スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2019年06月23日

出世に興味なく残業もしたくない若者が見落としていること

もはや出世に興味ない若者

 ども勉三です。産業能率大学総合研究所の「2019年新入社員の会社生活調査」によると、会社で目標とする地位について「関心がない」と答えた新入社員が42.7%と過去最高になったそうです。また、「一度も転勤せず同じ場所で働き続けたい」が昨年度から10ポイント増加し、許容できる残業も「月10時間まで」が過去最多となるなど、昨今の価値観の変化を裏付けるような結果となりました。

 これについて勉三は頷けるところもあるとは思うものの、全体として進行する「仕事の他人事化」、もっと分かりやすく言えば「時間を売ってお金を得るだけの仕事観」について違和感も覚えています。

 もちろん、いわゆる一般職としてであれば元々そのような役割を期待されているわけですから、何も問題はないと思います。問題は、総合職として入社する若者の中にもそういった一般職的な価値観の方が増えているのではないかと思う点です。

総合職である以上は出世しないことは許されない

 このような時間を切り売りするだけのスタンスでも就職したての頃は良いのかもしれません。しかし、やがてそういった人間は会社にとってお荷物になっていきます。時間を切り売りするだけで、現場のスタッフレベルの仕事しかできないのであれば、若い人の方がいいからです。

 給料も上げなくていいからとあなたが思ったとしても、会社の制度上そういうわけにもいかなくなっています。総合職というのは将来は会社をけん引することを期待されて採用される職種です。多くの企業で年齢に応じて否応なく給与は上がっていきますし、年を取って管理職に就いていない人ははっきり言って要らないのが会社と言う組織です。

仕事を自分ごと化しないと時間が経つのが遅くて増々苦痛になる

 また、仕事を自分ごとと思わず、あくまで他人から与えられて対処するというスタンスだと、時間が経つのも遅く感じられるようになるでしょう。少しの残業時間も耐えられないのは、時間の経ち方が遅く感じられているからです。

 勉三も色んな業務をしてきましたし、同じ業務でも忙しい時と暇なときがあるのですが、実は暇なときは結構苦痛なものです。暇だからと言って横になって寝ているわけにはいかず、仕事をしているふりをしていなければならない。そんな時は常に時計の針とにらめっこ状態になります。適度に仕事が忙しく、気づいたら定時を1〜2時間過ぎてたぐらいの時が一番楽で楽しいです。

 ですので、残業に拒否感のある若い人たちの気持ちも分かるのですが、それよりもどれだけ仕事を自分ごと化できるかを考えて欲しいと思います。仕事を自分ごと化していれば残業もそれほど苦痛ではなくなります。

会社は成績が悪くなるとと全てを否定される

 そしてもう1つ、会社の中で真実だなと思うのが「仕事は成績が悪くなると全てを否定される」ということです。

 働きかたや仕事の進め方など、それぞれのスタイルがあるかと思うのですが、悪い評価をされてしまうとその人の行動のすべてが否定されてしまいます。それが会社と言うところです。逆に殆ど同じようなことをしていても成績が良ければ、よほどのことがない限り殆ど許容されます。

 先ほどの残業の話とも通じるところがありますが、多少頑張って良い成績を取った方が後で楽になります。自分のペースや進め方で仕事をコントロールできるようになるためです。逆に成績が悪いとあらゆる行動が監視され批判の対象になるので、逆にしんどくなります。

 もし楽をしたいなら会社の中では、期限通りに仕事をこなし、かついい成績を取るしかないのです。自分でコントロールできることが多いほど仕事は楽しくなります。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・キャリア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186177329
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック