スポンサーリンク


FaceSearch

MoneyScript

2020年02月16日

仕事で使える英語表現(17):heads-up(お知らせ)

heads-up(お知らせ)

 ども勉三です。「仕事で使える英語表現」の第17回目。今回は heads-up という単語について取り上げます。

ビジネスシーンでは辞書に載っている意味と少しニュアンスが違う

 heads-up という単語は、もともとは head up(頭を上げろ=注意しろ)という句動詞から来ており、辞書を見ると「注意」や warning といった単語で説明されていることが多いかと思います。

 しかし、現代のビジネスシーンではもう少し広い意味の「お知らせ」というニュアンスで使うことが多いです。用例を見てみましょう。

Just in case. The meeting is now scheduled at 5 pm.

念のためだけど、ミーティングは5時開始に変更されたよ。

Oh, I didn't know that! Thank you for the heads-up.

知らなかったよ!教えてくれてありがとう。

 heads-up はこのように相手から何かを教えてもらった時にお礼の中で使うことが多い単語です。ここでは注意や警告という日本語で捉えると、やや違和感があるのではないでしょうか? heads-up はこのように日常の変化する状況についての最新情報といった意味合いで使われることが多く、注意や警告というよりはお知らせにニュアンスが近いと思います。warning よりは notice に近いイメージです。

 もう1つ例を見てみましょう。

Just a heads-up for you. Please find attached the latest material. We are still working on it.

取り急ぎ連絡まで。最新版の資料を添付しています。現在最終化に向けて作業中です。

 ビジネスシーンで、こういったやり取りをすることは多いのではないでしょうか。こう言った時にも heads-up という単語はよく使われます。ここでは、「最終版ではないよ、あくまで未完成のものを進捗共有として送るよ」というニュアンスが含まれています。

最後に

 いかがでしたでしょうか? ビジネスシーンでは同僚との会話などで日常的に使う英語なのですが、勉三も最初は聞いたことが無く分かりませんでした。聞いてわかるだけでなく自分から使えるとぐっとネイティブっぽく聞こえる単語なのでおすすめです。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 14:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187166365
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック