スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2020年05月10日

古い時代と新しい時代のキャリア観

新しい時代のキャリア観

 ども勉三です。「The 100-Year Life: Living and Working in an Age of Longevity」「Gig Economy」など、新しい時代のキャリア観について書かれた著書はあり、世の中も実際にそれに近づきつつありますが、どうも日本はまだまだ動きが遅いようです。

 そこで今回はこれらの本で言われている、新しい時代のキャリア観を、古いものと対比させることでまとめてみました。これは勉三のような外資系コンサルなどで働く者にとっては当たり前の価値観なのですが、まだまだ日本人には若い人でさえ浸透しているとは言い難いものがあります。しかし確実に世の中はこの方向にシフトしています。

これまでのキャリア観 vs これからのキャリア観

                               
項目 これまで これから
特別な理由が無ければ... 同じ会社で働き続ける 転職してスキルや給与アップを狙う
住む場所や職務内容は... 会社の人事に従う 自ら意思を持ち決める
安定とは... 1つの会社で長く働き続けられること いつ会社をやめてもすぐに仕事が見つかること
大学とは... 社会人になってからは関係ない 社会人になってからも、MBAや博士号を目指す
大学を出て新卒就職した後は... 定年までずっと働き続ける 節目で数か月の休みを取ったり、大学院に進学して学びなおすこともある
40歳以上になったら... リストラにおびえながら会社にしがみつく 自ら会社を切る
50歳以上になったら... お荷物であることを自覚しつつも定年まで逃げ切ろうとする 会社に残してもらうのではなく、会社から残ってくださいと頼まれる人材になる
60歳以上になったら... 定年後は再雇用という形で年収大幅減 定年後も同等以上の年収で求められる存在になる
70歳以上になったら... 仕事はやめ貯蓄を切り崩しながら年金で暮らす 可能な限り収入を確保し生涯現役で暮らす

最後に

 いかがでしたでしょうか。こういったテーマにより興味ある人は冒頭でも紹介した書籍を読んでみることをお薦めします。下記に紹介しておきます。どちらも元は英語ですが、和訳版も出ています。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・キャリア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187475979
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック