スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2019年10月19日

仕事で使える英語表現(12):at the end of the day(結局は、最終的には)

at the end of the day(結局は、最終的には)

 ども勉三です。「仕事で使える英語表現」の第12回目。今回は at the end of the day というイディオムについて解説します。

文字通りの意味ではない

 この表現、知らないと「1日の終わりに」と文字通り解釈してしまいがちですが、実は finally や eventually などと同等の「結局は」「最終的には」という意味で使われることが多いのです。

 このように個別の単語の意味を知っていても、組み合わさることで特別な意味を持つ表現のことをイディオムと言います。

 ただし、「1日の終わりに」という文字通りの意味で使われることも無いわけではありません。そこが難しいところなのですが、文脈で判断するしかありません。

 例を見てみましょう。

We have to do it at the end of the day.

結局はやらなければならない。

 一見すると「今日中にやらなければならない」と解釈してしまうかもしれませんが、ここでは、そうではなく「最終的には」「結局は」という意味で at the end of the day が使われています。

 もし「今日中にやらなければならない」と言いたいなら "We have to do it today" だとか "We have to do it by the end of the day" などのような表現になるでしょう。

 では次の例はどうでしょうか?

Make sure to take this tablet at the end of the day.

この錠剤を1日の終わりに飲んでください

 ここでは文字通りの「1日の終わりに」という意味で使われています。このようにどちらの意味で使われているかは文脈で判断する必要がありますが、通常は意味から考えて迷うことは少ないと思います。大事なのは、at the end of the day にイディオマティックな意味もあるということを知っておくことだと思います。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186699557
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック