スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2020年01月17日

知人の結婚式は行くべき?行かないべき?

もし知人から結婚式に誘われたら…?

 「マコなり社長」という方が YouTube で「結婚式は行かなくていい」という動画をアップして、これがちょっとした論争を巻き起こしているようです。さて、みなさんは結婚式に誘われたら行きますか? 多分、(毎回乗り気というわけではなくても)行くという方が多いんじゃないでしょうか。

 ちなみに勉三のスタンスははっきりしています。挙式・披露宴であれば行きます。二次会は行きません。もちろん価値観は人それぞれなので強要はしませんが、このルールを皆さんにもお勧めします。理由を説明しましょう。

挙式・披露宴は貴重な枠を割いてまで呼んでくれたことに感謝

 一口に結婚式といっても、挙式・披露宴と、その後にある二次会というのは全く性格が異なるものだと思います。挙式・披露宴は、会場の制約があったり、あるいは誰は呼ぶべき呼ばないべきといった事情があります。友人全てを呼べるものではないと思います。席が限られているのです。

 そんな中、貴重な「枠」を割いてまで呼んでくれるのであれば、可能な限りその意には答えたいというのが勉三の考えです。挙式・披露宴はフォーマルな場ですから、社会人としてフォーマルなお誘いは無下に断るものではないという理由もあります。

 また、挙式・披露宴の招待客にはお車代と称して交通費が出るのが通常かと思います。わざわざ遠方にいる人を呼ぶ場合は、交通費は出して当然だと思っているので、これも挙式や披露宴には行く理由です。逆にいえばそういった費用が出ないなら行きません。

 「お祝儀が痛い」という意見もあるかもしれませんが、出てくる料理などもそれなりにグレードが高いものですし、そこは社交費として我慢するしかありません。

 なお、引き出物の類は基本的に速攻で捨てます。勉三は基本的に贈り物は邪魔なのですぐ捨てるタイプです。しょうもないものなら帰りの駅のごみ箱に捨てます。最近はカタログから選べるタイプのもありますが、大したものも選べないですしねえ。

二次会は全く出る意味なし!

 一方で、いわゆる結婚式の二次会というものは、勉三は基本お断りしています。二次会に呼ばれるというのは2つのパターンがあります。1つは、挙式や披露宴にも出て、二次会も呼ばれるというパターン。もう挙式や披露宴で相当な時間を費やし貴重な休日を潰しているのですから、それ以上は他人様を拘束すべきではないと思っています。

 「挙式や披露宴ではじっくり喋れないから二次会で」という人もいるかもしれませんが、それなら別の機会に食事に行けばいい話です。勉三の経験上、二次会でもじっくり喋れたことなんてありません。

 もう1つ、挙式や披露宴には呼ばずに、二次会だけ呼ぶパターン。これは最悪です。絶対に行きません。挙式や披露宴に呼ばないという時点で「あなたは正式な枠には入らなかった」という扱いなわけです。いや、それは別にいいのです。色々事情があるでしょうから。それなら二次会にも呼ばないで欲しいのです。

 二次会だけ呼ぶというのは「あなたは正式な枠ではないけど、私たちのために盛り上げてね」というスタンス。しかも、二次会は交通費も出ないことが多いですし、食事のグレードもぐんと下がる。恐らく、5000円〜10000円ぐらいの間ぐらいは会費を取るのではないかと思いますが、2000円ぐらいの価値の食事しか出てきません。

スタンスを持つことが大事

 土日に街を歩いていると、明らかに結婚式に行く途中、あるいは変える途中の人達に多く遭遇します。あれを見ると暇だなあと思ってしまいます。もちろん、親族であったり大の親友であったり恩師であったりと大事な人の結婚式であれば意義があると思います。

 しかし、そんなに親しくもない人の結婚式、それも唯の二次会という名前の「都合のいいイベント」に行くために貴重な時間を費やしているのは、あまりいいことだとは思いません。

 私の考えはマコなり社長とは異なりますが、常識にとらわれて人付き合いで自分の時間を浪費すべきではないというのは同意です。大事なのはスタンスを持つことです。皆さんも、どういうときは誘いを受けるか、どういうときは断るか決めておくと良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライフスタイル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187048534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック