スポンサーリンク



2019年01月12日

プログラミングに向いている人の特徴

 ども勉三です。プログラミングに向き不向きはあるのか?というテーマはよく議論されます。まあ当たり前ですが、世の中の他のあらゆるものと同じで向き不向きはあるでしょう。もちろん誰でも環境や教材が整えば一定レベルにはできるようになるでしょうけどね。しかしそこから上となると向き不向きは当然あるでしょう。

 勉三はこれまでプログラミングのスキルが素晴らしい人に沢山会ってきました。それはいわゆるシステム屋さんだけでなく、大学や企業の研究所で解析目的にコードを書いている人、ベンチャーを立ち上げてウェブサービスやアプリをがんがんリリースしている人など様々です。

 職種や目的は違えど、プログラミングのスキルを活かして夢を実現しているという点では皆さん共通しています。そんなスターともいえるプログラマーたちと話をしてきて、一定のパターンというか傾向があることに気づきました。今回はそんな「プログラミングに向いている人の特徴」をお伝えしたいと思います。

みな小さい時にプログラミングを始めた

 これ、あまり似たような記事で触れられていなくて意外と盲点だと思うのですが、スタープログラマはだいたい高校生までにプログラミングを始めています。高校生でも遅いぐらい。中学生、中には小学生から始めている強者も。

 勉三自身のことを話すと、中学生でプログラミングを始めました。理由はゲームが作りたかったから。ドラクエやFFのようなゲームを自分で作るのが夢でした。当時、父のPC98でBASICでプログラムが組めることを知り、こっそり内緒で使って簡単なプログラミングをしていたものです。そのパソコンは白黒だったため、カラーが使えるパソコンが欲しくて欲しくてたまらなくなり、中学一年生の時に親にねだってマッキントッシュを買ってもらいました。これが初めてのマイパソコンです。

 勉三は、プログラミングについて、音楽や囲碁将棋のように子供からやっていないとプロにはなれないものだとは思っていません。プログラミングがある程度できるようになるなら何歳からでも遅くはないと思います。ただ、現実としてプログラミングで圧倒的なパフォーマンスを発揮する人は、とにかくプログラミングがしたくてしたくてたまらなくて、自然と子供のうちから始めるのではないでしょうか。

 なお、以前に参加したどこかの学会で伺った話ですが、有名なプリファードネットワーク社の取締役の一人の方は、既に小学生時代から英語論文を読んでプログラミングをしてたりしてたそうです。これも誰に言われずともなさっていたのでしょう。中学生から始めた勉三なんてかわいい部類で、本当のトップスターともいうべき方々はレベルが違うなあと感じたのをよく覚えています。

寝食を忘れてプログラミングする

 プログラミングが好きな方は食事する時間や寝る時間も削ってプログラミングしてたという方が非常に多いです。勉三もそうですね。着手までは割と時間がかかるんですが、いったんやりはじめるとキリのいいところまで仕上げないと気持ち悪くて作業を中断できません。

 とくに設定やバグで詰まったときなんかは、四六時中ずっとその解決策の事を考えますね。寝食忘れてとはよく言ったものです。

 プログラミングって順調に行っている時って時間の3割ぐらいしか占めてないような気がします。7割はトラブルシューティング。自分の書いたコードそのもののバグだったり、あるいはライブラリのバグ、設定のミス、他のソフトやフレームワークの理解不足、などなど要因は沢山ありますが、そういったものに遭遇し解決策を考えてあれこれ試行錯誤している時間が圧倒的に長い。

 で、また一番スキルが伸びるのってそのトラブルシューティングのタイミングなんですよね。問題解決することでようやく知識が知恵になるというか。ですので他の生活を削ってでもそれに打ち込める人は、それだけでプログラミングへの適性があると思います。

新しい言語を覚え始めるや否や、いきなりコードを書き始める

 よくいると思うのですが、「よしっ、Java 勉強しよう」と思って本を一冊買ってきて、本の中のチュートリアルに沿ってコードを入力して、というのだけをして、自分で何も作らない人。

 プログラミングに向いている人は全然違います。本を読み終わる前に、チュートリアルにないプログラムを自分で勝手に作り始める。別にそれが大したものであるかどうかは重要ではありません。自分で考えて創作するというところに、それができない人との大きな壁があるような気がします。

 プログラミングは語学と同じで、本ばっかり読んでて英会話がうまくなる人はいないのと同様に、本ばかり読んでてプログラミングがうまくなった人もいません。読書は最小限にし実践あるのみです。英語で最初はへたくそでも、怖がらずにどんどん外人相手に話しかける人の方が遥かに上達しやすいのと同じですね。

最後に

 いかがでしたでしょうか? 野球選手が野球が好きで好きでたまらない少年だったとか、将棋の棋士がずっと将棋のことばっかり考えてるとかそういう話はよくありますが、プログラマーもハイパフォーマーは同じだと思います。

 とにかく本ばかり読むのは止め、実際に自分でコードを書いてみましょう。それがプログラミング上達の最大の方法です。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185372645
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック