スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2019年10月05日

アメリカと日本の働き方と労働生産性の決定的な違い

 ども勉三です。外資系のコンサルティングファームで働いているため、アメリカのチームと一緒に仕事をすることも多いのですが、彼らとの共通点・相違点について気づいたことをまとめてみました。

日本人とアメリカ人の労働観は思っているよりも近い

 まず相違点を並べる前に、共通点の方が多いということを強調しておきます。我々、日本人は単一民族に近い社会で育ってきたため、異文化と接したときにどうしても自己との相違点の方に着目しがちです。しかし、これは互いの差異をもってお互いを理解するというスタンスであるため、異なる民族・文化の人がともに協力して仕事を進めていく時には必ずしも適切ではありません。

 実際、一緒に仕事をしてみると日本人とアメリカ人というのは労働観においては似ている部分が多いと感じます。もちろん、アメリカでは上下格差が大きく、いわゆるブルーカラーワーカーや市井でサービス業に従事している人たち同士で比較すると、日本の方が圧倒的に労働倫理観は高いと思います。

 しかし、トップティアのコンサルティングファームに勤めているようなアメリカ人と日本人を比較すると、どちらも昼夜を問わず長時間働きますし、上司のいう事には基本服従し、クライアントとのコミニュケーションには細心の注意を払い、アウトプットには最大限のコミットメントをします。

 そういう意味で、日本人とアメリカ人は一番とまでは言いませんが、労働観についてはかなり近いというのが勉三の私感です。それを認識したうえで、以下で違いを述べていきます。

アメリカ人の方が仕事の進め方は圧倒的に効率的

 これが最も大きな違いですね。同じようなタスクがあった場合、日本人同士で進めるのと、アメリカ人同士(あるいはアメリカ人がレビューアーになって、日本人が実務するでも同様ですが)で進めるのとで比較すると、実所要時間に2〜3倍は差がでるというのが実感です。

 日本人の上司は部下に対する指示が明確でないことが多いです。また、レビューの際も部下の自発的な提案や意見を好むことが多いです。いわばボトムアップ的な仕事の進め方と言えます。これに対して、アメリカは上司の指示が明確でよりトップダウン的な仕事の進め方をする傾向があります。

 なので、日本人同士で仕事をすると、部下が提出した資料を上司がレビューし、そこで議論して、やり直すというサイクルを何度も長時間かけて繰り返しがちです。アメリカだとその回数が少ないし、上がきちんと考えて、最短で済むように合理的な仕事の汲み方をするので非常に効率的です。

日本人は目の前の締め切りに追われがち

 また、これも良し悪しで一概に悪いとまでは言えないのですが、日本人の方が締め切りを絶対視する傾向があると思います。何か計画を立ててプロジェクトが走り出すと、締め切りを順守することが絶対になってしまい、それ以外の生産性や品質といった部分は二の次になってしまいやすいと言えます。

 例えばですが、毎週作成に数時間かかっているレポートがあったとします。自動化すれば作業時間を大幅に減らせるものの、自動化のためにもリソース(コスト、工数両面で)が必要というケース。恐らく、いろんな職場や仕事でこういったケースはよくあると思うのですが、日本人は自動化により便利になることは分かっていつつも、日々の業務に追われてそのまま何年も同じやり方で走り続けることが多いのではないでしょうか。

 あくまで傾向ですが、アメリカ人はこのようなケースでは、日本人よりも早期に自動化しようと動き出すことが多いと思います。日本人からすれば「それぐらい多少時間がかかっても自分でやるから大丈夫だよ」と思うようなことですら、とにかく人力でやるのは悪、出来る限り省力化しようという方向に進みます。

 もちろんアメリカ人も締め切りを気にしないというわけではありません。しかし、それと同じぐらい業務効率化を重視するということです。そのためには、追加のリソース投下や、場合によっては締め切りの変更が必要になるため、現場だけではなく、マネジメントが積極的に介入する必要があります。ここでも、ボトムアップ的な日本と、トップダウン的なアメリカの違いが表れているのではと思います。

最後に

 いかがでしたでしょうか。日本は昔から先進国の中でも時間あたりの労働生産性が最低だということは、よく言われてきました。実際にアメリカ人と一緒に仕事をすると、彼らの圧倒的に効率のいい時間の使い方には感心せざるを得ません。というか日本人は労働時間にルーズすぎます。

 また、締め切りを守ることは美徳でもあるのですが、日々の仕事に追われるあまり、効率化が後回しになってしまうのも日本人の特徴だと思います。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 03:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・キャリア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186647058
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック