スポンサーリンク


FaceSearch

MoneyScript

2020年07月15日

努力は前倒しでしたほうが最終的にはコスパがいい

努力するなら若いうちにしろ! 年を取ってから努力すると損になる!?

 ども勉三です。テレビで芸能界を見ていて思うのは、大御所になるほど楽だなということです。無論、明石家さんまさんのように今でも誰よりも働いている人もいますが、ビートたけしさんやタモリさんはもはやお笑いというより文化人の枠におさまり、テレビに出ているだけでガンガンお金が入ってくる状態です。

 いずれにせよ共通するのは莫大な出演料です。そして何故彼らが莫大な出演料を貰えるかというと、そこには運もありますし実力もあるのですが、若い頃にそれだけ努力したからでしょう。

 では思考実験として、逆に「若い頃適当にやって、歳を取ってから努力する」という生き方を考えてみましょう。努力の総量は同じであっても、稼げる額も人生の楽しさも全く異なる結果になります。

 ここから言えることは、同じ努力するなら若いうちにしておいたほうがいいということです。長い目で見ればその方が楽ですし、それでいて得られる結果は遥かに大きくなります。「何を当たり前のことを」と思われるかもしれませんが、実はこの法則に反した人生を送っている方は多いのではないでしょうか?

若い頃に努力するほど後々の波及効果が大きい

 「同じ努力をするなら若いうちにしておいたほうが得」という現象をもう少し解き明かしてみましょう。例を挙げると、大学までの勉強が一番分かりやすいかと思います。

 勉強していい大学に入ると、その後の人生にずっと波及効果があります。何故なら、大学を卒業した後の就職先は出身の大学や学部によって大きな影響を受けるからです。途中で転職や独立などをするにしても、それ以前の自分の人生が影響した結果です。また、老後も現役期間中にどれだけ稼いだかで貯蓄額や年金額、住めるところなども決まってきます。従って、どの大学を出るかは、大学を卒業してから死ぬまでの少なくとも平均60〜70年程度は大なり小なり波及効果があると言えます。

 一方で40歳の時に何か資格を取ったとしましょう。これが波及効果を持つのは、その後の人生なので40〜50年程度と、出身大学に比べて効果の期間が短くなります。

 このように、人生の若い期間に努力して得たものほど、その後の人生で長期間役に立つという事が言えるのです。もちろん、社会人になってからする努力に意味がないとは言いません。しかしながら、社会人になってリストラされないように、あるいは少しの年収を上げるために、業務が終わってから忙しい合間を縫って自習している人たちが多いことを考えると、「もし高校生までに同じ努力をしていれば、そんな努力をしなくて済んだか、もしくはもっと楽にできていただろうに」と思うのを禁じえません。

「まったり薄給」は果たして本当に合理的な選択肢か?

 少し話は変わりますが、現在は若者の間では「激務高給」よりも「まったり薄給」が人気で、年収は人並かそれ以下でも構わないので、とにかく楽な仕事を選ぶ人が増えているそうです。

 実は勉三もこの気持ちはすごく分かるのです。なぜなら勉三も非常にナマケモノだからです。とにかく無駄な努力をするのが嫌いです。

 では何故勉三が外資系の戦略系コンサルなどという激務の代表格のような仕事をしているかというと、その方が長い目でみて楽だからではないかと思っているからです。

 例えば、戦略系コンサルであれば勤め人としてはかなり良いお給料を貰えるので、経済的な心配をすることが比較的少なくなります。また、基本的にコンサル業界はどこの会社でもやってることはそう変わらず、いったんスキルを身につけてしまえば、40代になっても転職は容易だというのがあります。一方で、内資大企業で40代の非管理職(係長とか)でリストラされると、年収を維持して転職することは困難になります。逆説的ですが流動性の高いコンサル業界の方が、仕事の心配をする必要がないのです。

 ここに挙げたことはほんの一例ですが、ポイントとしては、戦略コンサルという仕事をすることで悩まなくてよくなったり、あるいは悩みが小さくなるということがあるということです。一方で、まったり薄給の人は、本業の収入が安くて昇給も期待できないという人も多く、副業に手を出してみたり、新しい勉強をしたりする人も多いです。本業が楽な分、どこかで別の心配事ができ、努力をしなければならないのです。

 ですので、「まったり薄給」を選んでいる人は、楽な方を選んでいるかにみえて、実は長い目で見ると大変な選択肢を選んでしまっている可能性もあるのではないか、というのがここで勉三の言いたいことになります。もちろん、上はあくまで単純化したお話ですので、そうでないという人もいるとは思いますが、「本業の仕事が楽」なのと「人生が楽」なのは別ということは言えるかと思います。

最後に

 いかがでしたでしょうか。どうせ努力するなら最小限の努力で楽をしたいものですよね。その場合は努力を前倒しで若いうちにしておくのが良いというお話でした。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・キャリア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187697459
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック