2018年09月22日

コンサル業界は飲み会が多いのか少ないのか

 ども勉三です。仕事を選ぶにあたって飲み会の頻度って結構大きなファクターなのではないかと思います。飲み会が嫌いな人にとっては、飲み会というのは残業よりも苦痛なものです。今回は、勉三がこれまで日系大手メーカーと戦略系コンサルティングファームで働いた経験から、どちらが飲み会が多いのか、また飲み会の内容に違いはあるのかを解説したいと思います。

戦略コンサルは飲み会は少なめ

 まず初めに断っておきますが、コンサル業界といっても、日系・外資、戦略・非戦略、ファームの規模、また同じファーム内であってもインダストリーなどのチームによって雰囲気は全く異なります。加えて、各自がアサインされるプロジェクト、同じプロジェクトにアサインされるパートナー、マネージャー、ジュニアスタッフによっても人間関係や雰囲気はガラっと変わるので、一概に言えるものではありません。

 ただ、イメージとして、飲み会の頻度としては、非戦略系>事業会社>戦略系といっていいと思います。つまり、戦略系コンサルティングファームは非戦略系や事業会社と比べて飲み会が少ない傾向にあります。

 この理由としては、戦略系は拘束時間が長く、平日は飲み会の予定を入れるのが難しいからというところと、ストイックな人が多いという2つがあるのではないかと思います。平日に社内の他のプロジェクトにアサインされている人と一緒に飲みに行くのは結構難しいです。

 特にコンサルファームでは部署全員が参加するオフィシャルな歓送迎会というものが基本的にありません。出入りが激しく毎月のように出たり入ったりなので、そんなことをしていたら毎月歓送迎会になるでしょうし。メーカーだと部署に人が配属されたり、人が出ていくときには必ず歓送迎会を行っていたので、転職当時はかなりカルチャーの違いを感じました。

コンサルの飲み会はだらだら続かない

 勉三は飲み会自体は嫌いではありませんが、コースが一通り出そろった後も延々と何時間も話が続くのは嫌いです。飲み会は長くても2時間まで。それ以上は時間の無駄だと感じて帰りたくなります。

 コンサル業界では飲み会の時間の区切りが早く、それほど延々と続かない点は非常に助かります。ただし、これもプライベートで同期と飲みに行った場合などはその限りではありません。あくまでオフィシャルな飲み会の話です。

クライアントとの飲み会はたまにある

 コンサルでは、だいたいプロジェクト期間中に1〜2回はクライアントとの親睦を兼ねた飲み会が開催されます(これもプロジェクトの期間やクライアントによりけり)。社内の飲み会とは異なり、お客様をもてなす立場なので羽目を外してはいけません。

 そう聞くと身構えてしまうかもしれませんが、基本的に会社から(あるいはパートナーから)お金が出るので無料で比較的レベルの高いお店で食事をすることができるのはメリットです。私はマンネリな社内での安居酒屋での飲み会よりは、クライアントとの飲みの方がネットワークを広げられますし、仕事もしやすくなるので好きなぐらいです。

プロジェクトメンバーとの食事は多い

 飲み会ではないですが、同じプロジェクトにアサインされているメンバーとの食事(昼食、夕食)は結構多いです。コンサルは忙しいので毎日一緒に昼ごはんに行くということはないですが、時間があるときは会社や常駐先の近くの飲食店に一緒に食べに行くこともありますね。

 これまたプロジェクトによりますが、プロジェクトの予算から食事や飲み会の費用が出ることや、あるいはパートナーと食事に行くと奢って頂けることも多いので、若手にとっては助かります。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 02:55 | Comment(0) | 転職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。