スポンサーリンク


2018年12月08日

コンサル必須知識(1):So what?

 ども勉三です。コンサルになって非常によく使う、毎日とまでいかなくとも毎週1回以上は耳にしたり使ったりする言葉に "So what?"(ソーワット)というのがあります。今回はこの言葉の意味を解説していきます。

大量のデータ、大量の分析、…で?

 データを頑張って集めてきて Excel で分析、綺麗なグラフを作って、PowerPoint に貼り付けて、力作資料の完成! でもいざ上司に見せてみたら「で?」と言われたような経験、みなさんにも無いでしょうか?

 "So what?" は、この「で?」に相当する用語だと考えると理解が早いかなと思います。要は「で、何が言いたいの?」「で、結論は?」ということです。

 コンサル業界では分析だけして結論がない資料やスライドに対して、よく So what? という言葉が使われます。使われ方のイメージとしては、

新人「これは業界主要各社の売上高と成長率をプロットしたグラフです。」

マネージャー「"So what?" が抜けてるよ」

こんな感じです。こういったやりとりはコンサルティングファームであれば日常茶飯事です。

So what? が大事な理由

 コンサルでは分析結果だけでなく必ずメッセージを示せということが言われます。例えば、上の例でいえば、業界主要各社の売上高と成長率をプロットしたグラフから、「売上高と成長率の間に相関性が見られる」という示唆が得られたとします。これがメッセージになります。

 この内容を1枚のスライドにまとめるとしたら、スライドの中央にグラフを配置し、その上のメッセージ(タイトル)部分に「XX業界では、売上高と成長率の間に相関性が見られる」と文章で書くといったような具合ですね。

 よくあるのが、スライドのタイトルに「業界主要各社の売上高と成長率の関係性」のような分析の説明を表示し、そこからの結論はスライドに書かれていないようなケース。これは基本的にNGだと思ってください。最も大切なのは図の説明ではなく、そこから得られる結論のはず。もちろん、図の説明も必要ですが、図の上か下にでも書いておけばいいのです。

 ではなぜここまで煩く "So what?" という言葉がコンサル業界では使われるのでしょうか。それは、コンサルは「読む側は、資料はぱっとしか見ない」ことを知っているからです。特にコンサルが相手にする役員クラスなんて特にその傾向が強いです。具体的にどういう分析をしたかなんて殆ど見ません。なので、一目で見て何が言いたいかがすぐに伝わるようにしないといけないのです。

コンサル以外では So what? は必要ない?

 ここまでの話を聞いて「コンサル業界だけでしょ?」と思われた方もいるかもしれません。ですが、So what? はどんな業界・職種であっても通用するものだと思います。とりわけ、仕事でパワポの資料を作って提案するという業務が多い方には当てはまるかと思います。

 勉三も事業会社での経験がありますが、どれだけ頑張って分析して資料をつくっていっても、管理職以上は見ないんですね。分析方法を説明しだすと「そこは Appendix に回しておいてよ」なんて言われるわけです。みなさんも経験ないでしょうか?

 コンサルであろうとなかろうと、資料を読む人は丁寧に読んだりなんてしないということは共通です。であるからこそ、誰が読んでも意味を誤解なく理解するために、So what? を明確に示す必要があるわけです。

スポンサーリンク



posted by 勉三 at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185163896
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック