スポンサーリンク


2019年02月24日

コンサルになって良かったことを振り返ってみる

コンサルに転職して良かったこと

 ども勉三です。勉三はメーカーからコンサルに転職したのですが、振り返ってみてコンサルに転職して良かったなあと思うところを今回は挙げていきたいと思います。

 なお、当然ながら転職に限らず、人生のあらゆる選択は何かを犠牲にして何かを得ることです。転職によって全てがバラ色ということは勿論ありませんが、自分が叶えたいことがコンサルになることで叶えられるのか、悩んでいる方の参考に少しでもなれば幸いです。

色々な経験ができる、早くスキルアップできる

 これ、よく言われていることだと思うんですけど、本当にその通りです。コンサルではプロジェクトが変われば別の仕事をしていると言ってもいいぐらい仕事内容に幅がありますし、事業会社みたいに同じ業務を何年も延々とするということはありません。

 また、1つの仕事ができるようになったら、すぐに1段階上の仕事を任されます。例えば、それまで資料作成がメインだったとしたら、次はクライアントとの折衝を任されたり、あるいはそれまで1つ1つのタスクの遂行がメインだったとしたら、次はマネージャの役割を任されます。

 特にマネージメント経験を早期に積めることは、仕事の幅の意味でも、人材市場での価値という意味でも大きいと思います。例えば、勉三のいたような旧来型の日本企業だと、30代で課長になるのはレアケース。40代半ばで運がよければ課長になれるかもねという感じかと思います。もちろん、いわゆるラインマネージャーではない「名前だけの管理職」は殆どの人がなれますが、本当の意味で管理職やマネージャーとは言えないでしょう。

 コンサルなら実力があれば20代でもマネージャーは珍しくありません。殆どの人は30代までにマネジャーになるか、もしくは去っていく世界。また、これは入ってから分かったのですが、実際にはマネージャーになる前のコンサルタントやシニアアソシエイトと呼ばれる職位の段階から、マネージャー的役割を任されることが多いです。職位がマネージャーになって初めてマネジメントをするということは、まずないでしょう。

 もともとマネジメントなんて、実力があれば20代だろうとできるものですし、やるべきものだと勉三は思っています。内資にいると40代で就くので何か物凄く偉い職務のように錯覚してしまいますが、ベンチャーなんかだと20代で課長はおろか部長や役員クラスだっているぐらいです。

キャリアの選択肢が豊富

 比較的早期にマネジメントの経験が積めることとも関係しますが、コンサル経験者は基本的に転職市場では強く、選択肢も豊富です。勉三の周りでも事業会社の経営企画部などに転職した人、起業した人、他のコンサルに移った人などなど多彩です。本当にキャリアは十人十色という感じです。

 これはマネジメント経験以外にも、コンサル出身者は比較的ハードワークに慣れているであろうこと、優秀な人が多く外れが少ないこと、ビジネスの1つの側面だけでなく例えば営業、サプライチェーン、PLなど様々な側面のプロジェクトを経験していることなどが理由として挙げられるでしょう。

 一方、1つの会社でずっと勤務している場合、それもマネジメント経験を積んでいない場合は、30代後半頃から転職市場での需要はがくっと下がっていきます。中途採用に積極的なコンサル業界でも、業界未経験の中途採用の上限は35前後かと思います。

 このように、未来に対して極力オプションを広く持っておくことができる、という点がコンサルの1つの魅力ではあるかと思います。自分が本当にやりたいことがまだ見えていない、1つのことだけではなく色々なことをやりたいという人にはいいと思います。悪く言えば腰を据えられない人とも言いますが…

自分が「何を嬉しいと思うのか」を実感できる

 アンパンマンのマーチに「何のために生まれて、何をして喜ぶ」という一節がありますが、まさにそれです。人間誰しも、自分の好きな事、喜ぶこと、嬉しいと思う事ってあると思うんですよ(参考:過去記事「人生に悩んだらアンパンマンのマーチを聞け」)。

 ただ、毎日同じ業務ばかりしていると案外気づきにくいものです。例えば、勉三自身の体験でいえば、勉三は仕事でもプライベートでも色々なところに出かけるのが好きです。自分の行った事が無いところに行くのが大好き。転職活動をしていたとき、当然面接などで行ったことが無い街やビルに行くわけですが、それがとてつもなく楽しいことに気づきました。こういったことは普段の仕事をしていると中々気づけないと思います。特に外出や出張の少ない仕事であれば尚更でしょう。

 上でも書きましたが、コンサルの仕事は1つ1つのプロジェクトのスパンが短く、プロジェクトが変われば仕事内容はガラリと変わりますし、同じプロジェクトでも中で求められる役割は刻一刻変化していきます。とにかく変化の速い業界です。なので、事業会社にいるより圧倒的に色んな体験ができるんですね。ベンチャーでない伝統型の事業会社の3〜5年分ぐらいの経験を、コンサル業界では1年で積むことができるといっても過言ではありません。

 この「色んな体験ができる」というところが実は大事で、その中で「私はこういう事をやっているときが幸せに感じるんだなあ」とか「私はこういう事は嫌いなんだなあ」と言うのが明確に分かるようになります。これって非常に大事なことで、自分が最終的にどういうことをしていたいのかの1つの指針にもなりえることだと思います。コンサルにいるとそれに通常より早く明確に気づけるようになることも、コンサルになって良かったことの1つですね。

まとめ

 いかがでしたでしょうか。コンサルになって良かったと感じることは他にもいろいろとあるのですが、既にだいぶ長くなってしまったので今回はこの辺りにしておきます。また機会があれば続きを書きたいと思います。

スポンサーリンク



posted by 勉三 at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185615281
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック