スポンサーリンク


FaceSearch

MoneyScript

2019年12月21日

忘年会シーズンに思う、ここが変だよ日本企業の飲み会!

日本企業の飲み会はおかしなことだらけ

 ども勉三です。すっかり忘年会シーズンですが、「忘年会、スルーしたいのは若者だけではない! 『同一飲食同一支払』を求める管理職の悲痛な叫び」といった記事が話題になったり、若者も年輩も忘年会は嫌だと思っている人が多いようです。だったら、そもそも実施しなければいいのにね(笑)

 勉三は内資のメーカーから、外資コンサルに転職してきたわけですが、飲み会1つとっても日本企業は旧態依然だなあと感じています。今回は、内資・外資両方を知っている勉三の眼からみた、日本企業の飲み会文化のおかしな点を洗い出していきたいと思います。

外資では忘年会は会社の費用、内資では自己負担

 もちろん業界や会社によって異なる部分もありますが、外資系でも忘年会に相当するものはあります。ただしだいぶイメージは違います。外資系では大抵 Year-end-party などと言われたりします。これは他国のオフィスでも実施されており、世界中で共通のものです。

 場所もいわゆる忘年会でイメージするような居酒屋ではありません。だいたいホテルのレストランやパーティー会場を貸し切って行われます。そしてここが内資から転職してきて一番驚いたのですが、その費用は全て会社が出してくれます。社員交流を深めるイベントなのだから会社がお金を出すのは当然というわけですね。ちなみに会場までの交通費なども全て至急されます。タクシーも可。

 かといって強制参加というわけでもありません。コンサル業界の場合だと強制参加にしてても、各自のプロジェクトの都合で忙しかったり出張だ何だで全員揃うわけがありませんので、用事があったり気乗りしなければ普通に断っても問題ありません。

 これと比べると、日本の会社の忘年会は遅れている感じがしませんか? 大抵の企業では社員が自己負担し、経費精算などもっての他だと思います。勉三のいたメーカーでは一応、親睦促進のための補助金が会社から支給されており、それを充当することもできましたが、年で数千円レベルと非常にケチで、しかもそれを申請するために、参加者、目的、金額などを書式に書いて提出する必要がありました。

そもそも外資では(強制的な)飲み会が少ない

 もちろん、外資でも気の合う仲間同士で一緒に食事や飲みに行ったりということはあります。その場合は自分たちでお金を払います。まあ、プロジェクトのメンバーで行く場合は、だいたいパートナー(役員)とかが払ってくれるのですが。

 ただ、部署単位で慣例的にやっていて、行かないと気まずくなるような類の飲み会はありません。全体でやるのも上で挙げた Year-end-party のようなものぐらいです。新年会、歓送迎会、暑気払い会などなど、内資では何かと理由をつけて実施される(意味のない)飲み会はありません。

外資は飲み会よりもランチの文化

 また、外資のカルチャーと言いますか、誰かと食事に行くのであれば、夜よりも昼の方を好む文化があります。日本人は仲良くなったらすぐに「飲みに行こう」ですが、外資では「一緒にランチ行こう」です。

 これにもいくつかメリットがあります。まず、お酒が飲めない人にとって優しいこと。終業後の貴重なプライベートの時間を潰さずにすむこと。そして、コスパが良い事です。

 勉三はお酒は大好きなのですが、糞まずい安居酒屋のコースメニューと、ビール以外に碌な酒が置いていない飲み放題プランは大嫌いです。そのために4000円だとか5000円を支払うのは馬鹿げています。

 同じ金額を払うのであればランチの方が絶対にいいです。結構よさげなフレンチやイタリアンでもランチタイムであれば3000円程度あれば十分に楽しむことができます。貴重なお金をコスパの悪い居酒屋に投入し続けるのはやめましょう。

最後に

 いかがでしたでしょうか。飲み会という仕事に関係のない些細に思えることですが、働きやすさを決める重要なファクターになっているのではないかなと思います。とにかく内資の会社は飲み会に関しても改革を進める必要があるのではないかと思っています。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・キャリア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186943433
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック