スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2019年12月22日

仕事で使える英語表現(15):recap(おさらいする、まとめる)

recap(おさらいする、まとめる)

 ども勉三です。「仕事で使える英語表現」の第15回目。今回は recap という動詞について取り上げます。

会議後にラップアップする時に超便利な表現

 仕事でミーティングの際に、そこまでの議論を振り返ってまとめることってよくありますよね。そんな時はこの表現を使えるとビシっと決まります。例を見てみましょう。

Let me recap what we've been discussing so far.

現時点までの議論を少しまとめさせてください。

 うーん、こんな表現が出て来ると本物のビジネス英語という感じがしますね。ネイティブは良く使う表現なのですが、日本人だと中々出てこないのではと思います。もちろん summarize や go over などの表現でも同じようなことは言えますし、それはそれで素晴らしいのですが、いつもいつも同じ表現だけではなく色々な表現を使えると格段に洗練された印象を与えるのでおすすめです。

変化形も覚えておこう

 会議後以外のシチュエーションも挙げておきます。前回の会議の続きを行う場合、以下のように前回話し合った事項をおさらいする際に使えます。

Hi, everyone. Let me start with a quick recap of the previous meeting.

こんにちは皆さん。まず最初に前回会議の簡単なおさらいから入りたいと思います。

 ここでは recap を動詞ではなく名詞として使っています。動詞で let me recap... と言うこともできますが、名詞と動詞を使い分けられると表現に幅がうまれます。quick と形容詞をつけているのもポイントですね。

最後に

 いかがでしたでしょうか? なかなか出てこない単語かもしれませんが、知っておくと便利な単語です。ちなみにこの単語、もともとは recapitulate / recapitulation という単語で、その短縮形として使われるようになったようです。短縮しないバージョンもたまに見かけますので一緒に覚えておきましょう。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186946599
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック