.

2018年11月15日

コンサル就職・転職前に必読の本(2)

 ども勉三です。前回からの続きで、勉三が読んだことのある本の中から、「もっと早めに読んでおくべきだった」「コンサルになる前に読んでおけば…」と感じた本について紹介させて頂きます。コンサルティングファームへ入社予定の方は、入社前に必ず読んでおくことをお薦めします。

ロジカル・シンキング(照屋 華子、岡田 恵子 著、東洋経済新報社)

必読度:★★★

 コンサル業界では読んだことのない人の方が少ないであろう定番書。著者はお二人とも元マッキンゼー。MECE や So what? Why so? といったコンサルタントの間では常識となっている概念について、非常に分かりやすく説明されています。

 コンサルになるにあたって、この本に書かれていることを知らないようではモグリと言われても仕方がないレベルです。必ず読んでおきましょう。

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」(安宅 和人 著、英知出版)

必読度:★★

 こちらもコンサルの間では定番の一冊。この本が説いているのは「間違った解を一生懸命求めても意味無いよ」ということ。

 これ、言われればすごく当たり前の事なんですけど、実際の仕事だとかなり多いんですよね。そもそもの問題設定が間違っているのに、それを深夜まで必死でみんなで働いて仕上げようとしているようなことが。

 それ以外にも、コンサルとして基本スキルとなる問題解決のアプローチなどについても解説しているので、非常におすすめの一冊です。

問題解決――あらゆる課題を突破する ビジネスパーソン必須の仕事術(高田 貴久、岩澤 智之 著、英知出版)

必読度:★★★

 「抽象的な説明だと理解できないよ」という方におすすめなのがこの一冊。上賀茂製作所という架空の企業を舞台に、コンサルティングファームから同社の経営企画部に転職した主人公である戸崎が、社長から直々に業績低迷しているマルチメディア事業部の立て直しを命じられる、というストーリー仕立てになっています。そして、実際にどう問題を解決していくかという、まさにコンサルタントの仕事の流れを戸崎と一緒に追体験できる構成となっています。

 帯にも「トヨタ、ソニー、三菱商事…各社で続々導入」と書かれているのも頷けるぐらい、非常に分かりやすい本だと思います。

グロービスMBAアカウンティング【改訂3版】(グロービス経営大学院 編著、ダイヤモンド社)

必読度:★★★

 少しジャンルが変わって、こちらは会計の本です。会計の知識はどんな業界でも通用するビジネスの共通言語のようなものです。当然、コンサルにとっても会計は極めて重要です。コンサルタントの仕事は究極的にはPL(損益計算書)の数字を改善することと言えるわけですから。

 特に、新卒でコンサルに入社される方、未経験でコンサルに転職される方でこれまで勉強したことがないという方は、絶対に会計のことは一通り勉強しておきましょう。入社後、それもすぐの時期に絶対に必要になります。

 会計の入門書は書店にいけば沢山ありますが、本書は分かりやすさと詳しさのバランスが一番よく、簡単すぎず難しすぎずお薦めです。それほど厚い本ではないですし、これさえ頭に叩き込んでおけば、入社後に恥ずかしい思いをすることは無いと思います。

今回は堅めの本が中心になってしまいました。続きは次回へ。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 転職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184951644
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック