スポンサーリンク

FaceSearch: 人工知能で30万人以上の中から、あなたのそっくりさんを検索


2019年01月08日

囲碁と将棋に見る性差:戦略脳と戦術能の違い

 ども勉三です。囲碁界で小学4年生の仲邑菫(なかむらすみれ)さんが史上最年少のプロ棋士となり、日本最強の井山裕太五冠と引き分けたというのが話題になっています(「囲碁の天才少女、10歳で最年少プロに。名人も手腕評価」)。将棋の藤井聡太氏もそうですが、天才の登場は俄然その競技を盛り上げますよね。みんなそれだけスターの登場に飢えているのかもしれません。

 ところで、しばしば話題になるのが、こうしたボードゲームに見られる男女差。将棋などは特に顕著で今のところプロ棋士として合格した女性は一人もいません(ここでのプロ棋士はいわゆる女流棋士を含まないものです)。一方、囲碁でも男性が圧倒的に多いですが、女性の棋士もいらっしゃいます。

 なお、将棋で女流棋士というと通常のプロとは別枠で採用され、単なる女性棋士という意味ではなく特別な枠のことを指しますが、囲碁で女流棋士というと女性の棋士のことで、この辺の呼称にも違いがあるようです。勉三も調べていて勉強になりました。

 ただ、性差に関しては「将棋は男性のものという風潮が強かったので、興味を持つ女性が絶対数として少なかったためであり、能力に性差はない」と主張する人もいます。これについて勉三の考えを書いていきます。

脳も身体の一部。体を動かすスポーツと同様に能力の性差はある

 勉三の見解は、将棋や囲碁は脳を使うスポーツ。使う部分が違うだけで、他のスポーツと基本的には同じと考えます。ですので、身体能力に男女差があるように、脳にも男女差があると考えるのはごく自然ではないでしょうか。

 これは男性の方が優れているという意味ではありません。例えば、腕力でいえば男性の方が強いですが、柔軟性などは女性の方が優れていることが多いでしょう。性別による向き不向きもあるということです。

 そう考えると、将棋のように同じ土俵で戦って、女性が男性と肩をならべてプロになるのは難しい競技があるというのもそう不思議なことではありません。例えばプロ野球なんかは、男女混同にしたら女性はプロになれないでしょう。

将棋と囲碁で男女比が違うのは何故か?

 ここで新たな疑問として「ボードゲームでも性差があるのは分かったが、なぜ将棋と囲碁とでそこまでプロレベルの男女比が違うのか」という問題が生じます。これについては、もちろん伝統的に将棋はどちらかといえば男性が中心の庶民的なゲームであったという事情も寄与はしているでしょうけど、どちらかといえば二次的な要素だと思います。例えば、研究や文学だって最初は男がするもので、女性がしていたら眉をひそめられる時代もあったでしょう。しかし、元々の能力に絶対的な性差がなければ、必ずトップクラスになる女性は出てくるものです。

 勉三が考えているのは、将棋と囲碁のゲーム性の違いです。将棋は戦術的、囲碁は戦略的要素が強いと考えます。戦術的要素というのは、要は将棋で言えば詰将棋の能力などが代表例です。確実に頭の中で駒を何回も動かして理詰めで推論する力のことです。これは男性の方が圧倒的に強いのではと思います。

 一方で、戦略的要素というのは、将棋で言えば全体を見据えた駒組だとか、囲碁で言えば細かい地ではなく全体の勢力や布石など、理詰めというよりは全体の俯瞰力や直感に支えられている部分ですね。こちらも傾向としては男性の方が強いのだとは思いますが、戦術的要素ほどは男女差は無いと思います。

 同じボードゲームでもこの性質の違いが、プロクラスの男女比になって表れているのではと、仮説レベルですが勉三は考えています。

 なお、将棋の親戚に見えるチェスでも、男女差は将棋ほどではなく、女性のグランドマスターもいますし、女性の愛好者も多いのです。これも「戦術的要素」vs「戦略的要素」のフレームワークで考えることができるでしょう。チェスは中盤以降駒が少なくなり、必然手の連続による即積みというのが少なくなってくるので、より戦略的要素の強いゲームだと思います。この点、むしろチェスは将棋より囲碁に性格の近いゲームなのかもしれません。

スポンサーリンク

FaceSearch: 人工知能で30万人以上の中から、あなたのそっくりさんを検索 FaceSearch: 人工知能で30万人以上の中から、あなたのそっくりさんを検索


posted by 勉三 at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事
2019年01月03日

プログラミング言語紹介(1):VBA

 今回からシリーズで、プログラミング言語を1つずつ取り上げ簡単に紹介していきたいと思います。似たようなことは多くの人がされているのですが、それを読んでいて「この人、ほとんどこの言語使ったことないのにネットで見た知識だけで書いてるなあ」と思うことが多く、きちんとした情報を伝えようと思ったのが動機です。

 ですので、本シリーズでは勉三が実際にある程度扱ったことのある言語についてしか書きません。ある程度というのも線引きが難しいですが、Hello world 程度ではなく、きちんと実務や実用に使えるようなプログラムを書くのに使ったというぐらいの意味合いで考えておいて頂ければと思います。

 まずは記念すべき第一回は VBA からです。

VBAは立派なプログラミング言語です

 VBA(Visual Basic for Application)は、Microsoft社謹製のプログラミング言語で、Microsoft Office の各製品をプログラマティックに操作したい時に使われる言語です。とりわけ、同社の Excel 上で使われることが多く、Excel VBA などとも言われたりします。本記事でも専ら Excel での使用について念頭に置いて書くことにします。

 VBA は Excel というアプリケーションの操作(例えばセルの文字色を変えるだとか)を実行できるため、マクロ言語(あるいはマクロ)とも呼ばれることがあります。これは通常のプログラミング言語での1命令よりも、より大きな粒度(マクロ)での命令を実行するために作られた言語という意味あいがあるようです。

 このような事情から、VBAは「初心者向け」「あくまでマクロ言語でプログラミング言語ではない」「簡易の言語」と言われることがありますし、そう思っている人が多いようです。勉三はC/C++、Javaなど一通りやってから、VBAをやりました。その時は私もネットで聞いていた噂からそのような先入観を持っていたのですが、実際にやってみてその印象は吹っ飛びました。VBAは立派なプログラミング言語です。誰ですか?初心者向けとかいったのは?

 ただ、実務での必要性に迫られて、きちんとしたプログラミングの流儀を知らずに、ネットや本のコピペだけでVBAを動かしている人もそれなりにいるので、確かにユーザのスキル的な意味で言えば平均としては低いのかもしれません。それは誰でも使えるという意味で悪い事ではありませんし、VBAが機能の限られたプログラミング言語であるということでもありません。あくまで簡単に使えるがゆえに、結果として初心者が多いということです。他の言語で基礎ができている人が使えば、速度などを除けば他の言語とそん色ないプログラムが書けます。

VBAをきちんとプログラミング言語として教えているサイトや本が少ない

 これは勉三がVBAを勉強する時にぶつかった壁なのですが、VBAはれっきとしたプログラミング言語であるにも関わらず、VBAをきちんとプログラミング言語として解説しているサイトや本が殆どないのです。

 勉三のようなC/C++からプログラムを始めた者にとっては、プログラミング言語を学ぶときは、まずどういう変数型があって、変数を宣言するにはどうしたらいいか、関数やクラスを定義するにはどうしたらいいか、配列やコレクションなどの複合的なデータ構造としてはどういったものがあるか、そういったことをまず知りたいのです。逆にそこを伏せて解説されても分かりにくくて仕方がない。裏側ではどういう型の変数になっていて、ここは値渡しなのか、参照渡しなのか、そういうことをきちんと教えてくれないとすごく気持ちが悪い。

 ですが、VBAについてこういった切り口で解説しているサイトは殆どありません。セルの書式を変えるためにはこうすればいいとか、そういうテクニックが辞書のように羅列されているような解説が殆ど。VBAから始めた人がプログラミングの基礎を学ばないというのは、こういった教材面の問題もあるのかもしれません。

VBAの最大のアドバンテージは環境構築が不要なこと

 と、ここまでVBAを褒めるようなことを書いてきましたが、勉三はVBAは嫌いです。変数の宣言も Dim x As Integer とか気持ち悪いし、プロシージャや関数の呼び出し時の Call やカッコの有無の使い分けなども非常にイライラする。開発環境もExcelの進化から取り残されて化石化してしまっています。パワフルかつ完全なプログラミング言語であることは認めながらも、できることなら使いたくはない言語です。

 ただし、VBAの持つ最強のアドバンテージは「環境構築が不要なこと」です。おそらく、殆どのみなさんの職場のパソコンには Microsoft Office があらかじめインストールされているはず。職場のパソコンはだいたいセキュリティの設定が厳しく、追加でソフトウェアをインストールできなかったり、できても申請が必要だったりするかと思います。ですが、Excel さえインストールされていれば、即 VBA が使える。これは大きい事です。

 例えば、Windows で C/C++ あるいは C# なんか使おうと思うと、VisualStudio をインストールしたいところですが、無料で使える Community 版であってもインストールが必要になります。上司がプログラミングなどに全く理解がないと、なぜインストールが必要でそれで何ができるのか説明するだけでも一苦労です。

 そんな時は、まず VBA で簡単なプログラムを作って、手動でやっていたことを高速でできることを上司に見せてあげましょう。それから「VisualStudio というソフトがあれば、もっと高速で高機能なプログラムが組めるようになる。有料版は10万円以上と高いが、無料版がある」と説明すれば、「うむ、インストールしていいぞ」と言ってもらいやすくなるでしょう。

スポンサーリンク

FaceSearch: 人工知能で30万人以上の中から、あなたのそっくりさんを検索 FaceSearch: 人工知能で30万人以上の中から、あなたのそっくりさんを検索


posted by 勉三 at 19:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT
2018年12月25日

年収1000万を超えると生活は変わるのか?

 ども勉三です。社会人になるとどうしても気になってしまうのが年収。上を見ればキリがありませんが、高収入の基準としてよく引き合いに出されるのが「年収1000万円」というライン。

 戦略コンサルは20代の非管理職でも年収1000万を突破する業界です。勉三も前職のメーカー時代は700万円といったところでしたが、コンサルに転職して倍とまではいかないものの軽く1000万は突破しました。

 多くの人にとって年収1000万というと「どんなリッチな生活をしているのだろう」と思われるかもしれませんが、果たしてどうなのでしょうか? 今回は年収1000万になって変わったこと、変わらなかったことを書いていきます。

服飾品や車は年収よりむしろその人の好みで決まる

 高年収というと、高級な車や腕時計を持っていると連想する方もおられるかと思います。しかし、勉三は車は持ってませんし、腕時計もごく普通のものです。

 年収が1000万以下でも高級外車や高級腕時計を持っている方はいますし、逆に高収入になったからといって高級なものを買うとは限りません。これらはむしろ年収というより、その人が何を欲しいと思うか、何にお金を使うかの好みの問題だと思います。

 たとえば車に関しては、勉三は都心に住んでいますし独身なので全く必要性を感じません。移動手段として車が必要であれば、その時だけタクシーやハイヤーを使った方が経済的ですし、どうしても必要があればレンタカーを借りればいいだけです。もちろん、お金が有り余っていれば、車はベンツやBMW、腕時計はパテックフィリップなども欲しいですが、年収1000万を越えた程度ではそんな余裕はありません。

家賃にかけられるお金は確かに増えたが…

 家賃に関しては年収が上がれば確かにかけられるお金は増えます。家賃20万円前後ぐらいのところまでなら手が届くでしょう。ただ、これも立地と広さを両方を満たすのは年収1000程度では到底無理です。都心の新築タワマンとかだと低階層でワンルームとかの部屋を除けば、月30万円ぐらいは最低でも必要でしょう。

 なので、年収1000万といっても都心やその周辺の立地のいいところに住んでいる人は、家のなかを見ると普通の慎ましやかな暮らしをされている方が殆どでしょう。都心でかつ高級ホテルのような部屋に住むためには毎月50〜60万ぐらいは必要だと思います。芸能人や経営者じゃないと厳しいですね。

生活レベルを大きく変えなければ貯金は確実に増える

 …と、ここまで「夢がないなあ」と思われた方。年収1000万になっていいことも勿論ありました。それは貯金ができるようになったこと。年収があがっても生活レベルをそれに比例させて上げていては貯金はたまりませんが、多くの人はどこかで支出が頭打ちになると思います。

 従って、無理をしなければ貯金できる額はどんどん増えていきます。勉三自身の話をすれば、年収700万ぐらいの時は殆ど貯金できずに外食や旅行などに消えていました。しかし、流石に1000万あればそこそこ贅沢をしても毎月10〜20万ぐらいは貯めていくことができます。これが一番大きな違いですね。

プチ贅沢はできる

 また、大きく浪費をしないのであれば、年収1000万もあれば多少の贅沢は可能です。例えば、疲れている時は電車ではなくタクシーで移動する。飲むときのお店のレベルを上げる。欲しいと思った本はすぐ買う。などなど。

 変なところで節約しなくて済むので、逆に長い目で見れば良いものを買ったり、将来に向けて投資ができるので、いいことだと思います。ストレスも溜まりませんしね。

東京で「いい暮らし」をしたいなら年収2000万はないと厳しい

 ただ、これは勉三が独身だからというところが大きいです。もし、タワマンの2LDK以上に住み、子供を2人ぐらい作り、さらに習い事や小学校から私立に通わせたりと「いい暮らし」をしたいと思うなら、年収1000万程度では全く厳しいです。年収2000万ぐらいは必要でしょう。

 結局、自分がどういうレベルの暮らしを求めるかは、その人の育ってきた環境による部分が大きいので、人と比べても意味がありません。自分が満足できる暮らしができるかというところが大事です。

 もしそれが年収1000万で実現できないのであれば、あなたにとって年収1000万は足りないのであり、もっと上を目指すべきだと思います。逆に年収600万で実現できるのであれば、無理に1000万を目指す必要はないでしょう。結局、1000万かどうかというのに意味は無く、あくまで自分が満足できるかが大事なのだと思います。

スポンサーリンク

FaceSearch: 人工知能で30万人以上の中から、あなたのそっくりさんを検索 FaceSearch: 人工知能で30万人以上の中から、あなたのそっくりさんを検索


posted by 勉三 at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・キャリア