのことが無い限りメイドさんや家事代行の類は必要ないかなと思います。

 ただ、風呂掃除やトイレ掃除は面倒なのでピンポイントで家事代行をお願いするのはアリだと思いました。年1回の大掃除とか、あるいは3〜6か月に1回ぐらいでピンポイントでの利用なら全然アリなんじゃないでしょうか。やっぱり徹底的にやってくれるので、入居当初のようにピカピカになって気持ちいいですよ。

まとめ

 最後は若干話がそれましたが、いかがでしたでしょうか。コンサルといっても(今は)そこまで常軌を逸した激務というわけではありません。忙しいと言われている戦略系でさえそうなのです。新卒あるいは転職で入社を考えている方も、過度に心配はせず、とはいえ適度に覚悟しつつコンサルになれる日を夢見て頂ければと思います。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職
2019年04月27日

コンサルに転職するにあたって意外と大事な入社月

コンサル転職時の入社月の問題

 ども勉三です。さてゴールデンウィークになりましたね。10連休を堪能される方もいれば、仕事が入ってしまったという方まで悲喜交々だと思いますがいかがでしょうか。

 今回は、コンサル転職と入社月について取り上げたいと思います。巷にコンサルへの転職に関する情報は溢れているものの、意外と転職時の入社月の重要性についての情報はあまりありません。ですが入社月はみなさんの人生を左右しかねないぐらい大きな意味を持ちます。その理由を解説していきます。

コンサル業界は昇進がスピーディーでその分シビアに評価される

 いわゆる伝統的な日本企業でもそうだと思いますが、年に1回か2回はパフォーマンスを評価される機会があるかと思います。これは外資のコンサル業界でも同様なのですが、コンサル業界は他の業界と比べて昇進の速度感が非常に速いです。内資だと新卒で入って管理職(注:部下のいない肩書だけの管理職は除く)になる頃には40代だということも普通ですが、コンサル業界では学部卒で新卒入社しても通常6〜8年後には管理職(マネージャー)になります。いや、というかなることを求められます。

 皆さんもコンサル業界の知識として、アナリスト→コンサルタント→マネージャー といった職階の区分をご覧になったことはあるかと思います。アナリストやコンサルタントの職階の呼び方は各社異なりますが、マネージャーの下に2階層あるのは多くのファームで共通しているかと思います。

 この大きな職階の区分の中に、殆どのファームではさらに3〜4段階の小区分が存在します。例えば、アナリストの1〜4だとか、コンサルタントの1〜3だとか、そういった具合です。新卒入社時はアナリストの1からスタートし、1年ごとに2,3,4と上がっていき、その次はコンサルタントの1になるといった具合にです。

 この小区分は基本的によほどのことがない限り自動的に上がっていきます。いや、むしろ「留まることを許されない」と言った方がいいかもしれません。給料も微増しますが、むしろ「このポジションだからこれぐらいはできて当然だよね」という期待値と考えたほうがいいかもしれません。そして、1から2、2から3と言った具合に、アナリストやコンサルタントの大きな職階の中で上がる分にはそれほど難しくはありません。

 ところが問題はアナリストからコンサルタント、あるいはコンサルタントからマネージャーという大きな職階をまたいで昇進する時です。この時の審査は厳しく、内資のように一定年数経ったからといった理由では絶対に昇進できません。マネージャーとして求められるスキルを身につけていなければ昇進できないのです。また、昇進できない場合もそのまま元のポジションに留まることは許されません。これが Up or Out と呼ばれる所以です。まあ、Up or Out は戦略系ファームぐらいですし、コンサル業界全体がそこまで厳しいとは言いませんし、戦略ファームでも猶予が許されるケースもありますが、基本的にはずっと同じ職位で何年も留まることは認められないと考えてください。

入社月が重要になる理由

このように、アナリストやコンサルタントの一番下の小職階で入社した場合、次の大職階(アナリストであればコンサルタント、コンサルタントであればマネージャー)に上がるまで3〜4年程度の猶予しかないということになります。言い方を変えれば、それまでに次の大職階に求められるスキルや実績を身につけないと、ファームを去らざるをえない可能性が非常に高いということです。

 ここで馬鹿にできない意味合いを持ってくるのが入社月です。例えば、毎年の評価が3月末にあったとしましょう。4月入社であれば次の3月末まで1年あるわけですから、最初の評価まで1年の猶予があることになります。ところが、例えば中途で12月に入社したとすると3月末の評価まで4か月しかありません。入社して4か月目には厳しくパフォーマンスを評価されるわけです。

 この違いは結構大きいです。中途で入った場合にすぐにプロジェクトにアサインされるとは限りませんし、入社4か月目程度だとまだほとんどプロジェクトを経験していないということもありえます。その場合にも稼働率で評価されてしまうと、非常に悪いパフォーマンスだねということになりかねません。

 ちなみに、このケースであれば一番得するのは、実は4月入社ではなく1〜3月入社だったりします。というのも、3か月未満は短すぎるので評価対象外とするといったルールがあることが多いためです。つまり、1月入社であれば次の評価まで15か月程度は稼げることになります。その分、今の職階で留まれる猶予期間が長くなります。これと一番損をする12月入社を比べてみると、たったの1か月の違いで、次の職階までの猶予期間が1年も差がつくということがお判りいただけるかと思います。

迷ったら4月入社か10月入社

 この辺の評価のタイミングは実際に入社してみないと分からないことも多いと思います。ですが、一般論でいえば迷ったら4月入社か10月入社が無難かと思います。コンサルファームがいくら中途採用が多いといっても、新卒が入ってくるのは4月と10月のタイミングです(10月が多いのは海外大卒業者なども多いため)。

 このタイミングで入社して損になることは無いと思います。人事制度はこのタイミングをもとに設計されているので。

まとめ

 いかがでしたでしょうか。今回は、コンサルへの転職時はたった1か月の入社月の違いで人生も左右されかねないというお話でした。できるだけ次の職位への猶予期間があったほうがいいので、転職時には入社月についてもご注意ください。コンサル業界は基本的に入社月は転職者の希望を反映してくれると思うので、あまり焦らずタイミングのいい月に入社されることをおすすめします。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職
2019年04月02日

令という字に命令以外にも色々な意味がある理由

新元号「令和」に使われた「令」の字の謎に迫る

 ども勉三です。新元号が令和で決まりましたね。さて、この字で話題になっているのが「令という字は命令や指令という意味だから良くない」「いや、令月や令嬢のようないい意味もある」といった議論。

 知識として令という字の色々な意味を知っているのは、もちろんそれ自体は素晴らしいことでしょう。しかし、なぜ令という字が「命令」や「令月」や「令嬢」という少し考えただけでは互いに関係のなさそうな意味で使われるのか、という根本的な問いに対しての答えに踏み込んでいる人は見当たりませんでした。

 そもそも、言葉というのは色々な意味や用法があっても、元を辿れば1つの意味があり、そこから時間とともに意味が拡大解釈あるいは転用されたりして、徐々に色々な意味を帯びていくものです。とすれば、「令」という字はもともとどういう意味があり、それがどのような経緯で様々な意味に使われるようになったのでしょうか。

もともと令の字は命令の意味であった

 まず大前提。令という字は分類上は会意文字と呼ばれ、「頭上に頂く冠の象形」と「ひざまずく人」の2つの象形を組み合わせて作られました。その元々の意味としては「命令する」というところで、私も含め殆どの人の想像通りかと思います。今も昔も令という字の中心的原義は「命令する」という意味で変わりありません。

 ここまでは普通に調べてもすぐ出てきます。ですがここから意味の変遷をきちんと説明している辞書になかなか辿り着きませんでした。多くの辞書を調べましたが、(1) 命令 (2) 命令を下す人から派生して役職名(県令など)(3) 立派だ、縁起がよい (4) 他人の親族への敬称 … ぐらいの情報で止まっているところが殆どです。これだけでは語義の変遷が納得できません。

 (1)と(2)のつながりはよくわかります。(3)と(4)もまあ理解はできます。ですが、(2)と(3)がつながらない。県令のような立派な役職についているので、そこから(3)の意味になったのか?と想像しましたが、令月といった用法にすんなりとつながっていかない。まだこの間にミッシングリンクがあるような気がしました。

令月と令嬢は良い意味でも語義の変遷は異なる

 そこで色々中国語も含めて検索しているうちに、非常に分かりやすい辞書サイトを見つけました。そこで「令」を調べると、なんと語義の変遷が丁寧に載っているではありませんか。

 これによると、どうやら「命令する」を根っことして、(a1) 必須の要求や法規、そこから (a2) 規則性のある、時節の といった意味が派生した枝が1つ。もう1つの枝が (b1) 命令を下せるような官名(県令など)、そこから (b2) 立派な あるいは 尊称 で使われるようになったようです。

 つまり、(a2)に属する用法の令月と、(b2)に属する用法の令嬢では、良い意味という点では共通であっても、派生経路が異なっており、別々の用法であるということが分かりました。

英語で令和はなんと訳す?

 ここまでの議論を踏まえると、英語で何と訳すべきかの参考にもなりそうです。もちろん、BBCのように "Order and Harmony" と訳すのも間違いではありません。出典など気にせず、漢字の原義だけを見るという立場もありでしょう。

 もしくは、"Auspicious Harmony" (Auspicious = 縁起のいい) のように出典における用法を考慮して訳していた海外メディアもありました。これももちろんありでしょう。

 ここに出典にあった(初春)令月という意味の語義の変遷という視点を加えてみましょう。先述の通り、令月は、法令のような規則性のある時節について使われる用法です。そう考えると regular, seasonal などの単語がぱっと思い浮かびます。

 regular の語源を確認すると(出典:みんな大好き Merriam Webster )、元々アングロフレンチ経由で英語に入り、元を辿れば regula というラテン語にいきつき、その意味は rule すなわち「支配」です。そこから規則で決められた通りに規則的に実施される、という意味が派生し、今のように「定期的な」「通常の」といった意味へと派生したそうです。

 なんと! ほとんど「令」と regular は同じような意味の変遷を辿っているではないですか! そういえば発音も似ている? 中国語とラテン語は同一起源だった? というのは冗談ですが、令を訳すなら、regular もありだと思いました。Regular Harmony? あまりしっくりこないって?

まとめ

 今回は元号に初選出された「令」という字を巡る歴史を紐解きました。皆さんもバラバラの意味を覚えるのではなく、語源とそこからの変遷に注目してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事