スポンサーリンク


2019年02月16日

仕事で使える英語表現(10):streamline(簡素化、効率化、一本化する)

streamline(簡素化、効率化、一本化する)

 ども勉三です。「仕事で使える英語表現」の第10回目。今回は streamline という動詞について解説します。

効率化する、一本化すると言いたい時になかなか訳語がでてこない

 みなさん普段働いている時、日本語で「業務プロセスを効率化する」あるいは「窓口を一本化する」といった表現を使うことは結構多いのではないでしょうか。しかし、これを英語で言えと言われたら意外と難しいものです。

 効率化するなら "make the process more efficient" などでも表現可能です。ただ、「窓口を一本化する」となると、なかなかいい表現が出てこず沈黙になってしまうのではないでしょうか?

 そんな時に知っていると便利なのが今回紹介する streamline という動詞。まずは用例を見てみましょう。

There are several process flows which are difficult for our staff to understand.

業務フローが何パターンかに分かれていて、従業員にとって理解しづらいものになっているわ。

I agree. Let's discuss how to streamline those flows.

同意だね。業務フローを一本化して効率よくするための方法を議論しようじゃないか。

 このように、何か非効率なプロセスを効率化する際にビジネスシーンでよく使われます。

「合理化する」より「一本化する」で覚えたほうがいい

 この streamline という動詞、ネットで調べてみると「合理化する」という訳語が多くヒットします。もちろん間違っていないですが、あまり日常のビジネスシーンで日本語で合理化するという表現は使わないのではないでしょうか?

 それより、「一本化する」や「効率化する」などで覚えておいた方が、日常のビジネスシーンでよく出てくるので、すっと英語に訳しやすくなるのでお薦めです。

スポンサーリンク



posted by 勉三 at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185563043
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック