スポンサーリンク


FaceSearch

MoneyScript

2020年10月09日

仕事で使える英語表現(20):Never mind / NVM (やっぱりナシで)

Never mind / NVM (やっぱりナシで)

 ども勉三です。「仕事で使える英語表現」の第20回目。今回は Never mind について取りあげます。

 日常会話でも仕事でも、何かを人に頼んでから、「あ、やっぱりナシで」「さっき頼んだけど忘れて」というシチュエーションって結構ありますよね。そんな時に覚えておくと1語で便利な表現が Never mind です。

 例文を見てみましょう。

Tom: Hi, Jack. Can you prepare a deck for the meeting tomorrow?

トム: やあジャック。明日の会議に向けて資料作成をお願いしていいかい?


Jack: Sure. Can you give me more specifics for what it should look like?

ジャック: 構わないよ。どんな感じの資料がいいかもう少し詳しく教えてくれないか?


Tom: Oh, never mind. I asked Lisa to do that. I forgot it. Thank you anyway.

トム: あ、やっぱりいいや。もうリサに頼んであったんだ。忘れてたよ。でもありがとう。

 こういった場面は多いのではないでしょうか? Never mind 以外にもいくつかポイントとなる表現が登場しているので解説しておきたいと思います。

deck はここでは PowerPoint のファイルのように、複数のスライドから構成されるプレゼンテーション用の資料のことを指して使われています。カードゲームやトランプのデッキという言葉がありますが、あれと同じことですね。カードやスライドが束になったものを指します。もちろん、presentation materials などと発表資料を直訳して表現しても構いません。いずれもよく使われる表現になります。

 最後に Thank you, anyway という表現が出てきていますが、これも定番表現なので覚えておきましょう。もちろん、Thank you という表現は誰でもご存知だと思いますが、それに anyway をつけると特別な表現になることは意外と知らない人も多いと思います。Thank you, anyway で 「(本来想定していた結果と違うけど)とにかくありがとう」という意味になります。

 なお、Never mind は NVM あるいは nvm のように略して書かれることもあります。親しい人とのメールやチャットではよく使われる表現です。これも初めて目にするとまず理解できませんので、覚えておきましょう。

最後に

 いかがでしたでしょうか? この never mind を知らなくても同じことを伝えることはできると思いますが、やはり定番表現というのは一発で誤解なく伝わるので便利なものです。例えば thank you という定番表現を知らないと相手に感謝を伝えるのはぐっと難しくなるでしょう。それと同じことです。

 定番表現は知っているか知っていないかだけの違いですが、他者から見た英語力は大きく変わるので、よく使うものは少しずつ覚えていきましょう。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188008111
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック