スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2020年03月31日

コロナウィルス対策に欠けているデータに基づく戦略的思考

 ども勉三です。連日、コロナウィルスに関する報道が過熱しています。勉三もリモートワークで仕事をする機会が増え、朝の各局のワイドショーなど色々見ていますが、そこで思うことが1つあります。それは、目の前の感染者数や治療といったことだけに目を奪われていて、より根本的な「データを集め、戦略を立てる」ところがすっぽり抜けているのではないかということです。

データの大切さ

検査には治療以上の意味がある

 今回のコロナウィルスへの対策にあたって「検査数を増やして陽性者が増えると病床が足りなくなるので、検査数は絞るべきだ」といった議論です。他にも「検査して陽性であっても治療薬がないので意味がない」だとか「検査のために人が押し寄せ医療機関のキャパシティを消費することになってしまう」といった主張もあります。

 ですが、このような議論ですっぽり見落とされているのは、「検査には目の前の治療以上の意味がある」ということです。

 例えば「各都道府県に現在どれぐらい(真の)感染者数がいるのか?」「感染者数の増加比率は一定なのか加速しているのか?」「何週間後にピークを迎えるのか」「いつまで外出自粛や休校措置を続けるのが合理的なのか?」「感染拡大抑制に有効な手段は何か?」といった、根本的な問いに答えるためにはデータが必要です。データなしにこれらの問いに答えることはできません。

 そして、これらのデータを得るためには、より多くの検査データが必要になります。それも、症状ベースで検査する以外にも、各都道府県ごとに何百名か何千名かを無作為あるいは年齢層別に抽出して検査する人口ベースでの検査も必要でしょう。なぜなら、症状ベースの検査では症状があった人のみを検査するので、「コロナウィルスと思われる症状が出ていない人」については抜けているからです。ニューヨークのある医師の報告では、無症状あるいはコロナウィルスと関係ないと思われる症状(腹痛など)で受診した人でも実は調べてみたら感染しているという事例が多いとのことで、検査数に基づく感染者数ではなく、人口中に占める「真の感染者数」を推定するためには、症状のない人を検査することが非常に大事なのです。

 ですが、日本のマスコミ報道などを見ていると、どうしても目の前の感染者やその治療についてだけ議論されがちと感じます。無論、目の前の患者を救うことは大事であり、そのために現場で対応されている医療従事者の方の貢献は素晴らしいものですが、それだけでは足りないのです。

ゼロベースで「あるべき姿」の議論も必要

 また、一時期に比べると影を潜めていますが「検査すれば陽性が増え、病床が足りなくなるので、検査をすべき」といった論調もありました。ですが、この主張では「陽性者を一律で入院させる」ということを暗黙の前提としており、検査数を増やすことの反対意見としては不十分です。検査することと、発症者や陽性者をどう治療するかは全く別問題であり、これらをごちゃまぜにして議論することはできません。

 他の反対意見としては「検査により医療機関のキャパシティを圧迫するから」「検査により医療機関でむしろ感染が増えるから」といったものもあります。ですが、これらも現状にとらわれた議論です。確かに今の検査体制だとそういったリスクもあるかもしれません。ですが、検査体制はいくらでも変えようがあるはずです。それに検査法はどんどん進化します。仮に現在より非常に簡便に検査できる装置が開発されたら、どうでしょうか? その際に上記のような論拠が成り立たなくなるのであれば、否定するのは一般論としての検査ではなく、特定の検査方法や検査体制であるべきです。

 このように、少し冷静になればだれでも分かるロジックですが、テレビのワイドショーの議論などを聞いていると、どうしても目先の事象ばかりを追い、議論の前提や論理展開が正しいのかという根本的なところがおざなりになっている気がしてなりません。

「検査精度が悪いから検査しても意味がない」のも間違い!

 検査に対する批判的意見では「現在のPCR検査は精度が悪いため、大量の偽陽性や偽陰性が出てしまう」といったものもあります。

 これもPCR検査をどのようなものか理解せず、その精度についての考察も不十分なまま、ただ出てきた数字としての精度だけを見て批判していると感じます。

 まず、PCRという検査法が精度が悪いものであると思っている人もいますが逆です。PCRという検査法は非常に精度がいいのです。これはDNAやRNAを構成する核酸塩基対の相補的結合をベースにした検査法であり、結合の特異性という面ではタンパク質の相互作用に基づく抗体検査などよりも遥かに高いのです。ですので、プローブの設計が適切であれば、偽陽性が出る確率は非常に少ない(数万分の1以下)と思います。つまり、PCRで陽性と判定された場合は、非常に高確率で陽性と考えることができます。

 一方で偽陰性については比較的高くならざるを得ません。これはPCRという検査法だけの問題ではありません。検査にあたっては被験者の気道由来の粘液を採取するわけですが、感染していてもウィルス量が少ない状態では、採取した検体にウィルス由来の核酸が十分に含まれていなかったりする可能性があります。PCRは非常に特異度が高い技術ですが、感度には限界があり、増幅にはある程度の分子数が必要です。ですので、そもそもの検体に含まれるウィルス量が無かったり少なかったりすることにより、実際に感染していても陰性であると判定される偽陰性は避けられません。

 すなわち、これは感度は7割程度であり、特異度は極めて高い(99%以上)ということを意味します(感度・特異度の考え方は過去記事「論理的思考力講座(5):感度・特異度・正確度(1)」をご覧ください)。どのような検査であっても感度・特異度とともに100%近くになることは殆どなく、大抵は感度が高ければ特異度が低くなりますし、特異度が高ければ感度は低くなります。大切なことは、その検査法の特性を踏まえてどう使っていくかであり、精度が完璧じゃないから使うべきではないというのは、明らかに思考停止と言えるでしょう。

 例えば、無作為抽出で10000人をPCR検査して100人が陽性であれば、「人口の1%以上に感染が拡大している可能性がある」といえるわけです。これは、偽陽性が極めて少なく、偽陰性が多いという性質を踏まえてのものです。少なくとも感染率の下限は推定できるわけです。

 なお、PCR検査の特異度を調べられた方の中には「もっと特異度は低いと書いてるじゃないか」と思われるかもしれないので、これについても解説しておきます。特異度というのは、「感染していない人を検査したときに、何パーセントの確率で『感染していない』と正しく陰性に判定できるか」という指標になります。ここで問題になるのが「感染していない人」をどのようにして集めてくるのかということになります。

 ですが、現時点ではPCR検査以上の確定検査法はなく、PCRで陽性であった場合に、本当に感染していないことを立証する術がありません。恐らくは、発熱やCTでの肺所見など症状を正として、それとの相関で特異度を出しているのでしょうけど、それはあくまで便宜的な特異度です。症状が無くても感染している可能性があるなら、この方法では特異度は求まりません。

最後に

 いかがでしたでしょうか。今回はいかにデータに基づいた議論が重要であるか、またデータだけでなく議論の前提やロジックを考えることも大事であるということを解説しました。

 コロナウィルスとの戦いを戦争に喩えるなら、疫学調査や基礎研究に基づくデータは、敵の位置や援軍の数、行動パターンなどを把握することに相当するでしょう。そういったデータなしに戦争をするのは、戦略もなしに戦場で兵士が戦闘をしているようなもので、必敗と言わざるを得ません。

 まずはデータに基づいた議論をし、それにより全体の戦略を立て、現場で戦う医療従事者の方を支援するというアプローチを、政治家の方には強くお願いしたいところです。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事
2020年03月14日

コロナウィルス蔓延を左右する4つのファクター

新型コロナウィルスの感染拡大速度を比較すると…

 ども勉三です。Financial Times が新型コロナウィルスに関して非常に興味深いグラフを掲載していたので、紹介したいと思います。

008.gif

 この図は縦軸に感染者数を対数で、横軸は100例目の感染者が報告された日を起点にそこからの日数を表し、各国の新型コロナウィルス感染拡大の速度をプロットしたものです。

 同じウィルスでもここまで国により感染拡大速度に差があるというのは驚きですね。無論、日本においては検査を抑制していることもあり、他国と同じ基準で検査していれば感染者数が増えるのは事実です。しかし、それを考慮してもヨーロッパにおける拡大速度は「別物」と思えるぐらいに速くなっています。

 今回はこの謎について、コロナウィルスの感染拡大を決める要因として4つのファクターが考えられるのではという仮説を述べていきたいと思います。

コロナウィルスの感染拡大速度を決定する4つのファクター

気温

 インフルエンザウィルスなどと同様に、新型コロナウィルスも多かれ少なかれ季節性があるものと考えられます。感染が拡大したのも冬場ですし、恐らく夏よりも冬の方が感染力は強いということは推測できそうです。

 当初、シンガポールでも感染が拡大したこともあり、今回のウィルスは高温多湿環境でも感染力が落ちないのではという説が提唱されていました。しかし、その後の経過を見ると、シンガポールでは封じ込めに成功しています。また、日本でも沖縄県では感染者の報告がしばらくストップしています。

 また、中国から比較的近いにも関わらず、東南アジアやインドなどでの感染はあまり拡大していないように思えます。無論、これらの国は発展途上国が多く、検査体制や統計の信頼性に問題がある可能性もあります。ただ、現時点で入手できるデータから判断すると、概ね熱帯国では感染拡大しにくいということは言えるのではないでしょうか。

接触機会の多さ

 欧米での急拡大を見ていると、やはりボディタッチによる感染拡大の影響は大きいと言わざるを得ないでしょう。私も米国に行く機会は多いですが、彼らは初めて会う時、あるいは久しぶりに会うたびにしょっちゅう握手をします。もっと親しくなればハグやキスもするでしょう。これは徹底的にボディタッチを避ける日本とは大きな違いです。

 「接触機会の多さというなら、日本の満員電車はどうなんだ?」と思われる方もいると思います。確かに感染者が多ければ満員電車は一気に感染が拡大しかねない危険な要因です。ただ、勉三も毎日電車に乗っているわけですが、今年は電車内で咳やくしゃみをする人が非常に少ないと感じています。今冬はコロナの印象で病気が蔓延しているイメージが強いですが、実際にはその逆で例年よりクリーンなのです。インフルエンザの件数が大きく減っていることもそれを裏付けています。

 ではなぜ、日本では最初に感染者を少なく押さえることができたのか。それを説明するのが、次の2つの要素です。

衛生観念

 以前より「日中韓などのアジアではマスクをする人が多いが、欧米でマスクをしていると病気と思われて不審がられる」と言われてきました。普段から日本のマスク着用率は欧米に比べ高かったですが、今年は東京都心を歩いていると50%〜80%ぐらいはマスクを着用していると思います。この差がやはり大きいのではと思います。

 マスクがどの程度感染症の防止に効果があるかは controversial なところがあり、感染者が着用した場合に感染拡大を抑制する効果は示されているものの、未感染者が着用した場合の感染予防効果については明確なエビデンスがないようです。

 ただ、エビデンスが無いことは効果がないのと同じではありません。正しく表現すれば「効果があるかどうか分からない」なのです。感染拡大を抑制するのであれば、マスクにウィルスをトラップする何らかの障壁機能があるということで、その障壁機能はウィルスを吐き出す時だけでなく、吸い込むときにも同様に抑制してくれると考えるのが自然でしょう。

 これは理系で研究経験がある人なら想像できるかと思いますが、「マスクに感染症防止効果があるか?」というのを実験で示すのは非常に大変なことです。何故なら何らかの形で「未感染者を感染させる」ことが実証に不可欠なステップとなるからです。大きな倫理的ハードルがあります。また、これは医学・疫学研究ではつきものですが、どうしても個人差があるため、検証対象の集団によっても結果がぶれたり、あるいは分散が大きすぎて実際に効果があっても統計学的有意差を示せない可能性もあります。

 いずれにせよ、「新型コロナウィルスはマスクで感染拡大を防止できるか」という問いについては、全くエビデンスが無く、推測で各自が判断するしかありませんが、勉三は100%ではなくともある程度の感染防止にはなり、それは感染者が着用しても、未感染者が着用しても、程度の差はある可能性はありますが同様に効果があると考えています。

 なお、たまに「ウィルス粒子は一般のサージカルマスクのフィルター径より小さいため意味がない」という人がいますが、これは大きく間違っています。ウィルス粒子は単体でぷかぷか空中を漂っている訳では無いからです。もしマスクのフィルターより個々の粒子が小さければ通過できないのであれば、水滴だって通りません。水分子はウィルスなんかより遥かに小さいわけですから。

 水滴がフィルターを通らないのは、水分子の間に相互作用があり互いに結合する力が働いているからです。ウィルスも水滴や他の塵などと相互作用し結合した形で存在するわけですから、単純にマスクの目の大きさと比較はできません。

 それに、相互作用しない非常に小さい分子であっても、フィルターを自由に通過するわけではありません。マスクをしながら息をしてみれば分かります。吐いた息はフィルター面を一部通過しますが、多くはマスクの側面から抜けていくでしょう。空気という非常に小さい粒子で構成される気体であっても、マスクのフィルターはある程度は止めてくれるのです。もちろん、粉塵や有害物が発生する現場での仕事用にはつかえませんが、ウィルスをある程度止めてくれることを期待する程度であれば有効です。

 もちろん、マスクだけでなく手洗いやうがいなどの習慣も、はっきりとしたデータはないですが差があるのかもしれませんが、マスクの着用率の差は視覚的に分かりやすいので紹介させて頂きました。

医療体制

 4つ目の要素は医療体制です。コロナウィルスの死亡率を見ていると、同じ感染者数でも国によって死亡率に大きな違いがあるようです。

 これは一見するとかなり不思議なことで、感染者数だけであれば先述の3要素で説明がつきますが、一度感染してしまえば死亡率は同程度になるだろうと予測するのが自然だからです。

 もちろん、最近報告されたようにウィルスにL型とS型のサブタイプがあって、日本で流行しているのと違う型のウィルスが欧米では蔓延しており、それにより死亡率が違うのだと考えることはできます。ただし、欧州でも国によって死亡率が全く異なることは説明が難しいです。

 そう考えた時、死亡率に大きな違いを生んでいるのは医療体制ではないでしょうか。すなわち、肺炎を発症した患者が速やかに十分な治療を受けられるかどうか。これが死亡率の差につながっているのではないかと思うのです。

 例えば、十分な治療が受けられるのであれば死亡率は0.1%だが、そうでなければ2%になるとしましょう。治療を受けられる人は死亡率0.1%ですが、そのキャパシティを超えた分は2%になるため、医療体制が崩壊し重傷者の治療に手が回らない国は、死亡率は0.1%を越えて2%に近づいていく、といったイメージです(あくまでイメージなので数字は適当です)。

最後に

 いかがでしたでしょうか。今回のウィルスはどうも目の前の検査や治療に追われている感があり、ウィルスの性質についてはまだ十分な研究がなされていないと言えるかと思います。無論、検査や治療自体は大事なことですが、いつまで自粛すればいいのかを知るための一助としても、ウィルスの疫学的あるいは基礎医学的な解明も合わせて進めて頂きたいと勉三は切に思います。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事
2020年03月02日

コンサルとして生き残るために絶対知っておいて欲しいこと(1)

コンサル業界で生き残れる人と去っていく人の差とは

 ども勉三です。勉三は内資の大手メーカーから転職で戦略系コンサル業界に飛び込んだわけですが、一般に未経験の業界かつ未経験の職種への転職はリスクが高いと言われています。それはそうでしょうね。やったことのない業界で、やったことのない仕事をするわけですから。勉三も転職前や直後は不安でいっぱいでした。

 そこで、中途か新卒かによらず、これから勉三と同じようにコンサル業界に飛び込もうという方、もしくは既に飛び込んだがまだ日が浅いという方に、生き残るために絶対に知っておいて欲しい事を「コンサル生き残り術」シリーズとして、これから何回かに分けて伝授したいと思います。

コンサル業界で生き残るために絶対に知っておいてほしいこと

プロジェクトへのアサインが決まったら速攻でその業界や企業の事を勉強すべし

 コンサル業界は大変だと言われますが、その中でも一番大変なのがプロジェクトへのアサイン直後です。何故なら、コンサルは新しいプロジェクトにアサインされるたび、異なる業界の、異なるクライアントに、異なる目的のために仕事をすることになるからです。事業会社から来た人は「プロジェクトごとに転職するようなものだ」という事が多いですが、まさにそういう感覚です。

 コンサル業界にある程度いれば、プロジェクトの型みたいなものが見えてきますし、自分の強みのある業界のプロジェクトにアサインされやすくなり、負担は徐々に減っていくものですが、最初のうちは右も左も分からない状態なので大変です。

 しかし、いくらコンサル経験が浅く、初めての業界であっても、それを言い訳にすることが許されないのがコンサル業界です。例えば、あなたがクライアント側の企業担当者だとして、1人あたり時給数万円とかクソ高いお金を支払ってるのに、「まだコンサル経験1か月で、この業界のことも全く素人です」なんて人を自社のプロジェクトの担当者としてアサインされたらどう思いますか? 怒るのが当たり前でしょう。

 したがって、コンサル業界では新しいプロジェクトへアサインされた瞬間(正確にはアサインされることが確定した瞬間)から、速攻でその業界や分野のことを勉強することが要求されます。どれぐらい速攻かというと、例えば金曜日に「来週月曜日から鉄鋼業界のプロジェクトにアサインされることになったからよろしくね。とりあえず月曜にキックオフの会議をクライアントとやるんで、そこに一緒に来てもらうから。」と言われたとします。そしたら、まずはパートナーやマネージャーにプロジェクトに関連する資料(提案書や前フェーズの報告資料など)を頼んで共有してもらうようにします。それと並行して、その日のうちに大型書店に行き、鉄鋼業界に関する書籍を入手するか、ないものは Amazon などで取り寄せます。さらには、クライアントの有価証券報告書、決算資料、アニュアルレポート、中期経営計画などをウェブサイトからダウンロードし、これらを全て土日のうちに最低限目を通しておきます。

 もしこれらをせずに、月曜日に知識ゼロで臨み、知識ゼロであることを公言すれば、その瞬間に無能扱いです。あなたの評価はかなり厳しいものになるでしょう。

 無論、上記の準備を万端にしていたって、その業界で長年いるクライアントの社員たちの知識に勝てるわけがありません。しかし、それでもさぞ何でも知っている振りをしてボロが出ないようにするのがプロのコンサルというものです。逆説的ですが、そのためには最低限上で挙げたぐらいの準備は必要なのです。

 ですので、プロジェクトにアサインされた時は、開始する前〜最初の1週間ぐらいが勝負所だと思って、とにかくその間は気合を入れるようにしてください。何事も初めが肝心です。

大変なことは永遠には続かないことを知る

 先ほどの項目とも関連しますが、コンサルの仕事には波があるものです。大変な時は本当に大変です。朝から集中しなければいけない会議が長時間続き、それが何日か続いたりします。ですが、大変な時はずっとは続きません。楽な時もやってきます。

 コンサルに限らずどんな仕事でもそうだと思いますが、頑張りどころで頑張ることは勿論大事ですが、それと同じぐらい頑張らなくていい時に適度に息抜きするのも大事なことです。

 例えばDD(デュ―ディリジェンスという泣く子も黙るタイプの案件)のプロジェクトにアサインされ、連日の深夜残業が続くと「こんな仕事やめてやる!」と思ってしまうものですが、それも長く続くものではありません。大変なタイプのプロジェクトほど期間は短いものです(期間が短いから大変になるともいえる)。

 勉三の周りを見ていると、コンサルを長く続けている方は、この辺りの力の入れ加減と息抜き加減が上手だと感じます。他の仕事でも同じことは言えるかもしれませんが、集中しなければならない時のピークがハードなコンサル業界ではなおさら息抜きは大事と言えます。

続く

 いかがでしたでしょうか。次回もこの続きで、コンサルとして生き残るために絶対に知っておいて欲しいことをお伝えしたいと思います。こうご期待!

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職