スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2019年04月30日

コンサルにまつわる噂のウソとホント

 ども勉三です。コンサル業界に関して、ネット上で「毎日タクシー帰り」だとか「9時5時(午前9時から午前5時まで)」といった噂がまことしやかに囁かれているのを目にしたことがあるかもしれません。勉三も入社前は戦々恐々としていたのですが、入ってからだいぶ違うなと感じた点もあります。

 今回はそんなコンサル業界に纏わる誤解を1つ1つ解いていきたいと思います。

コンサルにまつわるウソ・ホント

毎日タクシー帰り!?

 コンサルの中でも忙しいと言われる戦略系でさえ、今時そんなことは滅多にありません。無いわけではなくたまにありますが、まあ年に数回程度のレベルですね。9時5時というのもありえません。だいたいオフィスは22時になるとかなり人が減りますね。23時になると数人といったところでしょうか。まあ、それでも普通の会社に比べると異常に思えるかもしれませんが(笑)

 中には深夜残業が確定的になるプロジェクトもあります。代表的なのがDD(デュ―ディリジェンス)と言われる類のもので、ある企業やファンドが買収先の企業についての調査をコンサルティングファームに依頼してくるもので、この業界では「過酷なプロジェクト」「深夜残業」の代名詞的な存在でもあります。ただ、それも3か月とか短期的なものなので、ずっとという訳ではありません。

 平均すれば退社時間はだいたい20〜21時ぐらいにはなっているのではと思います。ただ、コンサルの仕事はいわゆる普通の定時勤務的な働き方とは違って、何時から何時までという概念が希薄です。日によっては、例えば中間報告が無事完了して余裕ができた後などは、定時より早めに解散したりしますし、逆に帰宅後であっても何かあれば翌日まで待って対応なんて悠長なことは許されません。ですので、労働時間としては今はそこまでずっと働いているわけではないですが、精神的な拘束時間としては平日は起きている間はずっとという感じでしょうか(流石に23時〜7時ぐらいの間はレスポンス無くても許されます)。

休日も仕事!?

 勉三がコンサルファームに入って一番噂と違うなと感じたのは休日です。ネット上の噂では休日でもずっとではないが半日ぐらいは仕事をしている、といったような情報が多く、入社前は戦々恐々としていました。

 ですがご安心を。休日はほぼ休めます。ほぼというのは95%ぐらいですね。なので、5%ぐらいはやっぱり仕事が入ってきます。1年間の土日祝が合わせて120日あるとしたら、6日ぐらいは半日(4時間程度)の仕事が入る、それぐらいのイメージです。それ以外の土日はだいたい静かなもんですよ。

 土日に仕事が入るパターンとしては、(1)金曜日に急な仕事を頼まれた(2)週明けから新プロジェクトでキャッチアップのため勉強が必要(3)普通に現プロジェクトで平日だけでは日数が足りない の3つに大きく分けられるかなと思います。

 (1)は一番困りますね。この業界、とにかく先が読めないんですよね。月曜から着手も可能なのですが、何か別の用が入ってくるかもしれないし、最悪のケースに備えて土日のうちから少しだけでも着手しておくのがコンサルの望ましい姿だと思います。(2)はこれは必須。もしプロジェクト前に土日を挟んで、そこで何も勉強してなかったら無能扱いです。(3)はマネジメントの巧拙にもよりますが、祝日がある期間などは平日が不足する傾向にあり、100%回避するのは難しいですね。

 ただ、(1)〜(3)いずれにせよ、休日まで8時間以上フルに働くことは求められません。感覚としては4時間程度でしょうか。ただ、たとえ急を要する業務がなかったとしても、自分で本を読んだりして勉強をしておくのが理想的なコンサルだと勉三は思います。それが自分の身を守ることにもつながるのですから。

平日は家事をする暇もないので、家事代行を雇う必要がある!?

 これもそんなことはないですよ(笑)勉三も入社前は本気で心配して、一度どんなものかと家事代行サービスをお願いしてみたぐらいですが。ただ、家事代行って、曜日とか作業内容を決めておかないといけなかったり、在宅の必要があったりと意外と面倒なんですよね。ホテルのように外出中に全て綺麗にしてくれるという訳にはなかなか行きません。

 そもそも上でも書きましたが、連日深夜までというわけではないですし、殆どの場合は帰って自炊するぐらいの余裕はあります。平日になかなか掃除や洗濯までする余力が無いのは事実ですが、休日に片づけるのであれば余裕ですし、まあよっぽどのことが無い限りメイドさんや家事代行の類は必要ないかなと思います。

 ただ、風呂掃除やトイレ掃除は面倒なのでピンポイントで家事代行をお願いするのはアリだと思いました。年1回の大掃除とか、あるいは3〜6か月に1回ぐらいでピンポイントでの利用なら全然アリなんじゃないでしょうか。やっぱり徹底的にやってくれるので、入居当初のようにピカピカになって気持ちいいですよ。

まとめ

 最後は若干話がそれましたが、いかがでしたでしょうか。コンサルといっても(今は)そこまで常軌を逸した激務というわけではありません。忙しいと言われている戦略系でさえそうなのです。新卒あるいは転職で入社を考えている方も、過度に心配はせず、とはいえ適度に覚悟しつつコンサルになれる日を夢見て頂ければと思います。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185935534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック