スポンサーリンク


FaceSearch

MoneyScript

2020年10月11日

仕事で使える英語表現(21):defer to (〜に任せる、従う、委ねる)

defer to (〜に任せる、従う、委ねる)

 ども勉三です。「仕事で使える英語表現」の第21回目。今回は defer to という句動詞を取りあげます。

 defer という動詞は、辞書を引くと put off や delay と書かれていて、「延期する」「遅らせる」といった意味があります。しかし、defer to という表現になると「〜に任せる」「〜に従う」「〜に委ねる」といった少々違う意味になります。

 例文を見てみましょう。

Eric: Thank you for the update. So, you mean we should revise the contract, right?

エリック: 報告ありがとう。で、契約書を修正したほうがいいということかね?


Rob: That's my suggestion. But I'd like to defer to advice from Legal division, given the complexity of the scheme.

ロブ: あくまで私からの提案という位置付けです。スキームの複雑さを考えると、法務部からのアドバイスに従うのが良いかと思われます。

 若干意訳気味ですが、ここでは最終決定を法務部に委ねており、それを表現するために defer to が用いられています。「〜に任せる」という表現は他にも、leave it (up) to somebody や it's one's call などがあり、日常会話ではそちらの方がよく使われますが、使い方によっては「彼らが決めることだ」的な若干受身的なニュアンスが出てしまう可能性もあります。

 defer to はもう少し高級でかしこまった表現で、丁寧さも加わるのでよりビジネスシーン向きです。

 もう1つ例文を見てみましょう。

That's my understanding of the situation. I will defer to John's comments as well.

以上が私の理解になりますが、ジョンさんからのコメントもお伺いしたいです。

 ここでは、defer to one's comments という言い方で、ジョンさんからのコメントに任せる、すなわちコメントをお願いしますということをやや婉曲的に表現しています。こういった場面は英語で会議などをしているとよくありますが、表現になれていないと自分がコメントを求められていることに気づかないという事態にもなりかねませんので、覚えておいた方がいいでしょう。

最後に

 いかがでしたでしょうか。今回の表現は少し難しいですが、英語でビジネスをしているとたまに見かける表現です。使いこなせるようになるとぐっとビジネス英語の洗練度が上がるので、覚えておくことをおすすめします。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188014321
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック