スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2020年01月18日

絶対知っておきたい時事英語(1):quid pro quo(交換条件)

quid pro quo(交換条件)

 ども勉三です。「仕事で使える英語表現」の姉妹講座として、今回から「絶対知っておきたい時事英語」を取り上げていきたいと思います。

 初回は去年は英語のニュースや新聞で何万回と使われたであろう quid pro quo という言葉です。今年もトランプ大統領の弾劾裁判(impeachment)がらみで多用されることは間違いないでしょう。知らない方はいまのうちに抑えておきましょう。

まずは用例から

 まずは用例から見て頂いたほうが分かりやすいと思います。

Ambassador Gordon Sondland declared to impeachment investigators Wednesday that President Donald Trump and his lawyer Rudy Giuliani explicitly sought a "quid pro quo" with Ukraine, leveraging an Oval Office visit for political investigations of Democrats. But he also came to believe the trade involved much more.

 Gordon Sondland 大使は水曜日、民主党の弾劾調査員がオーバルオフィス(ホワイトハウスの大統領執務室)を訪れた機会を利用し、調査員に対して、ドナルド・トランプと彼の弁護士である Rudy Giuliani がウクライナに対して明示的に交換条件を求めたことを証言した。しかし、彼は取り引きがそれだけに留まらなかったとも信じている。

原文引用:AP News

 背景を知らない方のために説明しておくと、問題となっているのは2019年、トランプ大統領がウクライナ大統領に対して、米国による軍事支援の見返りとして、(トランプ大統領の)政敵であるジョー・バイデン氏とその息子に対するウクライナでの活動について捜査を再開するように求めたという経緯です。

 もともとジョー・バイデン氏の次男が、ウクライナで天然ガス会社の取締役を務めており、この会社がウクライナ当局の捜査対象となっていたのですが、当時オバマ政権で副大統領であったジョー・バイデン氏がウクライナを訪れた際にウクライナの検事総長の解任を求め、実際に解任されて結果的に次男への捜査が打ち切られたと言う経緯があります。

 トランプ大統領はこの捜査を再開するように求めており、上記のような経緯もあり、それ自体が絶対に悪いことだとは言えないのですが、交換材料が軍事支援ということもあり大統領の職権乱用ではないかと問題になっているのが、今の米国の弾劾裁判の背景です。

 この「見返り」というのを表すために quid pro quo という言葉が連日のようにメディアで取り上げられており、ニュースや新聞などで目や耳にしたことのある方もいるかもしれません。

語源はラテン語

 この少々聞きなれない言葉。元々はラテン語で、英語に直訳すれば something for something という意味になるようです。

 それほど頻度は高くないですが、今回の弾劾裁判でしか使われない単語というわけでもなく、たまにアメリカの映画やドラマなどでも耳にすることがあります。

 訳として「見返り」や「対価」という日本語が充てられることも多く、それでも意味は通るのですが、それならば payback や reward などでもいいはずです。quid pro quo が使われるのは、こちらからの情報やアクションを提供する代わりに、それを交渉材料として相手から何かを引き出すというコンテキストで使われることが多いようです。今回の弾劾裁判はまさにぴったりのシチュエーションというわけですね。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187053338
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック