スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2019年07月02日

日本企業で上位評価の人は外資に転職したほうがいい

 ども勉三です。日本企業と欧米系外資企業の違いの1つとして、従業員に対する給与の傾斜配分があります。すなわち、日本企業は社員間で評価や昇進にほとんど差をつけず、できない社員に対しても雇用を継続する傾向があります。一方で、外資企業はできない社員と優秀な社員とで昇進や評価に差をつけ、できない社員に対しては比較的早期に退職を迫る傾向があると言えるでしょう。

 もちろん、これはあくまでざっくりとした傾向の話であって、同じ日本企業あるいは外資企業であっても、メーカーとコンサルティングファームなど業界間でもまた差があるのも事実です。ただ、同じ業界で比較した場合にこのような傾向があるのも事実かと思います。

日本企業で働く優秀な人は大きな損をしている

日本企業は優秀な社員が無能な社員を維持するために働いている

 1つ言えるのは、日本企業で働く優秀な人(定義するなら毎期の評価が平均以上の人)は金銭面ではかなり損をしています。これは確実に言えます。何故なら、日本企業ではどれだけできない社員であっても基本的に長期雇用を保証せざるを得ないからです。

 そのため、日本企業では優秀な社員に対しても待遇を引き上げることができません。優秀な社員が稼いだ分は無能な社員を養うために殆ど費やされるといっても言い過ぎではないでしょう。日本企業で働く成績トップの人は、下位のできない社員の雇用を維持するために、頑張って働いていると言えます。

日系メーカーから外資コンサルに移って実感した昇給の速さ

 勉三は日系メーカーから外資コンサルに転職しました。メーカーで働いていた頃は研究職だったので、営業と違って評価がそこまではっきりしないのですが、それでも毎期、比較的良い評価をされていたとは思います。自分の仕事のスピードや進め方、スキルは周りの同期と比べても勝っているという自信は多少なりともありました。

 そして外資コンサルに移ったのですが、まず最初に驚いたのが年収の高さです。メーカーでは年収700万台だったと思いますが、いきなり年収1200万近くになりました。これだけでも驚きですが、もっと驚いたのは次の年にはこれが年収1500万にまで増えたことでした。

 もちろん、これは外資戦略コンサル特有のアップ・オア・アウトという仕組みがあるからできていることで、じゃあ何もしなくても全員がこのペースで昇給していき、定年までい続けられるわけではありません。余程の事がなければ、殆どの人は3〜4年は居られると思いますし、その間も年数百万単位で昇給していきますが、コンサルタントからマネージャーなど職位が大きく変わる時には篩にかけられ、昇進できない人は会社を去らなくてはいけません。

 日本人はそう聞くと非常に怖いところのように思ってしまう人が多いかと思いますが、それは日本の「できない人も終身雇用」という価値観に慣れすぎているからだと思います。日本の制度はできない人には優しいのですが、できる人にとっては搾取されているといってもいいでしょう。

 もし勉三が転職せず、日系メーカーにそのまま居続けたとしたら、このような年収に達するには一番運よく行ったケースで考えても10年以上はかかったでしょう。そう考えた時、勉三は「日系企業で優秀な人は搾取をされている」「日系企業で優秀な人はできない社員を養うために一生を費やしているようなものだ」と思わざるを得ないのです。

日系企業で優秀な人はどんどん外資に転職しよう

 日系企業で優秀な人は本当に優秀です。もちろん英語力などの問題もあったりするでしょうから、全員に一律におすすめできるという訳ではないですが、日系企業で働いていて (1) 同期平均と比べて優秀だと思う。実際に良い評価を毎期得ている (2) 英語力に自信がある (3) グンと年収を上げることに興味がある、喜びを感じる という条件を満たす方には外資への転職をおすすめします。

 外資=すぐ首を切られる怖い所 という先入観の方もいるかもしれません。ただ、それは最悪なケースを殊更に意識しすぎなのではと思います。日系企業で下の方の無能社員が外資系にいったら辛い思いをすると思います。しかし、日系企業でそれなりに優秀な成績を収めている方が、外資ですぐに首を切られることは無いでしょう。

 日本人はとにかく最悪のケースを意識し、どうやったら最悪のケースを回避できるか心配しすぎなのではと思います。外資がいくら年収が高くて魅力的と言われても、最悪のケースがチラついてしまい転職に踏み出せないという方が多いのではないでしょうか。もちろん、最悪を想定することも必要な時はありますが、それは優秀な人にとっては自分の人生を最安値で売ってしまうことにつながります。せっかく優秀な能力を持っているのなら、最高値で売ることを考えてみませんか? それはあなたの今の年収の数倍にもなるかもしれません。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186222189
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック