スポンサーリンク


FaceSearch

MoneyScript

2020年08月04日

仕事で使える英語表現(19):challenge(異議を唱える、試練を課す)

challenge(意義を唱える、試練を課す)

 ども勉三です。「仕事で使える英語表現」の第19回目。今回は challenge について取りあげます。

 「チャレンジ」という言葉はすでに日本語にもなっており、英語が全く話せない人でも誰でも知っているぐらいに人口に膾炙した言葉だと思います。しかしながら、英語の challenge と日本語のチャレンジは若干用法が異なる部分もあります。そして、その違いのために誤用しがちな単語ランキングの上位に位置する難しい単語でもあります。今回はどのあたりが違うのかみていきます。

「高い目標にチャレンジしたい」はそのまま訳せない!

 さて、「高い目標にチャレンジしたい」という日本語の文を英語で言いたいとき、みなさんはどう訳すでしょうか?

 おそらく、"I want to challenge an ambitious goal" などのように「人 challenge 目標」という訳し方をする方が多いのではないでしょうか。ところが、これは英語としては不自然です。

 結論からいうと、"I want to set an ambitious goal" のように訳す方が自然です。もし、challenge という単語を使いたい場合は、"I want to set a challenging goal" です。あくまで challenge の主語は goal であって、人ではありません。ここがポイントです。

「人 challenge 物」が使える時と使えない時

 ただし、"I want to challenge..." という表現が常に使えないというわけではありません。例えば、以下のような表現は許容範囲です。

Mathematicians have long challenged this difficult problem

数学者たちは長年この難問にチャレンジしてきた

 先程の例と何が違うのでしょうか? このことを考えるには、日本語の「挑戦する」あるいは「挑む」という言葉が実は二通りの異なる意味で使われていることを認識することが必要です。

 日本語では「高い目標」も「難問」も同様に「挑戦する」という動詞の対象として使えるのですが、英語の challenge は(主語が目的語の)「正当性に異議を唱える」というニュアンスが原義にあります。したがって、高い目標は否定するものではないため英語では challenge の対象になりません。一方で難問は、それを解決することにより否定するものであると解釈可能なため challenge の対象となることができます。ただし、あくまで強い違和感がなく許容範囲であるという意味であり、すごく自然かというとまた別問題です。この場合も難問を challenge の主語にして、Mathematicians have long tackled this challenging problem のようにした方が自然だとは思います。

 英語の challenge のより自然な用法を紹介しましょう。以下の例文が challenge のど真ん中の正しい用法です。

In 1905, Einstein challenged the wave theory of light

1905年、アインシュタインは光の波動説に異論を呈した

 challenge のニュアンスがなんとなく分かってきたでしょうか? 今回、記事のタイトルで challenge の訳語として「挑む」や「挑戦する」ではなく、「異議を唱える」「試練を課す」といったあまり聞き慣れない訳語を当てたのは、こういった理由があるからです。

 つまり、日本語の「挑戦する」は「何かを否定したり倒したりしようとする」という意味でも「ベストを尽くして何かの実現を目指す」という意味でも両方使えますが、challenge は前者の意味でしか使えないということです。このことを覚えていただければと思います。

逆に、日本語の「挑戦」と訳せない英語の challenge の用法もある

 ここまでは、日本語の挑戦から英語の challenge に必ずしも訳せないというケースをみてきました。今度は逆に、英語の challenge から日本語の挑戦に必ずしも訳せないケースもあるのでみていきたいと思います。

I was challenged by the guard when I tried to enter the building.

建物に入ろうとしたところ、警備員に呼び止められた

 いかがでしょうか? これは「挑戦する」「挑む」とは流石に訳せないと思います。ただし、これも challenge の原義となるイメージを知っていれば類推できます。すなわち、challenge は「異議を唱える」という意味があるので、そこから「問いただす」といった意味で使われるわけです。日本語に訳すと全然違う言葉のようですが、あくまで根底のイメージは同じです。

最後に

 いかがでしたでしょうか? 日本語で普及しているだけあって誤用しがちなのですが、英語の challenge と日本語の挑戦は用法がオーバーラップするものの微妙に異なるということを覚えておきましょう。。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語
2020年08月02日

理系は視野を広くし技術職以外も就職先候補として考えるべき

研究開発などの技術職だけが理系の進路ではない!

 ども勉三です。いまや理系は大学院に進むのが圧倒的多数派になりました。そしてその先の進路としてはメーカーやインフラの技術職(研究職、開発職、生産技術職などの理系でなければなれない職)になる人が殆どなのではないでしょうか。

 かくいう勉三も小さい頃から研究者になりたいと思い、大学では理系に進み、大学・大学院時代は研究者になることだけを考えていました。そうして実際にメーカーで研究者になったのですが、「これ、本当に自分のやりたいことなのかな?」と疑問に思い始め、結局は研究職を辞めてコンサルに転職しました。

 これを聞くと全く違う仕事に変えたと思われるかもしれませんが、勉三はそうは思っていません。むしろコンサルになってからの方が、研究者としてやりたかったことが実現できている感すらあります。今回はこのあたりの事情を説明するとともに、理系の人には「いわゆる技術職だけが理系の強みを活かせる進路ではないよ。本当にやりたいことや向いていることは別の仕事かもしれないよ」ということをお伝えしたいと思います。

今の企業研究者の役割は昔と大きく変わってきている

大ヒット製品の鍵は「要素技術」から「組み合わせとマーケティング」の時代へ

 勉三がそもそもメーカーの研究職の道を選んだのは、発明や特許によってヒット製品を生み出し、社会に貢献したいというのがあったからです。おそらく他の人たちも同じ理由かと思います。

 そこには、昔のNHKのプロジェクトXなどで出てきたようなヒット製品を生み出した企業研究者の姿がイメージとしてありました。ところが今はその頃とは大きく時代が変わりました。

 例えば iPhone を例にとってみましょう。日本の電機メーカーのエンジニアの方がインタビューか何かで語っていたことなのですが、(発売当時の)iPhone は技術的には別に凄いわけではなく、日本の電機メーカーでも作れた製品なのだそうです。

 ではなぜ日本の電機メーカーは iPhone を生み出すことができなかったのでしょうか。ここに現在のヒット製品開発の難しさがあります。昔は要素技術の水準を高めていけばヒット製品になっていました。ところが今は技術を高めるのではなく、いかに組み合わせ、いかに売るかが鍵となっているのです。

 iPhone でいえば、「インターネットに接続できる携帯」も「タッチスクリーンで操作するデバイス」も技術的には他のメーカーでも作れたし、実際に作っていました。ところがこれらを組み合わせてあのような製品を作ることは他社にはできませんでした。また、仮にできたとしても、アップルの持つブランド力やマーケティング力がないと同様には売れなかったでしょう。iPhone は要素要素の技術力ではなく、組み合わせとマーケティングで大ヒットした製品なのです。

企業研究職は外から新技術を仕入れてくるのが仕事に

 もちろん、今の時代でもとてつもない新技術が出れば、それだけで大ヒットすることでしょう。ところがそういった新技術が生まれるチャンスは減少しています。また、新技術が生まれるとしても、それは日本のメーカーのような大企業の研究所ではなく、大学の研究室やベンチャーであることが多くなっています。

 例えばわかりやすいのは自動運転技術などです。自動運転に必要なAIなどの新技術は、自動車メーカーの研究所には少なく、十分にノウハウもありません。外から仕入れてくるしかありません。また、例えば製薬企業が治療用のアプリなんかを開発しようと思ったら、自分たちではできないので他の業界の企業と組む必要があります。

 そこでメーカーの研究者の人たちは、大学やベンチャーと共同研究をすることが多くなっているのが現状です。共同研究といえば聞こえはいいですが、要は彼らの技術にお金を出して、自分たちが利用する権利を得るということです。大学やベンチャーは技術はあるがお金がなく、大企業はお金があるが技術はないので、ウィンウィンの関係だと言えます。

 これはこれで面白いのですが、メーカーの研究者の仕事が、皆がイメージするような「白衣や作業着を着て実験」から徐々に離れていき、投資判断とプロジェクトマネジメントが主な業務になってきているのです。

 実際、勉三がメーカー研究職をしていた頃、実験しているのは業務時間の5%もなかったと思います。殆どはパソコンでメールの対応をしたり、PowerPoint で提案資料を作ったり、Excel で数値を分析したりしていました。これってコンサルと非常に近いんですね。なので、研究職からコンサルに転職してもそれほどギャップは感じませんでした。

大企業はサイロ化が進んでおり、その中の1研究者ができることは小さい

 もう1つ問題は今の大企業は、部署ごとにそれぞれ別会社ともいえるぐらいに分断が進んでいるということです。このような状態を英語でサイロと言います。研究部門と営業部門とが一緒にプロジェクトを進めるだけでも困難ですし、研究部門の中でも異なる部署と一緒に仕事をする時は、いちいち上の許可を取らなければいけません。

 アジャイル開発という言葉が世に出てかなりの年数が経ちますが、今の時代は個別の部門が別々に仕事をしていてはヒット製品を生み出すのは非常に難しいです。研究、設計、開発、生産、営業、マーケティングなどが一緒になり、早めにプロトタイプを作り、市場性やお客さんの反応なども見ながら徐々に改良して最終製品を作っていくというのが、特にIT業界などでは当たり前になっています。

 ところがこのアジャイルアプローチを日本の昔ながらの大企業でやろうとするとまず失敗します。皆がそれぞれの所属部門の立場で働き、その立場で考えているので、全体最適が取れないんですね。

 また、他の部門を動かそうと思ったら、それだけで上に話を通さないといけないので提案や調整に多大なエネルギーを取られることになります。今の企業研究職はこの提案と調整に多くの時間を割いています。これでは「組み合わせ」が大事な時代にヒット製品は生み出せません。

コンサルやベンチャーキャピタリストの方が、研究職よりインパクトのあることができる

 そうして考えると、理系だからといって研究職や開発職などの技術職に進むことが果たして正解なのか難しいところです。もし本気で研究したいのであれば大学に残るという選択肢はあります。ただし、お世辞にも高学歴に見合う待遇とは言えませんし、大学の研究者も予算獲得で常に誰かの顔色を伺いながらの仕事であり、昔の大学の研究者とはだいぶイメージが異なるのは同じことです。

 もし、あなたが「大学に残って薄給で研究するほどの気持ちはないが、せっかく理系に進んだのだし、何か専門知識や論理的思考力を生かして、新製品やサービスを生み出すのに貢献したい」と考えているのであれば、勉三としてはコンサル、ベンチャーキャピタル、投資銀行などをお勧めします。

 理由は上でも少し述べましたが、今の企業研究職は、投資判断とプロジェクトマネジメントが主な仕事になってきています。であれば、コンサル、ベンチャーキャピタル、投資銀行などと本質的に仕事が違うわけではありません。

 それでいて企業の中から研究者としての立場で仕事をするより、外からの立場の方が大きなインパクトを生み出せるということは珍しくありません。

研究職よりコンサルの方が技術で価値を生み出せることも

 例えば、あなたがあるメーカーの研究職で、人工知能や機械学習の勉強をしたので、これを用いて新しい研究プロジェクトを立ち上げたいとしましょう。ところが、コンサルにはできて、研究職の立場だと逆にできないこともあるのです。例えば「社内の営業データを分析して、現場の営業員にアドバイスを出すシステムを作りたい!」と思ったとしましょう。これは研究職として実施するのはかなりハードルが高いです。

 なぜかというと、上でも述べたサイロ化と関係するのですが、営業からすれば「うちのデータで分析して、しかもダメ出しするなんて面白くない」わけです。それに「仮にやるにしても営業部門からも人をアサインしなければならない。タダでさえ忙しいんだからそんな余裕はない。もし有用だというならその根拠を示してくれ」と言われるのがオチでしょう。その根拠を示すためには「社内の営業データで分析」が必要になり堂々巡りです。

 ところが、あなたがもしコンサルという立場であれば、別にその会社の研究部門の仕事をしたって、営業部門の仕事をしたって、どちらもできますし可能性があるわけです。もっと言えば、その会社だけではなく、他の会社に対しても同じことができます。「営業データを機械学習で分析して、レコメンドを出す」なんてシステムは、業界や会社を問わずどこも興味があるはずです。

 このように、企業研究職より、コンサルとして仕事をした方が、あなたの知識やスキルを活かせる場が多いということは珍しくありません。

ベンチャーキャピタル・投資銀行・コンサルは、理系を求めている

 そして何より、ベンチャーキャピタル・投資銀行・コンサルなどの業界は、理系の優秀な人材を強く求めています。なぜなら、これらの業界は全業界を相手にしたビジネスだからです。例えば、ベンチャーキャピタルがバイオテクノロジーのベンチャーに投資しようとした時、理系の医学や生物系のバックグラウンドの知識が必要ということは容易に想像できるでしょう。

 ところが、日本の理系は技術職に就くことだけを考えている人が多く、これらの業界には見向きもしない人が多いのは残念なことです。特に博士になると企業研究職かアカポスかだけの二択で考えている人が多く、とてつもなく視野が狭くなっているのではと危惧しています。

 もちろん理系人材が求められているのは、これらの業界だけではありません。マスコミ(テレビ局、新聞社、出版社)などでも理系は活躍できるでしょう。日本のマスコミは技術がわかる人が少なく、テレビや新聞での理系関連の報道が非常に弱いのは大きな問題です。間違っていることすら結構ありますから。

 以前、医学部を卒業してテレビ局に入局した人がいましたが、その時はネット上で「医師を育てるのにどれだけお金がかかると思っているんだ!」と非難する書き込みが見られました。なぜテレビ局に入ったら医師を育てるお金が無駄になるのでしょうか? 医師の仕事は臨床医だけと思っているのでしょうか? その人の世界観があまりに陳腐すぎて、頭の中を覗いてみたいぐらいです。

 アメリカでCNNなどによく出てて有名なサンジェイ・グプタという医師がいますが、彼などは医学関連の内容を噛み砕いて正しく報道することに貢献しています。今回のコロナ禍でも、医師がマスメディアから発信する必要性はますます高まっていると言えるでしょう。

最後に

 いかがでしたでしょうか。理系の方にはくれぐれも視野狭窄に陥ることなく、技術職以外の進路も視野に入れて就職先を考えていただきたいなと思っています。

 理系の考え方や知識などが活かせるのは、技術職だけではありませんし、研究職になるよりもコンサルやベンチャーキャピタリストになったほうが研究で社会に大きなことができるという可能性も珍しくはないのですから。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 03:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 理系
2020年07月29日

稼げる大人になりたいなら迷わず都心のタワマンに住むべき

あなたは稼げる大人になりたいか?

 今の日本では稼げる仕事と稼げない仕事の二極化が進んでいます。外資系の投資銀行や戦略コンサルのように毎年100万ずつは余裕で昇給し、20代でも年収1000万はおろか2000万も目指せる業界もあれば、何年やっても年収300万で殆ど上がらない仕事もあります。

 今回は、前者の「稼げる大人」あるいはそれを目指す方向けの記事です。概ね30代前半で年収1000万、40歳までに年収1500万を目指せる職業の話だと思ってください。具体的にいうと、外資系の投資銀行や戦略系コンサルティングファーム、外資系の大手IT企業、総合商社、マスコミ(キー局や大手新聞社)、大手の証券会社や保険会社、医師や弁護士などの最難関国家資格、トップクラスの芸能人やスポーツ選手、起業家などです。

 これらの職業の人は、人生の比重の多くを仕事に置いているのが特徴です。そういう意味ではプロフェッショナルと言い換えてもいいかもしれません。

 勉三の持論ですが、これらのプロフェッショナルな方々は、若いうちに都心のタワーマンションに住むことをお勧めします。

なぜ都心のタワマンなのか?

 ではなぜ「都心のタワマン」なのでしょうか。その理由を以下に述べていきます。

コンシェルジュサービスが充実している

 多くのタワマンではコンシェルジュデスクがあります。そのサービス内容は物件によって様々ですが、タクシーやハイヤーの手配、宅急便の送付、クリーニング、設備の不具合への対応などが主な所だと思います。

 意外と大きいのは不具合への対応です。給湯器が故障したとか、一人暮らしや共働きだと結構困るんですよね。修理に来てもらうにしても、平日の日中に電話してアポイントを取って来てもらわないといけませんし。仕事をしているとなかなか大変です。

 コンシェルジュデスクがあれば電話一本で数分でかけつけてくれます。すぐに不具合が解決することもありますし、そうでなければメーカーに来てもらわなければいけないのは当然ですが、自分だけで対処しなければならないことを考えると非常にスムーズに進みます。

 仕事に重きをおくプロフェッショナルだからこそ、できるだけ楽できる部分は楽をするべきです。

家事代行や清掃サービスなどが割引で受けられる

 これも物件によりますが、多くのタワマンは財閥系などの大手不動産が開発及び運営していることもあり、普通の賃貸マンションでは受けられない様々なサービスが割安で享受できます。

 一番助かるのが家事代行や清掃などのサービスですね。もちろん日々の掃除は自分ですればいいのですが、月1〜2回のお風呂や排水溝の掃除、年1回のエアコンやベランダの清掃などは、数年に1回の水回りのリフレッシュ清掃などは、自分たちでするよりプロに任せた方が楽だし遥かに仕上がりもいいです。

 ですが、これらのサービスを外部に頼むと結構高いんですよね。住居をケチってもこういった所で高くついていては本末転倒というやつです。タワマンは少々お高いですがその後かかる費用はむしろ安くなったりします。

設備が最先端

 多くのタマワンに標準装備されている便利な設備として、ディスポーザー、食器自動洗浄機、床暖房などがあります。

 ディスポーザーは知らない人もいるかと思いますが、キッチンのシンクの排水溝の部分がディスポーザーと呼ばれる構造になっており、そこに生ゴミなどを捨てると破砕して自動で処理してくれるという装置です。破砕されたゴミはそのまま自動で排出されるので、生ゴミを処理する必要がないのです。

 食器自動洗浄機は一般家庭でも普及しているのでご存知かと思いますが、これは本当に神アイテムです。洗い物を洗浄機にセットすればあとは自動で洗浄して乾燥までしてくれるのですから。洗い物の手間が減ることによるメリットは、単に家事が楽になるというだけではありません。後片付けを考えなくていいので料理が気楽にできるようになり、自炊の頻度が確実に増えます。つまり健康にもいいということです。

 忙しいプロフェッショナルは自炊をする時間がなく、外食に頼りがちですが、健康のことを考えると可能な範囲で自炊をした方がいいのは当然です。健康でありさえすればいくらでも稼げるのですから、多少高いお金を払ってでもディスポーザーや食器自動洗浄機のあるタワマンに住むメリットはあるでしょう。

 床暖房は冬場はかなり重宝する設備で、エアコンを入れなくていいぐらいになります。もともとタワマンは機密性が高く冬場もそこまで寒くはならないので、電気代やガス代も節約できるのもメリットと言えるでしょう。

 これらの設備はもちろんタワマンにしかないという訳ではないですが、賃貸で住めるようなところで全て揃っているのは稀なのではないでしょうか。できるだけ賃貸で人生のモビリティを確保しておきたいプロフェッショナルにとっては、設備の整った施設を求めると賃貸向けに作られた設備の弱いマンションではなく、タワマンなどの設備の整った分譲向けに作られたマンションがお勧めです。

マンションに入った瞬間から涼しい

 夏場にタワマンに住んでていいなと思ったのは、マンションの建物に入った瞬間からクーラーが効いてて涼しいということです。

 これって些細なことに思えるかもしれませんが結構重要です。勉三が以前住んでいた賃貸マンションはオートロックを抜けてから、エレベーターに乗り、自室に入るまでの間が全く空調が効いていなかったので、そこで汗ダクダクになっていました。歩いてる時より止まってる間の方が汗って出るんですよね。。

景色が素晴らしい

 やはりタワマンの魅力は高層からの絶景でしょう。「景色は数日もすれば飽きる」と言う人もいますが、それは間違いです。というかタワマンに住んだこともない人がそんなことをいっても説得力がないでしょう。

 景色は何度見ても飽きません。高層ビルで働いている人はオフィスから毎日見える景色に飽きるでしょうか? 見晴らしのいい景色というのは何度見ても飽きないものです。

 そして景色そのものより重要なのは、都心を眼下に見下ろして優越感を感じ、今の境遇に感謝するとともに、より上を目指そうと思えるようになるというマインド面です。稼げるか稼げないかというのはつまるところ、最終的には向上心の問題になってくるので、プロフェッショナルであれば向上心を常に保たせてくれる場所に住むべきです。

共用施設が充実している

 タワマンによってはジムやコワーキングスペース(平たく言うと自習室)などが設置されており、住民は無料で利用することができます。

 特にジムはマンションの中にあるのとないのとでは大違いです。仕事に帰ってからまた外に行くってのは面倒ですし。勉三はこれまでジムに通ってもすぐ面倒で行かなくなっていたのですが、ジム付きのマンションに住んでからはずっと通い続けています(今はコロナ対策で一時的に閉鎖されてしまって残念ですが)。

 コワーキングスペースは単純に執務場所を変えられるので気分転換になるばかりではなく、自室の空間を最大限利用できるということを意味します。例えば、コワーキングスペースだけで仕事をするのであれば、部屋に作業用の机を置く必要がなくなります。

 そこまで行かなくても、配偶者がウェブ会議の時は、自分はコワーキングスペースに移動するなど、柔軟に対応することができます。コワーキングスペースの面積が部屋の面積にプラスされたかのように使うことができるのでお得です。

セキュリティがしっかりしている

 タワマンが他のマンションと格段に違う点はセキュリティです。勉三の住んでいるタワマンだと、まず建物に入るのに鍵が必要で、次にエレベータホールに行くのに鍵が必要です。エレベーターに乗ってからも鍵が必要で、自分の住んでいる階にしか行くことができません。そして当然、自室のドアにも鍵があります。なんと4重のセキュリティ!

 「鍵」と書きましたが、タワマンの鍵は非接触型のチップが埋め込まれており、自室のドア以外はポケットやバッグに入れたままでも自動で開きます。ですのでセキュリティが多いからといって手間にはなりません。

 高級の一戸建てや低層マンションという選択肢も魅力的ではありますが、セキュリティを考えるならタワマンがいいと思います。一戸建ては見た目が高級だとまず空き巣に入られますから。勉三の知り合いにも田園調布や芦屋で一戸建てに住んでいる人がいますが、やはり空き巣に入られて、警備会社や監視カメラの設置などに追加出費が必要なようでした。仕事に重きをおくプロフェッショナルはそんなことに時間を費やしたくないものです。

どこへ行くのもタクシーで安く早く行ける

 ここまではタワマンの魅力についてでしたが、それに加えて「なぜ都心なのか」という部分についてです。これは主な移動手段を電車からタクシーにできるということが大きいです。

 都心の千代田区・港区・中央区やその近辺に住んでいれば、都内の主要スポットにはだいたいタクシーで2000円〜3000円以内程度で行くことができるようになります。また、ドアツードアで済むため、移動時間も短くなって、生活にもゆとりができます。

 生活が電車中心からタクシー中心になると、目に見える世界が一変します。ちょっとランチでミシュラン星付きのフレンチでも食べに行こうか、というのも気軽にできるようになります。ミシュランガイドに載るようなレベルの高い店舗は多くが都心に集中しており、千代田区・港区・中央区なんかに住んでいればだいたいの店には10〜15分程度で行けますからね。

最後に

 いかがでしたでしょうか。確かに都心のタワマンは安くはなく、賃貸であれば1LDKで20〜30万円台、2LDKであれば40万を超えるかとは思います。しかし、そこで勿体ないと感じる人はその先収入は伸びないと思います。

 プロフェッショナルで稼げるようになりたいのであれば、少し無理をしてでいいところに住む。そしてもっといい所に住めるように仕事を頑張るというのが、正しい道だと思います。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル