2018年10月20日

仕事をしている限りは常に成長を意識すべき

 コンサルが好きな言葉に「成長」というものがあります。「コンサルは常に成長しつづけないといけない」「成長したいと思ってコンサルになった」などのフレーズを耳にしたことがあるかと思います。これを聞くと意識高い系かと思われるかもしれませんが、それは誤解だと勉三は思います。

成長と仕事の面白さは密接な関係がある

 コンサルの言う「成長」とはそれほど難しい概念ではありません。もう少し分かりやすく言えば「同じ仕事をただ繰り返すだけなのは退屈で嫌だ」という意味合いが含まれていると思われます。それをオブラートに包んで余所行きの言葉にしたのが「成長」というわけです。

 例えば、仕事が単なる作業になっている人は結構多いのではないでしょうか? なぜ作業になるかというと、その仕事に求められるスキルは凡そ身につけているからに他なりません。つまり成長なしに業務をこなすだけの状態になっているわけです。

 こう考えると、実は仕事で成長できるかというのは、仕事の面白さとも密接な関係があります。成長している限りは仕事に飽きることはありません。少し背伸びをしなければ追い付かないぐらいが「心地よいプレッシャー」というやつで、一番仕事が面白くなるのではないでしょうか。

成長しているかどうかは労働対価としても重要

 また、もう1つ別の側面からも仕事で成長し続けることは大事です。それは、勉三も繰り返しこのブログで述べていますが、仕事からは給与以外にもスキルや人脈などを対価として得るべきであると。今風に言うと「無形資産」というやつですね。

 ここにも成長は密接に関係しています。成長しているということは仕事からお金以外を得ているということで、いうなれば非常にお得な状態なわけです。逆に仕事をして成長していないというのは、時間を売ってお金を稼いでいるわけで、次第に若さという無形資産が失われているためにジリ貧になるわけです。

常に日々「この業務をすることで何が得られるんだろう」を意識しながら仕事せよ

 このように、成長は仕事をする上で非常に重要な要素であると言えます。大切なのは、日々の業務をこなすうえで、単に処理するだけでなく、必ず「この業務から学べることはなんだろう」と日々自問自答を繰り返すこと。これがないと仕事は単に時間を売るだけの作業になってしまいます。

タグ:仕事術

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 23:14 | Comment(0) | 仕事・キャリア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。