スポンサーリンク



2019年02月06日

仕事で使える英語表現(9):If it works for you(都合がよければ)

If it works for you(都合がよければ)

 ども勉三です。「仕事で使える英語表現」の第9回目。今回は If it works for you... という表現について解説します。

日程や時間帯を提案する時に非常に便利

 work という動詞には、"A works for B" で「A が B にとって問題ない、都合がいい」という用法があります。この表現は、会議の日程や時間帯などを決める際によく使われます。例文を見てみましょう。

Why don't we meet at six, if it works for you?

もし都合がよければ、6時にお会いしませんか?

 このように、日程や時間帯を提案するというのは日常会話でもビジネスシーンでも毎日のように遭遇する場面ですよね。このような場面でただ単にこちらから提案するだけだと、失礼に聞こえてしまうケースもあるかと思います。そんな時は、if it works for you と付け加えるだけでぐっと丁寧で自然な表現になります。

 もちろん、ここでの it は提案した時間帯(6時)を漠然と指しているわけです。なので、if the timing works for you などのように表現することもできるでしょう。

それ以外でも様々な場面で使える有能選手

 it works for you の使い道はそれだけではありません。次の例文を見てください。

I made draft presentation material for the next week's meeting. Could you check if it works for you?

来週の会議の発表資料案を作成したのですが、これで問題ないかご確認いただけますか?

 このように、漠然と何かの内容が問題ないかを確認するのにも使うことができますし、使い方も普通の疑問節としてだけではなく、このように動詞と組み合わせた名詞節としても使うこともできます。例えば、Let me know if it works for you なんて言い方も可能ですね。

まとめ

 いかがでしたでしょうか? このように非常に汎用的で便利な表現なので、ぜひ覚えておくことをおすすめします。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185515206
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック