スポンサーリンク


FaceSearch

MoneyScript

2020年07月29日

仕事にも遊びにも両方使える Airpods Pro が完成度高すぎてヤバイ!

Airpod Pro の完成度の高さにびっくり

 ども勉三です。遅ればせながら Apple の Airpods Pro を購入したのですが、あまりの完成度の高さに驚いています。特にコロナ禍でリモートワークやオンライン授業が増えた今、持っていない人にはおすすめのアイテムです。

先代 Airpods 及び Airpods2 と比べて進化した点

 勉三は先代の Airpods も持っていたのですが、その唯一の不満点はノイズキャンセリング機能がないことでした。だだっ広いアメリカの西海岸なんかとは違って、日本は通勤通学の途中に電車や繁華街を歩きながら音楽や配信を聞かれている方が多いと思うので、基本周囲の騒音がうるさい環境で使うわけです。なのでノイズキャンセリング機能は快適性の面から非常に重要です。

 ちなみに、ノイズキャンセリングのイヤホンを使ったことがない人に説明しておきますと、混雑した駅での騒音が、日曜日のしーんとした体育館の中にいるぐらいに静かになります。勉三は飛行機の移動中などにも活用しています。耳栓なんかよりよっぽど騒音が消えますから。

 ノイズキャンセリングがなくても、比較的アップテンポで音量が大きめの曲などを聞くにはなんとかなるのですが、静かな曲(クラシックなどに多いダイナミックレンジの広い曲)だとノイズキャンセリングがないと外で聞くのはかなり厳しいです。クラシックのピアニッシモの部分など駅や繁華街だと殆ど聞こえません。

 また、コンサルに多いのですが、歩きながらとかタクシー乗りながらウェブ会議に参加するパターン。こういった時もノイズキャンセリングがないと発言を聞き漏らすリスクがあります。

 そんな唯一の不満だった点が、今回の Airpods Pro ではノイズキャンセリングが搭載され解消されています。それだけで即買いなのですが、買ってみてさらに満足した点を次に述べます。

ワンタッチで停止/再生だけでなく、ノイズキャンセリングと外部音取り込みを切替可能

 Airpods の優秀なところにイヤホンを指で押さえることで、停止または再生が可能という点があります。ただ、先代はやや使いづらく、触った際に意図しない操作をしがちだったので機能をオフにしていたのですが、新型 Airpods Pro では意図して操作しないと停止または再生ができないようになっているので、非常に快適です。

 そしてこれが最も特筆すべき点なのですが、Airpods Pro には「ノイズキャンセリング・オン」と「ノイズキャンセリング・オフ」の2つのモードに加えて「外部音取り込み」というモードがあるのです。これは、イヤホンをしているのに、イヤホンをしていないかのように(全くしていないのと完全に同等ではないですが非常に近いです)外の音がそのまま聞こえるモードということです。

 何のためにそんなモードがあるのかというと、通常イヤホンをしていて歩いていて、コンビニに立ち寄って買い物をする時とか、音楽を停止するだけでなく(聞こえづらいので)イヤホンも外しますよね? Airpods であれば音楽を停止し、外部音取り込みモードに切り替えれば、このようなシーンでもイヤホンを外す必要がなくなるのです。

 そして、Airpods Pro ならこの停止や切替もスマホなどを介することなく、指1本で実行できます。停止(再生)については上でも書きましたが、イヤホンのくびれた部分にさりげなく目立たない形でボタンがあり(触れば分かるようになっています)、デフォルトではそれを1回押せば停止と再生が切り替わります。このボタンを長押しすれば、デフォルトではノイズキャンセリング・オンから外部音取り込みモードへと切り替わるようになっています。歩きながらスマホなどを触ることなく、片手の操作で行えますので非常に楽です。

Airpods Pro はリモートワークの必需品

 この Airpods Pro ですが、現在のリモートワークやオンライン授業の需要の高まりを受け、ますます便利なアイテムになっています。

 例えば、ネットでウェブ会議をしたりオンライン授業を聞く時、イヤホンをつけるか、もしくはイヤホンを外して音を聞きますよね。イヤホンをつけているとコードが邪魔で、パソコンから離れることができませんし、ソファで横になって聞くことなども不便です。イヤホンを外すのは一人暮らしならいいですが、家族がいると迷惑がられるでしょう。

 そこで Airpods Pro の出番です。これがあれば家事をしながらでも寝ながらでもウェブ会議やオンライン授業に参加できます。また、マイクロフォン内臓のイヤホンなので、発言する時も他のデバイスは必要がなく、そのままできます。

最後に

 いかがでしたでしょうか。企業によってはリモートワーク支援のために給料が上乗せになったり、あるいはリモートワークに使うためのデバイスなどを実費請求できるところもあると聞きます。そういった場合にまず Airpods Pro を購入されることをお勧めします。非常に便利ですよ。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 01:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187748269
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック