2018年09月02日

仕事ができる人の共通点とは?

 ども勉三です。前回の記事で、高学歴だけど仕事ができない人に足りないのは素直さであると説きました。素直ささえあれば、殆どのスキルは時間をかければ習得でき、逆に素直さがなければ如何に優秀な高学歴といえども長い時間の果てに追い越されてしまうということです。

 このように素直さがあれば、仕事で必要な最低限のレベルには誰でも達するというのが勉三の見解です。ところが、それはあくまで80点ということ。そこから90点、100点を叩き出すようなハイパフォーマーと呼ばれる人たちになるには、自律性、学力、素直さ以外のもう1つの要素が必要です。

大事なのは仕事をやりきる力

 たまに見かけるのですが、仕事をやりきる意思が希薄な人というのがいます。例えば、何か仕事を依頼していて、そのプロセスの中にメールで部長に確認を取るという作業が含まれていたとしましょう。「A君、こないだ頼んだ仕事どうなったの?」と聞くと、「部長にメールしたんですが返事がまだなので」と言うようなケースです。

 もちろんケースにもよるのですが、自分のタスクである以上はこの待ちの姿勢はいけません。部長から返事が来ないなら、再度メールを送って確認してみるとか、電話や直接会いに行って要件を伝えるとか、そういった対応が望ましいでしょう。このような待ちの姿勢がどこから来るかと言うと、そのタスクを自分の仕事だと思っていない、やり切らなくてもいいと考えているところにあるのではないでしょうか。

 例えばこれが会社からの給料が未払いで、自分の今月の給料はどうなっているのかを担当者に問い合わせるのであれば、仮に返事がなければ必死で追撃メールなり電話をかけるはずです。やりきる力とは仕事を自分事だと思うこととも言えます。

メールで確認するときは返信を強制する書き方をする

 メールで確認するときに単に聞くだけでは、相手への強制力としてイマイチです。ステップの実施ではなく、仕事の完遂を重視している人はメールの書き方も違います。

 例えば、「本件、どのように進めればいいでしょうか?」という質問だと、消極的に聞こえますし相手も答えにくいでしょう。これを「本件、A案で進めようと思っていますがどうでしょうか? もし問題あれば今週中に返信ください。特に異論なければAで進めます」といった返信にすると、返信してもらえる可能性がぐっと高くなりますし、何より「こいつは頼れるやつだ」と思われるようになります。

 この違いは、自分の意見やポジションをはっきりさせたうえで、相手に意見を求めていること。A案が問題あれば上司が代案を示せますし、なければそのまま進めてくれというだけなので非常に返信がしやすいのです。また、返信が無かった場合には暗黙の了解で進めるという書き方。多少強引ですが、仕事を完遂するという強い意志が感じられます。

 このように、メールの書き方1つでも仕事のできる人とできない人の差が現れます。その要因はやはり仕事をやりとげようとする力ではないでしょうか。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 11:46 | Comment(0) | 仕事・キャリア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。