スポンサーリンク


2018年11月11日

AI/機械学習講座(2):Ubuntu 仮想環境を構築しよう!

初心者が Python 始めるなら、仮想 Ubuntu 上で環境構築するのがベスト

 ども勉三です。「AI/機械学習講座」の第二回目。今回は Python を使うためのセットアップの第一歩として、Ubuntu の仮想環境構築について解説します!

Python環境はUbuntu上に構築するのがお薦め!

 今回の記事で一番お伝えしたいのは「Python環境はUbuntu上に構築するのがお薦め」ということに尽きます。他は忘れてもこれだけは覚えて帰ってください。それだけで、勉三が費やした何時間もの無駄な時間を節約することができます。

 もちろん、Python は Windows, MacOS, 各種 Linux 系 OS など、殆どの主要なオペレーティングシステムので使うことができます。そう聞くと多くの方は自分が使っている Windows や Mac にインストールしようとするのではないでしょうか。ここに第一の罠があります。

 Python はマルチプラットフォームを謳っている言語ですが、基本的に Linux がデファクトスタンダードだと思ったほうがいいです。基本的に Linux で動くことを前提に開発されています。ネット上での情報も Linux での使用についてが最も豊富です。Python でプログラミングをしていると、どうしても各環境ごとに特有のエラーに遭遇するのですが、Windows や Mac だと情報が少なかったりして解決策が見つからないことも多いです。

 「そんなこと言ったって俺のパソコンは Windows(または Mac)だし、Linux とか持ってないし」と思った方。心配は要りません。Windows でも Mac でも、お使いのパソコン上に仮想の Linux 環境を構築することが可能です。費用もかかりません。いい時代ですね。

 なお、本記事では Windows パソコン上に Linux の仮想環境を立てる方法を説明します。Mac での方法については申し訳ないですがネット上を検索頂ければと思います。

VirtualBox をインストールして、Ubuntu環境を構築するのがおすすめ

 無事に第一の罠を突破し、Linux 上に Python 環境を構築することを選択した皆さん。安心するのは早いです! 早くも第二の罠が待ち構えています。それは、Windows 上に仮想の Linux 環境を構築するといっても、選択肢が色々あるということです。

 まず、一口に Linux といっても、CentOS, Ubuntu などなど様々なディストリビューションがあります。Linux に馴染みのない方のために解説しておくと、Linux というのは OS の規格のようなもので、Linux 準拠の OS として CentOS や Ubuntu など様々なディストリビューションが存在します。「Linuxの環境を構築する」と言ったとき、実際には CentOS や Ubuntu などをインストールして環境を構築することになるのです。

 結論からいうと初心者の方は Ubuntu を選ぶのがベストかと思います。Linux というとコマンドを打ち込んで難しそうなイメージがあり、また実際にそれは避けては通れないのですが、Ubuntu は Windows や Mac のようなグラフィカルユーザーインターフェイスも備えており、はじめて Linux を使う方の入門用としては最適です。また、シェアの観点からも現在の Linux 環境のデファクトスタンダードになりつつあり、ネットで検索した際の情報量が多いことも利点です。

 OSの選択に加えて、仮想環境をホストするソフトウェアとして、VMWare や VirtualBox などがあります。どれを選んでも同じ…というわけにはいかず、仮想環境にどのOSを導入するかによって相性があります。Ubuntu を使うのであれば、VirtualBox にしましょう。

 手順としては以下のようになります。詳しい手順も加筆していきたいと思いますが、当面はインターネット上で検索して頂ければと思います。

1.VirtualBox(Webサイト)を Windows にインストールする。

2.Ubuntu Desktop の最新のLTS版(Webサイト)をダウンロードする。

3.VirtualBox 上で仮想環境を立ち上げ、ダウンロードした Ubuntu をインストールする。

 ここで、「Ubuntu Desktop の最新の LTS 版」という用語が出てきたので解説しておきます。Ubuntu と一口にいっても様々な形態、バージョンがあります。形態としては、Server や Desktop などがあり、Desktop であれば Windows や Mac のように、デスクトップ、メニュー、ウィンドウなどのグラフィカルユーザインターフェイス環境がセットになっています。個人で Ubuntu を使う方にはこちらがおすすめです。

 次に、LTS 版という用語ですが、これは Long-Term Support の略で、安定バージョンという意味合いになります。現在の慣行として、Ubuntu では2年に1回 LTS 版が更新されます。この記事を執筆している時点では、18.04 が最新の LTS 版で、その前が 16.04 になります。

 ですので、この記事を2018〜2019年に読まれているのであれば、基本的には 18.04 をインストールしておけばよいでしょう。もしくは、情報量的には1つ前のバージョンの方が多かったりしますので、安定や情報量をとりたければ 16.04 も選択肢かなと思います。本記事では 18.04 を前提として解説していきます。

他の選択肢もあるが…

 Windows のパソコンで、Ubuntu の仮想環境を構築する方法は他にもあります。が、あまりおすすめできません。

 Windows 10 では WSL (Windows Subsystem for Linux)という機能が追加され(参考記事)、VirtualBox などのソフトウェアをインストールせずとも Windows OS の標準機能として、Linux の仮想環境を利用することができるようになりました。しかし、まだまだ問題が多く、VirtualBox の代替として使うのは難しいのが現状です。

 また、最近流行りの Docker で手軽に Linux 仮想環境を構築するという手もあります。これは1つの選択肢としてはアリなのですが、Python 初心者の方にはおすすめしません。Linux、Python、Docker と新しいことを3つも同時に覚えなくてはいけないので、ハードルが非常に高いです。順序としては、まず Linux 上で Python が使えるようになり、それから Docker に手を出すことをおすすめします。

次回予告

 Python 環境構築に入る前の OS のセットアップから長くなってしまいました。次回はいよいよ Ubuntu 上に Python 環境を構築するところをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク



posted by 勉三 at 13:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | IT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184915473
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック