.

2018年08月18日

東大を出ただけでは低学歴と見なされる時代がやってくる

 ども勉三です。アメリカやヨーロッパでは既に、大卒(学部卒)というだけでは低学歴と見なされる時代になっています。LinkedIn などでプロフィールを眺めてみるとよくわかります。殆どの人は、MBA(経営学修士)やPhD(博士号)などの大学院の学位、もしくはMD(医師免許)や弁護士などのトップクラスの資格を持っています。

 日本でも大学院卒はもはや珍しいものではなくなりました。特に理系の上位大学では学部を卒業した学生に殆どが修士課程に進学し、企業の研究職に就くのも修士以上がほぼ必須という状況です。ですが、博士号を取らないと研究者とは見なされない欧米と比べると、まだまだ修士までしか進まない人が多く、日本の「高学歴化」は欧米と比べると足踏みしている感はあります。また、文系ではまだまだ学部卒で就職するのが標準で、大学院進学が就職に不利になると考えられている面も残っています。

今のことだけでなく将来も考えよう

 ですが、これはあくまで今の話です。今の高校生や大学生が人生を考えたとき、20年後、30年後にはどのような世の中になっているかまで想像しないといけません。

 過去を振り返ってみたとき、日本では「女に教育はいらない」と言われた時代がありました。そんなに遠い昔の話ではありません。70〜80年代ぐらいまではこういった考えの人は珍しいものではありませんでした。女性は高卒や短大卒で十分高学歴という時代があったのです。しかし今はどうでしょうか?女性の大卒は全く珍しいものではなくなりました。

 男性の学歴も同様です。明治の学制が始まって以来、一部のエリートが目指す高嶺の花であった大卒は勝ちが暴落し、バブルの頃にはテーマパークと呼ばれるまでの存在になってしまいました。また、一部の勉強好きが行くところであった大学院が、就職を先延ばしするためにモラトリアムで進む場になって久しいです。

 このように、学歴というのはどんどんインフレするものです。また、その帰結として、時間がかかるにしても必ず欧米の後追い、すなわちホワイトカラーで条件のよい仕事に就こうと思うと、大学院の学位か医師や弁護士のようなトップクラスの資格が無いと厳しいという時代になります。

留学もせず資格の取れない学部へ行くのは人生の損

 そうして考えた時、学部の選択に際して考慮しておくべきことがあります。それは「大学で4年間(6年間)も過ごすなら、クソの役にも立たない学位記の紙切れ以外にプラスアルファで何かが得られる大学へいけ」ということです。

 一番分かりやすいのは、医歯薬などの医療系学部です。これらの学部は、その学部を卒業した人にだけ国家試験の受験資格が与えられます。それに合格することで医師や薬剤師の資格が得られます。また、当然ながら大卒でもあるので、一般企業に就職することも余裕です。医師免許を持って民間企業で働いている人は日本ではまだまだ少ないですが、欧米ではごくありふれたものです。

 つまり、これらの学部へ行くことは、通常の大卒の学歴に加えて、プラスで強力な資格が得られるという事であり、明らかに時間の使い方としては賢いです。また、医療系以外にも、弁護士や公認会計士のような強力な国家資格の取得も、わざわざ大学に行った意味があるといえるでしょう。

 もう1つ、これら資格以外でプラスアルファが得られるものとして海外留学があります。例を挙げるなら、同じ経済学部卒であっても、日本の大学を出ただけでは他の日本人と差別化できませんが、海外の大学を出ていれば英語力で差別化ができます。正直、これはかなり大きいです。

 というのも、海外で3〜4年間といった期間、勉学に専念するという経験はなかなかできるものではありません。いくら日本で英語を勉強してTOEICで満点をとったとしても、海外の大学卒の人の経験には敵いません。もちろん、留学してもしっかり英語も専門も身に着ける人もいれば、そうでない人もいるので一概には言えませんが、しっかり勉強するのであれば留学は非常に時間の使い方のいい選択肢です。

 このような流れは既に進学校では大昔から当たり前になっていて、大多数の人は東大ではなく国公立医学部を目指します。正直、東大の理学部や工学部に進んでも、他の大学の理学部や工学部へ進むのとそこまで決定的な違いがあるわけではありません(院から東大に来ることもできますし)。東大の非医学部へ行くぐらいなら、地方国公立でもいいので医学部へ行ったほうが賢いとみんな気づいているからです。

 また、灘などのトップ進学校では、近年は海外進学の数が増えていると言います。東大の経済学部や法学部に進むぐらいならその方がいいでしょう。海外で東京大学つっても所詮は島国の田舎大学ですから「ふーん」ぐらいにしか思われません。スタンフォードやハーバードなら世界中の誰もがエリートと認めてくれます。皇族の方々もこぞって海外留学するのを見ていれば分かるでしょう。箔をつけるためにも米国や英国のしっかりした大学の学歴は必要です。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 17:57 | Comment(0) | 仕事・キャリア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。