スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2020年02月11日

仕事で使える英語表現(16):elaborate(補足する、説明する)

elaborate(補足する、説明する)

 ども勉三です。「仕事で使える英語表現」の第16回目。今回は elaborate という動詞について取り上げます。

ビジネスシーンでは割とよく使う表現

 elaborate という動詞、あまり日本人には馴染みがないのではと思います。ただ、ビジネスシーンではよく使われますし、自分で使えると便利な単語でもあります。例を見てみましょう。

I didn't fully understand the last slide. Could you elaborate on that?

最後のスライドがよく理解できなかったのですが、もう少し説明して頂くことはできますか?

 elaborate は「詳細について説明する」、すなわち「補足する」だとか「説明する」といった意味です。ここでは、プレゼンを聞いた側が分からないところがあり、相手に elaborate すること、つまり補足説明することを要求しています。このようなシーンは日本語でビジネスをしていてもよくあるのではないでしょうか?

 もう1つ例を見てみましょう。

Our analysis reveals that the aircraft industry will grow faster than average. I'll elaborate more on that later.

我々の分析では航空機業界は平均より速いペースで成長することが分かっています。この点につきましては、後ほど詳細を補足させて頂きます。

 ここでは自分から elaborate することを宣言しています。また、ポイントとしては先ほどと同様に on 〜 という表現が使われている点です。elaborate の後には on 〜 で「〜について補足する」といった使い方がされますので覚えておきましょう。

形容詞もある

 elaborate という単語は上で見たような動詞だけでなく形容詞でも使われます。この場合、「精巧に組み立てられた」といった意味になります。若干、動詞と意味が違いますので注意しましょう。

語源は labor と共通

 語源も見ておきましょう。Merriam Webster によれば、英語の elaborate はラテン語の elaborare(=(労働によって)生み出す、得る)に由来し、labor や laboratory と親戚関係にある単語のようです。

 働きかけて物事を生み出したり、さらにそこから発展して、詳しく説明するといった意味になったようです。頑張ってひと手間加えるといったイメージですね。

 また、形容詞の elaborate が「精巧に組み立てられた」という意味になっているのも、頑張って組み立てたというところか来ており、一見すると動詞と形容詞で意味が異なりますが、全く別物というわけではないのです。

最後に

 いかがでしたでしょうか? 大学受験など日本の学校教育を受けただけでは、あまり馴染みがない動詞だったかもしれませんが、ビジネスで英語を使っているとしばしば耳にする言葉です。explain や add などでも代用できますが、自分で使えるようになるとより英語表現の幅が広がり、それっぽく聞こえるでしょう。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 23:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187149127
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック