.

2018年12月25日

年収1000万を超えると生活は変わるのか?

 ども勉三です。社会人になるとどうしても気になってしまうのが年収。上を見ればキリがありませんが、高収入の基準としてよく引き合いに出されるのが「年収1000万円」というライン。

 戦略コンサルは20代の非管理職でも年収1000万を突破する業界です。勉三も前職のメーカー時代は700万円といったところでしたが、コンサルに転職して倍とまではいかないものの軽く1000万は突破しました。

 多くの人にとって年収1000万というと「どんなリッチな生活をしているのだろう」と思われるかもしれませんが、果たしてどうなのでしょうか? 今回は年収1000万になって変わったこと、変わらなかったことを書いていきます。

服飾品や車は年収よりむしろその人の好みで決まる

 高年収というと、高級な車や腕時計を持っていると連想する方もおられるかと思います。しかし、勉三は車は持ってませんし、腕時計もごく普通のものです。

 年収が1000万以下でも高級外車や高級腕時計を持っている方はいますし、逆に高収入になったからといって高級なものを買うとは限りません。これらはむしろ年収というより、その人が何を欲しいと思うか、何にお金を使うかの好みの問題だと思います。

 たとえば車に関しては、勉三は都心に住んでいますし独身なので全く必要性を感じません。移動手段として車が必要であれば、その時だけタクシーやハイヤーを使った方が経済的ですし、どうしても必要があればレンタカーを借りればいいだけです。もちろん、お金が有り余っていれば、車はベンツやBMW、腕時計はパテックフィリップなども欲しいですが、年収1000万を越えた程度ではそんな余裕はありません。

家賃にかけられるお金は確かに増えたが…

 家賃に関しては年収が上がれば確かにかけられるお金は増えます。家賃20万円前後ぐらいのところまでなら手が届くでしょう。ただ、これも立地と広さを両方を満たすのは年収1000程度では到底無理です。都心の新築タワマンとかだと低階層でワンルームとかの部屋を除けば、月30万円ぐらいは最低でも必要でしょう。

 なので、年収1000万といっても都心やその周辺の立地のいいところに住んでいる人は、家のなかを見ると普通の慎ましやかな暮らしをされている方が殆どでしょう。都心でかつ高級ホテルのような部屋に住むためには毎月50〜60万ぐらいは必要だと思います。芸能人や経営者じゃないと厳しいですね。

生活レベルを大きく変えなければ貯金は確実に増える

 …と、ここまで「夢がないなあ」と思われた方。年収1000万になっていいことも勿論ありました。それは貯金ができるようになったこと。年収があがっても生活レベルをそれに比例させて上げていては貯金はたまりませんが、多くの人はどこかで支出が頭打ちになると思います。

 従って、無理をしなければ貯金できる額はどんどん増えていきます。勉三自身の話をすれば、年収700万ぐらいの時は殆ど貯金できずに外食や旅行などに消えていました。しかし、流石に1000万あればそこそこ贅沢をしても毎月10〜20万ぐらいは貯めていくことができます。これが一番大きな違いですね。

プチ贅沢はできる

 また、大きく浪費をしないのであれば、年収1000万もあれば多少の贅沢は可能です。例えば、疲れている時は電車ではなくタクシーで移動する。飲むときのお店のレベルを上げる。欲しいと思った本はすぐ買う。などなど。

 変なところで節約しなくて済むので、逆に長い目で見れば良いものを買ったり、将来に向けて投資ができるので、いいことだと思います。ストレスも溜まりませんしね。

東京で「いい暮らし」をしたいなら年収2000万はないと厳しい

 ただ、これは勉三が独身だからというところが大きいです。もし、タワマンの2LDK以上に住み、子供を2人ぐらい作り、さらに習い事や小学校から私立に通わせたりと「いい暮らし」をしたいと思うなら、年収1000万程度では全く厳しいです。年収2000万ぐらいは必要でしょう。

 結局、自分がどういうレベルの暮らしを求めるかは、その人の育ってきた環境による部分が大きいので、人と比べても意味がありません。自分が満足できる暮らしができるかというところが大事です。

 もしそれが年収1000万で実現できないのであれば、あなたにとって年収1000万は足りないのであり、もっと上を目指すべきだと思います。逆に年収600万で実現できるのであれば、無理に1000万を目指す必要はないでしょう。結局、1000万かどうかというのに意味は無く、あくまで自分が満足できるかが大事なのだと思います。

スポンサーリンク



posted by 勉三 at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・キャリア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185263638
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック