スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2019年10月14日

仕事で使える英語表現(11):remind(思い出させる、リマインドする)

remind(思い出させる、リマインドする)

 ども勉三です。「仕事で使える英語表現」の第11回目。今回は remind という動詞について解説します。

念のため確認したい時などに便利

 ビジネスでも日常会話でも、相手に何か念のため確認したい、あるいは確認してほしい場面は良く出てきます。まずは基本形から見ていきましょう。

If I forget to submit on Tuesday, please feel free to remind us.

もし私が火曜日に送るのを忘れていたら、お気軽にご連絡ください。

 さらに、remind は思い出させる対象を含めて remind A of B で「AにBのことを思い出させる」といった形でも使うことができます。以下の例文のように「あ、そういえば思い出したんだけど」と言いたい時に便利です。

Mike: Hi John, how's your weekend?

マイク「やあジョン、週末はどうだった?」


John: Hi Mike. Yeah. I went to a department store to buy a present for my kid on Saturday.

ジョン「やあマイク。土曜日は子供の誕生日のお祝いを買いにデパートまで行ってきたんだ。」


Mike: That's nice. Oh, That reminds me of my daughter's birthday. It's tomorrow!

マイク「それは良いね。あ、そういえばうちも娘の誕生日なのを思い出した。明日だった!」

 何かを話していて、別の話題について連想したり思い出したりすることは、会話の中でよくあると思います。その時、とっさにこういう表現ができると会話のバリエーションがぐっと広まりますよ。

名詞形 reminder も便利

 remind は名詞形 reminder としてもよく登場し、覚えておくと便利な表現です。これは日本語でも既に「リマインダ」として定着しつつありますよね。これを使った例文も紹介しておきます。

Dear Kate,

This is a friendly reminder. We need to fix participants by tomorrow. If you would like to join, please reply to me at your earliest convenience.

Best Regards,

George


ケイトさん

念のため連絡させて頂きます。参加者を明日までに確定させる必要があるので、もし参加ご希望でしたら、なるべく早めにご返信頂けますでしょうか?

ジョージより

 ここではいくつか大事な表現が登場しています。まず friendly reminder という表現。これは表現を弱めて「念のため」というニュアンスを reminder という単語に加えることができます。reminder だけだと少々機械的できつい表現に聞こえることもあるため、この表現は覚えておくと便利です。

 また最後に at your earliest convenience という表現もあります。これは「なるべく早めに」という意味です。同じような表現に as soon as possible というのもありますが、これは「至急直ちに」「できるだけ早く」というニュアンスが感じられるため、日本語の「なるべく早めに」ぐらいであればこの表現の方がいいでしょう。また、at your convenience などのように earliest なしでも使うことができますが、この場合は「ご都合のいい時に」という意味になります。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186681620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック