スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2020年02月22日

クルーズ船の検疫の議論で見落とされている本質(1)

クルーズ船の検疫を本質から考えよう

クルーズ船の対応は正しかったのか?

 いやー、新型コロナウィルスの話で持ち切りですね。勉三は海外のニュース(CNNやBBC)も毎日見ているのですが、海外でもコロナウィルス関連ではクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の話題が連日トップで、中国のことだと思っていたら日本が悪い意味で一番注目されてしまっているというのが現状です。

 さて、このクルーズ船の船上検疫については賛否両論があります。初めに勉三のスタンスを言っておきますが、初動対応としては良かったのではないかと思います。しかし、問題はその後です。船内感染の可能性が明らかになってきた段階で、少しずつでも陸上検疫に切り替えるべきだったのでしょう。

 それと心配なのが、みんなが目先の枝葉末節な議論に終始していて、本質を見失っているということです。今回はその辺りを何回かに分けて解説していきたいと思います。

検疫の目的って考えたことがありますか?

 まずそもそも検疫とは何のために行うのでしょうか? 根本的なことですがあまり議論されているのを見たことがありません。検疫は、人・動物・モノなどを域外から域内に搬入する際、一定期間隔離し、病原体を除去しクリーンな状態にすることで、域内への病原体の拡散を防ぐために行われます。

 つまり、検疫後は「あなたはウィルスに感染していませんよ」と胸をはって言える状態になっていなければならず、そういえないのであれば検疫の意味はないと言うことになります。

 ところが、クルーズ船の乗客下船のニュースに対して、Yahoo ニュースのコメントなどを見ていると「下船した人が公共交通機関を使って帰るのはやめて」だとか「下船後もしばらくは自宅待機してほしい」という書き込みが溢れていました。

 これは、船内感染の可能性を考えればもっともなのですが、同時に「検疫が目的を果たせていない」ということに他なりません。そう考えると、クルーズ船の対応は、検疫としては完全に失敗に終わったのです。そこに努力だとか頑張ったというプロセスは関係ありません。目的を達していないのですから失敗という単純明快な話です。

防疫を考える5つの要素

 勉三はコンサルをしているわけですが、まず何か問題なり課題なりがあったときは、その全体像を抜け漏れなく把握するところから始まります。それをせず、いきなり枝葉の議論から始めると、全体感が失われ、まさに木を見て森を見ずな議論になってしまいます。日本人は特にその傾向が強いと思います。

 防疫という問題に対しては、少なくとも「感染制御」「費用対効果」「人権」「科学的不確実性」「意思決定」の5つの枠組みを考慮して議論する必要があるかと思います。

 はじめに言い訳というか補足をしておきますが、上5つはMECEでもありませんし、網羅的でもありません。いわゆる初期仮説というやつです。初期仮説でもないよりマシです。もっといいフレームワークがないか皆さんでも考えてみてください。

感染制御

 第一の要素は「感染制御」。これは言うまでもありませんね。いかにウィルスの拡散を食い止め、感染やそれに伴う不可逆的ダメージ(死亡や後遺症)を最小化するかという観点です。

 これについては、今回のクルーズ船では乗り込んできた厚労省や関係機関の職員がマスクだけとか、あるいはマスクもしないで、各乗客の部屋に立ち入って検査を行ったなど、聞いているだけで大丈夫か?と思うようなこともありました。

 アメリカの映画やドラマが好きな方なら、テロリストがウィルスを撒いて、捜査官たちがハズマットスーツと呼ばれる全身を覆う極めて防疫能力の高い装備に身を包んで検査するといったシーンを見たことがあるでしょう。当然、今回のコロナウィルスでも中国やベトナムはそういった対応をしており、それが当たり前だと思っていましたが、どうやら日本はこういうところでも平和ボケしているようです。

 今一度、正しい科学的知識を身につけ、感染制御を見直す必要があるでしょう

費用対効果

 第二の要素は「費用対効果」。これは結構見落とされているというか、タブー扱いになっていて議論しにくい面もあるのかもしれませんが、そういうものこそ本質が潜んでいます。

 もし第一の要素の感染制御だけを重視するのであれば、経済活動をストップしてみんなで家に籠っていればいいわけです。しかし、いつまでも続けるというわけにはいきません。また、今回のコロナウィルスは感染してもそれほど重篤というわけではなく、死亡者もかなり高齢者に集中しています。一般インフルエンザと比べてどこまで危険なのかというのも難しいところです。

 そうして考えた時、果たして本当にそこまで神経質になる必要があるのか。難しい問題だと思います。1つの考えとして「ワクチンや治療薬が開発されるまでは半年〜1年以上かかる。それまで少しでも拡大を遅延させる」というものがあります。このように期間を区切るのであれば、コストの問題なども議論しやすくなるのではないでしょうか。

つづく

 いかがでしたでしょうか。次回はこの続きで残る三要素として「人権」「科学的不確実性」「意思決定」の3つについて解説していきます。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187188404
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック