スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2020年05月03日

抗体検査で既に人口の数パーセントが感染済みは本当なのか?

抗体検査の結果を考える際は注意が必要

 ども勉三です。コロナウィルスに関する最近の話題として、「無症状者を抗体検査したら数パーセントが感染していたので、既に人口の数パーセントに感染が広まっているのでは?」というものがあります。例えば、こちらの慶應義塾大学病院の発表とか、神戸市立医療センター中央市民病院の発表などがそうです。

 しかし、この結果をそのまま鵜呑みにするのは危険です。その理由を今回は説明したいと思います。なお、感度や特異度などに関する説明は、過去記事「論理的思考力講座(5):感度・特異度・正確度(1)」をご覧ください。

偽陽性率と同等あるいはそれ以下の陽性率のデータに意味があるのか?

 検査系の性能を比較する時には色々な指標がありますが、最も大事なのは「感度」と「特異度」です。感度というのは「本当に陽性の人を、正しく陽性と判定できる確率」。特異度というのは「本当に陰性の人を、正しく陰性と判定できる確率」のことです。

 例えば、感度90%であれば、陽性の人を検査すれば90%で陽性と判定できます。逆にいえば、10%は偽陰性になってしまうということです。同様に、特異度90%であれば、陰性の人を検査すれば90%で陰性と判定でき、10%は偽陽性になってしまいます。

 上の例からも分かるように、100-感度(%) により「偽陰性率」が、100-特異度(%) により「偽陽性率」が求まります。さて、本題はここからです。

 一般に、PCR検査に比べて抗体検査では特異度が低くなりがちです。つまり、偽陽性が高くなるということです。理由は色々あるのですが、PCR検査が核酸の塩基配列の1つの違いをも見分けられるのに対し、抗体は蛋白質であり三次元的であり、1つの抗体を認識する別の抗体もまた無数にあり得るためです。

 一般的には、どれほど優秀な抗体検査キットであっても、特異度は90〜95%というところだと思います。つまり、仮に全人口で新型コロナへの抗体を持っている人がいなかったとしても、検査してみると5〜10%程度は偽陽性になってしまうということです。

 ですから、そんな検査で数パーセント程度の陽性が出たことに、どれだけの科学的意義があるのでしょうか。かなり慎重に考える必要があると思います。

抗体検査は使用前に、製品ごとの徹底的な精度検証が必要

 このように、抗体検査は少量の血液採取で短時間で測定できるというメリットがあるのですが、その精度についてきちんと検証を行った上で使わないと、誤った結論を導きかねないというリスクがあります。

 プローブのデザインさえ統一されればメーカーによって精度が大きく変わることはないPCR検査と異なり、抗体検査は製品によって精度が大きく変わります。それどころか、同じ製品であってもロットが違うだけで、精度が変わるケースだってあります。

 精度検証する際には、陽性対照(ポジティブコントロール、略してポジコン)と陰性対照(ネガティブコントロール、略してネガコン)の設定が重要になります。ポジコンは「陽性であることが分かっているサンプル」、ネガコンは「陰性であることが分かっているサンプル」ということです。これらを何十個か集めてきて検査することで、感度と特異度を求めるわけです。

 しかし、難しいのはポジコンやネガコンの設定は一通りではないということです。例えば、精製水はネガコンの条件を満たしますが、良いネガコンではありません。何故なら、例えば新型コロナウィルス以外のウィルスへの抗体に対して反応してしまうキットがあったとして、精製水をネガコンとして特異度を検証したとしたら特異度は100%になってしまうからです。これは厳密な特異度とは言えません。

 理想的なネガコンは、新型コロナウィルスに近い構造を持つ他のコロナウィルスに感染済みで、かつ、新型コロナウィルスには感染したことのない人を探してきて、そういった人の血液サンプルを使うことです。こうすることで、厳密な意味での特異度を求めることができます。

 しかし、現実的にはこのような理想的なネガコンを集めてくることは不可能に近いです。まず、そもそも「新型コロナウィルスに感染したことのない」というのが検証不可能です。それを検証するためには、特異度が100%の抗体検査キットが必要であり、卵が先か鶏が先かのような議論になってしまいます。

 したがって、世の中に出回っている感度や特異度の数値というのは、定義によって差があり、いずれも厳密なものではないということは注意しておく必要があるでしょう。

恐らく実際の感染率はそこまでは高くない

 ここからは勉三個人の推論になってしまいますが、勉三は集団中の感染率は数パーセントには達していないと考えています。その根拠の1つとしてはダイアモンド・プリンセス号の調査データがあります。ダイアモンド・プリンセス号では、PCR検査で陽性と判定されたうち約25%はその後に至るまで全く症状が出なかったそうです。

 ここから考えると、感染者のうち有症状者と無症状者の比率は3:1ぐらいであり、有症状者の一部しか検査で陽性として補足できていないことを差し引いても、どんなに高めに見積もっても現在の検査陽性判明者の数倍ぐらいしかいないのではと考えています。

 もし、発表のように検査陽性判明者の何百倍もの無症状感染者がいたとしたら、(咳やくしゃみのない)無症状感染者の感染力もかなり高くないと辻褄が合わないわけですが、もしそうだとしたら感染はもっと爆発的に広まっているはずだと思います。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事
2020年04月25日

外資系コンサルに求められる英語力とは?

コンサルに求められる英語力

 ども勉三です。外資系コンサルタントへの転職を考えられている方に多い疑問が、「英語力はどの程度必要なんだろう?」というもの。不安に思われている方も多いのではないかと思います。今回は勉三が、外資系コンサルに求められる英語力について解説していきます。

英語力は Must-have ではないが、かなり強めの Nice-to-have である

 まず大前提ですが、外資系といえども英語が絶対必須というわけではありません。特にジュニア(マネージャー未満)のうちは、英語ができないと英語を使わないプロジェクトにアサインされるのが基本です。肌感覚では戦略系でも5割ぐらいのプロジェクトは完全にドメスティック案件、すなわち日本企業の日本人相手に日本語でデリバーするものなので、それだけでも食っていくことはできます。

 ただし、戦略系であれば Must-have ではないものの、かなり強めの Nice-to-have ではある点には注意して頂ければと思います。英語ができないということはそれだけ選択肢も機会も減ることを意味します。それを補う他社に負けない強みがないと生き残ることは難しくなります。

 また、職位が上がるごとに求められる英語力はどんどん上がっていきますし、成果評価の際も英語力はチェックされるので、ずっと英語ができないままというのは許されません。特にパートナークラスでは英語ができない人というのは見たことがありません。

 ただし、上の話は主にコンサルでもマッキンゼーやボスコンなどの戦略系の話であり、IT系や業務系のコンサルでは求められる英語力はだいぶ下がると思ってください。これは、逆に英語ができると非常に希少価値が高くなるということでもあります。。

英語力にはいくつかレベルがある

 次に覚えておいてほしいのは、英語力は「できる」「できない」の2段階ではなく、もう少し細かいレベルで判断されるということです。ここでは仮に5段階に分けて説明しましょう。

 一番下のレベル1は全く英語ができない人です。流石に読むことすら全くできない人はいないと思いますが、スピードが遅く、会話は厳しいというレベルを思い描いて頂ければと思います。今の若い日本人に一番多いレベルだと思ってください。TOEICでいうと600以下ぐらいでしょうか。

 その上のレベル2は、ある程度英会話はでき、1対1であればネイティブとも話はできるものの、多数が参加する英語での会議の議事録をとったりするのは難しいというレベルです。TOEICでいうと600〜900ぐらいのレンジですね。ただ、900以上であっても英語でのビジネス経験が無いと、慣れるまではこのレベルになるかと思います。日本の中では「英語ができる人」ですが、英語だけで仕事をするにはまだまだ厳しいレベルです。

 レベル3は、自分の知っているトピックであれば、複数の参加する会議でのディスカッションについていくことができ、議事録もある程度は書けるというレベルです。ここまで来ると日本人の中では100人に1人以下のレベルです。ただし、あまり詳しくない話題であったり、ネイティブ同士の会話にはついていくことはまだまだ難しいレベルです。

 レベル4は、ネイティブと同等とまではいかないものの、周り全部がネイティブという中でもリーダーシップを発揮して仕事を進めていくことができるレベルです。ここまでできればノンネイティブとしては到達点ですし、海外でも働くことが可能になるでしょう。

 レベル5は、ネイティブレベル。もちろんネイティブといっても言語力には大きな差があるのは、我々の国語力で考えてみても当然ではありますが、ひとまずここでは考えないものとします。ノンネイティブとしてはこのレベルに達することは少ないでしょう。幼少期を海外で過ごした帰国子女などでないと日本人には到達が難しいレベルかと思います。

英語力に応じたアサインメントがなされる

 以上のようなレベル感でスタッフを分類したうえで、アサインメントの際には「このプロジェクトはレベル3ぐらいは必要だから、A君には厳しいな。B君をアサインしよう」といった議論が、マネージャー以上でなされるわけです。

 例えば、海外へのインタビューが多少ある程度のプロジェクトであればレベル2以上ぐらいが基準になるでしょう。一方で、いわゆるグローバルプロジェクトで完全に英語で進行するようなパターンであれば、レベル3以上になると思います。これはレベル3であれば十分というわけではなく、レベル3の人であれば経験を積むことでレベル4に近づいていくという期待値も含めての話になります。

 石を投げれば名門高校・大学の出身者や帰国子女に当たるぐらい、優秀な人ばかりの戦略系コンサルであっても、レベル3以上はそこまで多くありません。30%〜50%ぐらいしかいないのではないでしょうか。また、アサインメントは英語力だけでなく、その人の基礎的なパフォーマンスや、得意な業界・分野などを加味して総合的に判断されます。従って、「自動車業界に詳しくて、パフォーマンスに問題がなく、レベル3以上の英語力の人をアサインしたい」となると、かなり候補は限られてくることになります。その時点でアベイラブルな人という条件も加えるとファームの中でも1名から数名レベルになるでしょう。

 したがって、英語が苦手でレベル2以下の人は、レベル3以上の英語力を目指してみることをお薦めします。それだけでアップオアアウトの戦略コンサルの中で生き残れる確率は大きく上がります(もちろんそれだけでもダメですが)。

英語力を伸ばす最善の方法は英語を使うプロジェクトにアサインされること

 もう1つ最後に伝えたいのは、グローバルプロジェクトにアサインされること自体が、大きな成長機会であるということです。一日中英語で仕事をするわけですから、その効果は自習や英会話教室とは比べ物になりません。

 このような境遇に身をおくためには通常は留学や赴任が必要なわけですから、日本にいながらにして英語を1日中使わないといけないというのは、相当恵まれているかと思います。

 上でも書きましたが、高い英語力の要求されるグローバルプロジェクトにアサインされるためには、英語力が必要になります。そして英語力がある人が、グローバルプロジェクトにアサインされ、ますます英語力が高くなると言う循環が存在します。逆にいえば、英語ができない人はずっとそのままで、増々差が開いていくということです。

 したがって、英語案件に少しでもアサインされるために、まずはTOEIC900を最低限の目標として頑張ってみることをお薦めします。900は高い目標ではなく「最低限」の目標です。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職
2020年04月05日

東京都のコロナウィルス感染者が100万人に達する日は遠くない

東京都の感染者は6月には100万人に達する?

 ども勉三です。ついに東京都の感染者が4月5日付けで1000人に到達しました(参考:東京都 新型コロナウィルス感染症 対策サイト)。1月下旬に最初の感染者が報告されてから、ここに至るまで2か月程度。ここまでは医療崩壊も起きておらず、買い占め騒動や外出自粛要請などはあったものの、大きな混乱は起きていないと言っていいでしょう。

 しかし、次の2か月は大きく光景が変わります。今のペースでいけば2か月後には感染者数が100万人に到達します。1000人に到達するのに2か月かかりましたが、そこから2000人に到達するのはたったの6日間、100万人に到達するのは2か月なのです。この指数関数的なスピード感の変化に慣れないといけません。

指数関数は人間の直感を越えた速度で急上昇する

 みなさんもこんな昔話をどこかで聞いたことがあるかと思います。それは、あることをして殿様に褒美を貰えることになった農民が、「1日目には米粒を1つ、2日目には米粒を2つ、3日目には米粒を4つ、という具合に前の日の倍の米粒を30日間に分けてください」と要求したというものです。お殿様は「それだけでいいのか?謙虚なやつだ」と快諾しました。「1つぶのおこめ」や「曽呂利新左衛門」など色々なバリエーションがありますが、大筋はどれもこのような感じです。

 一見すると非常に安い褒美に思えます。11日目でも1024粒(=2^10)ですから。ちなみに、お茶碗一杯分が3000粒程度らしいですから、10日目までを累積しても、まだお茶碗一杯にも満たないことになります。

 ところが10日後(21日目)にはさらに1024倍に増えるので、約100万粒になります。お茶碗300杯以上です。現在の金銭価値にすると数万円程度でしょうか。30日目にはさらにその512倍ですから、累計では数千万円になります。

 この寓話は指数関数や複利の恐ろしさを教える教材として使われていますが、コロナウィルスのような感染症についても同じことが言えます。

 人間の感覚は量が等倍で増えていく一次関数的な増加(例えば時間と進んだ距離の関係など)のに慣れており、倍々で増えていく指数関数的な増加には慣れていないのです。

コロナウィルスの累計感染者数は約6〜7日で倍に増えている

 さて、話を戻しましょう。これまでのデータから東京都のコロナウィルスの感染者数(毎日の新規感染報告者数ではなく累計)はおよそ6〜7日ごとに2倍になっているようです。このペースが続くと仮定すると、来週には2000人、再来週には4000人、3週間後には8000人、4週間後には16000人になります。

 そして、2か月後の6月上旬頃には100万人に達します(6日で倍増を仮定したとき)。本当にそのようになるのか直感的には信じられないかもしれませんが、これまでのペースで延長線を伸ばすとそうなるのです。

 もちろん、これは現状と同じ感染速度が続いたと仮定した場合です。現在議論されているような緊急事態宣言や更なる措置によって外出が減少すれば、ペースは鈍るでしょう。

 また、気候が暖かくなることにより感染が抑制される効果も考えられますが、それはあまり期待できません。6月上旬ではまだ関東地方は梅雨入りしておらず、湿度・気温的にも現在と大きく変わりません。そこまでの間に自然と終息するという可能性は極めて低いと思います。

 現在の感染者はあくまで検査実施者に限られているので、真の感染者数の下限でしかありません。勉三は「真の感染者数と実際の感染者数はせいぜい数倍程度の乖離」と考えていますが、いずれにしても真の感染者数が多いことは疑いようもない事実であり、それを考えるとより数は多くなるでしょう。

最後に

 いかがでしたでしょうか。感染者数100万人というのは信じられませんが、現在のデータをそのまま適用するとそうなります。この加速(しているように人間には見える)が指数関数的な感染拡大の恐ろしいところです。もちろん、集団内にある程度蔓延するとピークアウトしていくのかもしれませんし、この予測通りにいかない可能性もありますが、「感染者100万人」はそう非現実的なものでもないということは留意しておく必要があるでしょう。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事