スポンサーリンク


マネースクリプト診断

ポテンシャル年収診断


2018年12月13日

仕事で使える英語表現(7):ping(連絡する)

 ども勉三です。「仕事で使える英語表現」の第7回目。今回は ping という単語についてです。

 この単語、もともとは潜水艦がソナーを発信する音からきている擬音語由来の動詞だと言われています。ネットワークで特定のサーバに接続可能かを試すコマンドにもなっているので、それでご存知の人もいるかもしれません。イメージ的にはまさに潜水艦からピン!とソナー音を発する感じで、誰かに連絡すると言いたい時に使います。

 実際に例文でみてみましょう。

Isn't Mary joining the meeting?

メリーはミーティングに参加しないのか?

I don't know. Maybe she has another call.

分からないけど、もしかしたら別の会議が入ったのかも。

Why don't you ping her?

ちょっと連絡して聞いてみてくれる

 いかがでしょうか? ping は訳すと「連絡する」という意味になるのですが、どちらかといえば返事がすぐに得られることを念頭に連絡するようなイメージです(例えばチャットやLINEのメッセージなど)。

 上の例文では、call という単語にも注目してみてください。callは文字通り電話ということで、conference call(電話会議)を指したりもしますが、実際にはざっくりと「別の用事」的な意味で使われることが多いと思っていいと思います。これもよく使う表現ですので覚えておきましょう

 もう1つ別の例文です。

Hi John, I want to ask you a favor. Please ping me when you are available.

ジョン、ちょっと用事を頼みたいんだけど、手が空いたら連絡くれないか?

 英語のチャットやメールだと、同僚相手には Hi 〜(名前) で挨拶することが多いですね。ここでは、都合がつくときに連絡をくれ、ということを言うのに ping が使われています。このようなやりとりはビジネスシーンではよくあるので覚えておきましょう。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 23:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185192968
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック