スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2019年10月31日

転職エージェントが言う「転職時は一時的な年収ダウンも受け入れろ」の嘘

「転職時は一時的な年収ダウンも受け入れろ」は本当なのか?

 ども勉三です。ネット上で転職に関する様々な記事を読んでいると、「転職時は一時的な年収ダウンも受け入れろ」とかって論調をたまに見かけます。だいたい、こういうのって転職エージェントの方が書いた記事なんですよね(笑)

 今回はこの説の真偽を解き明かしていきたいと思います。

転職エージェントは転職が決まることでお金が儲かるビジネス

 まず大前提として、転職エージェントのビジネスは転職が決まることで収益が発生するビジネスということです。つまり、求職者の紹介先への入社が決定することにより、紹介先の企業からエージェントに紹介料が発生します。

 この時の紹介料は、契約内容にもよりますが求職者の初年度年収の20〜30%程度と言われます。従って、転職エージェントとしても求職者にできるだけ年収の高い企業に転職してもらった方が儲かるのは事実なのですが、そのようなハッピーなケースは必ずしも多くありません。もし手間をかけてアドバイスなりをしてきた求職者が転職しないことになったら、エージェントにとっては全く儲けにならず、徒労となってしまいます。従って、現実的にはエージェントという業界は、質より件数で稼ぐビジネスと言えるでしょう。

 そう考えると、転職エージェントが「一時的な年収ダウンを受け入れろ」と言うのは至極当然なのです。求職者が転職時に一番気にするのが年収であることは言うまでもありません。逆に言えば、年収など気にしなければ、世の中に職はいくらでもあり転職など苦労しませんから、エージェントにとっては非常においしい話なのです。

転職エージェントの持ち出す実例は怪しいと思ったほうがいい

 それと、転職エージェントの方の書いた記事でよく見かけるのが、「Aさんは年収に拘って転職活動してしまったため、転職活動が長引き、結果として最終的には年収が大幅ダウンしてしまいました。Bさんは提示された年収は2割ダウンでしたがこれを受け入れ転職し、入社後1年でマネージャーに昇進し元の年収以上になりました」といった「実例」の紹介。

 これって怪しいと思いませんか? いかにも説明のために作られた都合のいいストーリーという感じがしますよね。一部の転職エージェントの方はこういう作り話が好きなのですが、よく考えれば「なんでそこまでエージェントが知っているんだよ」とツッコミを入れたくなる記事が多いです。転職したことない人は騙されてしまうんでしょうかね。

勉三の見解

 とはいえ、「一時的な年収ダウンを受け入れる」ことが奏功するケースも勿論あるのは事実です。例えば、未経験業界への転職時など。事業会社からコンサルへの転職でも、転職先が戦略系コンサルなら年収が下がることはまずないと思いますが、総合系コンサル以下ならポジションによっては年収が下がるケースもあるでしょう。ただ、コンサル業界では順調に行けば毎年100万単位で年収が上がっていきますし、一時的な年収ダウンもアリかと思います。

 また、コンサルや金融などの給与水準の高い業界から、メーカーなどへ転職する場合。これも年収が下がってしまうケースが多いと思います。とはいえ、年収1500万の人が年収1200万になるとか、そういう次元の話ですし、引き換えに生活の質や安定を手に入れると考えて、文句を言う人はあまりいないでしょう。

 ただ、そういった明確な理由もなしに、ただ年収が低下がしてしまうような転職は、「慎重に考えて」というのが勉三からのアドバイスです。例としては、同業他社あるいは他業界でも同職種での転職などが挙げられます。

 何故かと言うと、年収というのはその人の仕事力を測る一種のバロメータにもなっており、年収が高いほど優秀と思われて転職が有利になるためというのが理由として1つあります。年収で見られるのはローンの審査や婚活の時だけでなく、転職活動でもそうなのです。

 また、もう1つの理由は、転職後の年収を前職の年収を基準に決める会社が多いということです。同じ仕事なのに、前職が800万なら800万で雇い、600万なら600万で雇うという具合です。実力主義の観点から言えばおかしなことですが、そもそも正確に実績や実力を判定することなどできませんから、最も客観的な指標はその人のその時点の年収以外にはありえないのです。

 ですので、年収を下げるというのは、単に収入が減るだけでなく、これらの目に見えない損失もあると考えてください。将来の転職でさらに不利になる可能性が高くなるのです。

最後に

 いかがでしたでしょうか。転職エージェントの記事を真に受けず、年収に関しては(拘り過ぎは良くないのは事実ですが)ある程度は拘ってください、というのが勉三のアドバイスです。

 なお、転職活動では年収は交渉でなんとかなる部分も大きいです。勿体ないなと思うのが、現職600万の人が「500万までならOKです」と自ら下げて希望年収を伝えてしまうケース。交渉が下手だなあと思ってしまいます。交渉というのは多少多めに伝えるものなのです。その辺のテクニックは過去の記事に詳しくまとめてありますので参考にしてください。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 03:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186745845
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック