スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2019年11月27日

仕事で使える英語表現(13):update(進捗を報告・共有する)

update(進捗を報告・共有する)

 ども勉三です。「仕事で使える英語表現」の第13回目。今回は update について取り上げます。

今やカタカナ語としては誰でも知っているが…

 「アップデート」という言葉はもはや日本人にもお馴染みとなっており、「OSをアップデートする」だとか「ファイルがアップデートされていない」だとか日常でもビジネスでも多様される表現になっています。

 ところが英語で update という表現をうまく使えない人が多いようです。例えば以下のような例で update が使えます。

Please keep me updated.

また何かあったら教えて。

 ここでは、動詞の update を過去分詞の形で使っています。この update はソフトやファイルを更新するという意味ではなく、人をアップデートする、すなわち何らかの進捗を人に知らせるという意味です。

 この表現は英語のビジネスシーンでは非常によく使われる表現ですので、覚えておくと便利です。同様の表現に Keep me posted というのもあります。相手との話の最後に「じゃあね、また」感覚で使えます。海外ドラマの24なんかでは電話での会話の最後に頻繁に使われています。

 同じことを素直に表現しようと思うと、"Please report to me when there is anything new" などになりますが、Keep me updated の方が遥かに自然ですし簡潔です。

動詞だけでなく名詞としても使える

 上の例では動詞として update を使っていましたが、名詞としても使えます。

First, let me summarize the updates since the last week.

まず最初に、先週からの進捗について纏めさせて頂きます。

 上の例では、進捗報告会議などでのプレゼンを想定してください。日本人が仕事で「進捗」という時は、英語ではだいたい Update で訳せます。もちろん Progress などの方が適している場合もあるので、そこは文脈に応じて使い分けてください。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186854248
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック