2018年10月17日

よくある「仕事の典型的な1日」は参考にならない!

 ども勉三です。企業の採用サイトとか、転職エージェントのサイトとかで「典型的な1日のスケジュール」ってやつ、よくありますよね。例えば、7時起床、8時半早めに出社し始業前にニュースとメールをチェック、9時社内会議… みたいなやつ。

 ニーズとしては分かるんですよ。求職者にとっては次の仕事に就いたらどういう生活になるのか想像したいから。でも、勉三の経験から言わせてもらうと、この手の「典型的な1日」は全く参考になりません。

毎日大きくスケジュールは異なる

 まず初めにお断りしておきますが、勉三はこれまでに企業での研究職とコンサルを経験しています。そのどちらも非定型な部類の仕事に入るかと思います。なので、全ての仕事がそうだと言うつもりはありません。

 ですが、こういった非定型な仕事、すなわち毎日の決まったルーチン業務がなく、日々やることが変わるような仕事の場合、同じような1日は無いといってもいいです。ある日は会議が全くなく、ずっとデスクワーク。ある日は朝から晩までずっと会議。ある日は午前病院に行って午後から出社。ある日は出張。などなど目まぐるしく日々のスケジュールは変わります。

 そうはいっても1か月ほどずっとスケジュールを追って行けば、それなりに傾向は見えてくるかなと思います。ですので、1日だけではなく、1か月のスケジュールを見るのであれば参考にはなるかと思います。1日だけ見ても何の参考にもなりません。

会社の人事部や広報部から「典型的な1日」を聞かれたら普通は盛って書く

 「典型的な1日」が当てにならないもう1つの理由は、それを聞かれた社員は、日々変わりゆく変動の大きいスケジュールの中でも、かなり忙しい日を選んで書くであろうからです。

 これは少し想像してみれば分かるでしょう。一番暇な日を書いて提出したら、「え?普段これだけしか働いてないの?」と周りから思われてしまいます。上司が見たら「余裕がありそうだからもっと仕事を振ってやろう」と思うでしょう。社会人たるもの忙しいふりをしてナンボです。暇と思われて得することなんて何もありません。

 要は、実態より忙しく見せることにインセンティブがはたらくため、「典型的な1日」も平均より忙しい日が選ばれる傾向が非常に強いということです。場合によっては人生で一番忙しかった日を選んで書いてる人もいるかもしれません。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 23:15 | Comment(0) | 転職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。