2018年11月03日

仕事で焦りは禁物!焦るとミスをしやすくなる

コンサルはせっかちな人が多い

 ども勉三です。コンサルタントとして働いていると、プロジェクトが変わる度に色々な人と一緒に仕事をすることになります。しかし総じてコンサルタントというのは、せっかちな人が多い傾向があります。特に、仕事ができる人ほどせっかちです。

 勉三もせっかちな部類ですが、コンサルタントの中では並の部類だと思います。私より頭の回転が速い人は沢山見てきました。そんな人と一緒に仕事をしていて一番苦労するのが、焦らされることです。

 コンサルだと特に多いのが会議中に指示が飛んでくることです。この資料を写せ、ここの部分はメモを取れ、この情報はどうなっているのか等々、その内容は多岐に渡ります。会議中というのは誰しもある程度緊張状態に陥るものです。他の人が参加している手前上、ぐずぐずと手間取るわけにはいきません。そんな、ただでさえプレッシャーを受けている状況で、さらに急かされるわけです。

焦るとパフォーマンスは落ちる

 ですが、勉三の考えでは焦ると逆にパフォーマンスが落ち、速くなるどころか遅くなります。また、ミスも起こしやすくなります。焦ると平常時はできていたこともできなくなったりするものです。

 実は大切なのは、焦らされた時にどれだけマイペースを保てるかです。もちろん、マイペースといってもグズグズとという訳にはいかないでしょうから、そこは程度問題ではあるのですが、焦らされた時こそ落ち着いて対応するほうが良い結果を生み出せます。

自分が最もパフォーマンスを発揮できるペースを保つことが大事

 これは単に1つ1つの会議の時だけに限りません。仕事のあらゆるシーンで、あなた自身にとって最もストレスがなく、最もパフォーマンスを発揮できるペースというものがあるはずです。このペースを極力保って仕事をすることが非常に重要なのです。

 他人のペースに合わせているということは、あなたの能力が100%発揮できないことを意味します。それではいけません。極力自分のペースを保つのが仕事のコツだと勉三は考えています。

タグ:仕事術

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事・キャリア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184850674
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック