スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2019年12月07日

「10年後、君に仕事はあるのか?」に学ぶキャリア戦術

親世代の人生モデルが通用しない新時代を、新しいキャリア戦術で賢く生き抜け

 ども勉三です。今回は「10年後、君に仕事はあるのか?」(藤原 和博 著、ダイアモンド社)についてのレビューです。

 著者の藤原氏はリクルートから中学校校長に転身した異色の経歴の持ち主。講演、セミナーなども多数開催されており、記事やコラムにも多数寄稿されているのでご存知の方も多いかもしれません。

 この本もタイトルから分かるように、主にこれから大人になる高校生〜大学生ぐらいをターゲットに語りかけるという形で書かれていますが、既に社会人になってしまった(勉三含む)おじさん、おばさんでも十分にためになる内容になっています。

これからの時代は今までの人生モデルが通用しない

 まず初めに、「君たちが社会人になる2020年代の半ばには、多くの親が体験した『標準的な人生モデル』は追及できないということ」と、これまでとこれからの違いを説いています。

 君たちは親と違う人生を歩むというけれど、どこが決定的に違うのか?

 大きく3点あります。ものすごく大きな違いがね。

 1つめは、君たちが社会人になる2020年代の半ばには、多くの親が体験した「標準的な人生モデル」は追及できないということ。

 会社では正社員になれないかもしれないし、大手企業に入社したとしても一生そこで働くのは珍しくなるでしょう。新卒の一括採用が残っているかどうかさえ怪しい。結婚して子育てし、マイホームを持つかどうかもわかりませんよね。だから、親の人生モデルを前提として君たちに説教しても通じない。

 このあたり、有名なリンダ・グラットンの「ライフシフト」とも通じる内容なのですが、本書ではより日本人に分かりやすいように世代ごとの人生モデルを、明治時代を生きた世代の「坂の上の雲型」、昭和・平成を生きる世代の「富士山型一山主義」、そして君たちの世代として「八ヶ岳型連峰主義」と名付けて3タイプに分類しています。

 つまり、これまでのように大学を出たら、定年まで同じ会社で働き続け、引退して余生を過ごすという生き方は、人生100年時代には難しくなるし、現実的でもないということです。このパラダイムシフトをどう乗り越えるかが本書のテーマです。

情報処理力と情報編集力

 著者はこれから必要になる力として、これまでの「情報処理力」ではなく「情報編集力」が大事になると説いています。若干言葉の使い方が独特なので分かりにくいかもしれませんが、要は情報処理力というのは正解の分かっている問いを素早く解くスキルであり、情報編集力というのは正解の決まっていない問いをいかに解くかのスキルと理解すればよいと思います。以下に同書から引用させて頂きます。

 情報処理力とは、狭い意味の「基礎学力」のことです。

 計算の方法や漢字の書き取りなど、たくさんのことを覚え、それを思い出せるかどうか。記憶力の勝負になりますね。また、一見複雑な問題でも、それを読み解いて、なるべく早く、正確に「正解」を導けるかどうか。チャッチャと1人で、早く正確に処理できる力だから情報処理力と呼んでいます。

 通常、これは学校の勉強や塾のトレーニングで鍛えられます。中学でも、高校でも、大学でも、受験を経ることで情報処理力は飛躍的に上がることがありますが、試験が終わるととたんに落ちてしまうという特性もあります。

 一方、情報編集力は、正解がないか、正解が1つではない問題を解決する力です。広い意味の「学力」に含めてもいいのですが、正解を早く正確に当てる情報処理力と対比するために、右側に置きました(筆注:同書掲載の図上での話)。

 同書が説く「情報編集力」はまさに現代の知的労働者の必須スキルとも言うべきものです。これは勉三の持論になりますが、社会における仕事には2つあると思っています。1つは既存の業務を定められたプロセスに従って回す「ルーチン」。もう1つはこれまで行っていなかったことを新たに行う「開拓」です。

 そして、いわゆる上位の難関大を出て大企業や官公庁に就職する人は、その多くが企業の中でも開拓の仕事に就くと思います。これは例えば、研究開発、新規事業立ち上げ、新規販売チャネル確立、M&A、戦略的提携などを含みます。これらの非ルーチン的な仕事では正解がないため、同書でいうところの情報編集力が問われることになります。

 一方でルーチン的な仕事はどんどん外注化や海外移転でコスト削減を図っていく方向に働きますから、情報処理力だけでルーチンワークを行うだけでは今後食べていくことができなくなります。

キャリアの掛け算で100万分の1の存在に

 もう1つ、著者が本書を含め色々な場で提唱しているのが「キャリアの掛け算」です。勉三も本ブログで過去に「スキルは掛け算で考えろ!おすすめは英語とプログラミング!」として取り上げています。

 これは1つの強みだけでトップの人材になるのは大変なので、複数の強みを掛け合わせて合わせ技でレア人材になろうという考えです。本書の説明を引用したいと思います。

 では、どうやって自分自身を稀少性のあるレアな存在に持っていくか?

 これも、はじめに結論を言います。

 3つのキャリアを5年から10年ずつ経験して、その掛け算で希少性を獲得し、100万人に1人の存在になりましょう。

 100万人に1人はオリンピックのメダリスト級のレアさだし、同世代でたった1人の存在になれるから、「雇われる力」が飛躍的に高まり、必ず稼げる大人になれます。

 まず、ある分野で集中して仕事をして、100人に1人の稀少性を確保しましょう。

 次に、違う分野で仕事をして100人に1人の稀少性を確保できれば、もう掛け算すれば1万人に1人の稀少性を確保できたことになります。

 大ざっぱなイメージとしては、20代で100人に1人に、30代でもう100人に1人を達成して、1万人に1人というペースです。

 ここまできたら、あと1つの分野で仕事をして100人に1人の稀少性を達成すれば、100分の1×100分の1×100分の1=100万分の1の希少性が実現します。

 これはもう、オリンピックのメダリスト級のレアさになります(実際、1人のアスリートが一般的には3大会に出場可能として、3大会のメダルの総数を全就業者数で割ってみると、その確率が100万分の1近くになります)。

 この点、まさに勉三はこのキャリアの掛け算を地で行っており、はじめに勤めたメーカーの「業界」という第一の軸、さらには「人工知能の研究者」という第二の軸、そしてその後転職した「戦略コンサル」という第三の軸を既に達成しており、おかげでこのうち2つないし3つの軸が交わる領域の仕事があれば、社内でもまず真っ先にお声がかかる状況になっています。

 勉三含めて日本人の心の奥底には「この道一筋何十年」というのに対する憧れがあり、どうしても多くの人は単線型のキャリアを追い求めてしまいがちなのですが、単線型で希少人材になるのは非常に難しいですし、その分野が下火になってしまうと一気にあおりを食らって稼ぎづらくなってしまいます。

 また、現在のイノベーションは iPhone などのように複数分野の掛け合わせで生まれることが多く、単線型の専門性を極限まで高める日本のこれまでのやり方は通用しづらくなってきています。ですので、これからの時代には複線型キャリアで、キャリアの掛け算をすることを強くお薦めします。

最後に

 いかがでしたでしょうか。いくつか書籍から引用させて頂きましたが、いずれも非常に平易な語り口で読みやすいということが分かって頂けたかと思います。おすすめの一冊ですので、今後どういう仕事に就くかや、どう人生を生きていけばいいか悩んでいる、全ての方々に推薦します。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186892473
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック