.

2018年09月01日

英語力アップに英会話学校は役に立つのか

 ども勉三です。英語力アップの選択肢として、多くの人は英会話学校に通うことを一度は考えたことがあるのではないでしょうか。果たして英会話学校はどれほど効果があるのかについて今回は取り上げたいと思います。

どれぐらいのレベルを目指すかによる

 さて、このような話題をするにあたっては、まず「どのぐらいのレベルを目指すのか」の目線合わせをしておく必要があるでしょう。単純に英語力アップといっても、アメリカで就職できるレベルを目指すのか、外資系企業や海外赴任など日常的に外国人とのコミュニケーションが多く発生する環境で業務に支障がないレベルを目指すのか、日系企業内でたまにある海外出張や海外支社とのやりとりを円滑にできるレベルを目指すのか、あるいは単にTOEICのスコアを上げたいだけなのか。これらは天と地ほどの差があります。

英語だけで仕事ができるレベルを目指したいなら、英会話学校だけでは不十分

 さて、先ほど挙げたうちの「アメリカで就職できるレベル」あるいは「日常的に外国人とのコミニュケーションが多く発生する中で仕事ができるレベル」の2つを「英語だけで仕事ができるレベル」と定義したいと思います。これはコミニュケーションで一切日本語を使わずに、周りが全員外国人だったとしても仕事ができる水準の英語力という意味です。

 もしそのレベルを目指すのであれば、英会話学校だけでは不十分です。理由は簡単。圧倒的に時間が足りないからです。

 勉三は過去にベルリッツに通っていたことがありますが、マンツーマンレッスンであれば1レッスン45分で6000〜8000円程度はかかります。20回なら15万円近く、40回なら30万円近くもの金額が必要です。それだけの金額を払っても、たかだか合計で15時間とか30時間程度しか会話ができないわけです。

 これは留学や赴任など海外で暮らしながら接する英語量と比べれば数日程度の分量でしかありません。この程度の分量では、英語だけで仕事をできるレベルに到達するのは難しいです。

英会話学校は英語学習の補助として使うのがベスト

 ただ、だからといって英会話学校は意味が無いとまでは言いません。例えば、留学や赴任、あるいは国内にいても英語をずっと使うような業務に携わっていて、毎日英語に長時間接しているのであれば、それにプラスしてさらに英会話学校に通うことは大きな底上げ効果があります。

 というのも、普段の会話ではなかなかしてもらえない指摘を、英会話学校では受けることができるからです。ネイティブはこういう表現をするよ、とか、この表現は失礼に聞こえるからやめておいたほうがいい、とか、そういったことは英会話学校の方が効率的に学ぶことができます。

 つまり、あくまで英会話学校はサブです。メインは毎日長時間英語に接すること以外に勉強方法はありません。

目指すレベルがそこまで高くない場合

 さて、ここまで「英語だけで仕事ができるレベルを目指す」ことを想定して書いてきました。もし、そこまで高いレベルを目指しているわけではないのであれば、人にもよりますが英会話学校は一定の効果はあると思います。

 というのも、ほどほどのレベルを目指すのであればそこまでの長時間は必要なく、また、そういった方はこれまであまり英会話の訓練もしてこなかったでしょうから、たとえ1レッスン45分を毎週1〜2回などの短い時間であっても効果はあると思います。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 02:00 | Comment(0) | 英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。