.

2018年07月30日

偉くなりたかったら偉い人の傍にいろ

 ども勉三です。会社員というのは若いうちは差が無いように見えても、定年の頃には残酷なほどの差がつきます。殆どの人は再雇用で年収が若手並に大幅削減されてしまいますが、一部の出世組はその後も会社に居座り高い給与を貰い続けます。そういった出世組は、会社を退職してもどこかの外郭団体やら関連企業やらに再就職し、65や70を過ぎても収入を得続けます。

 無論、最近は顧問役を廃止する企業があったり、公務員の天下りも規制が厳しくなっているので、今の若い人たちが定年を迎える頃には大きく事情も異なっているかと思われます。しかし、いつの世においても出世する者としない者とで大きな格差があることは変わらないでしょう。

 では、なぜこのような格差が生まれるのでしょうか? 出世する人としない人はどこが違うのでしょうか? 出世する人は能力が高く結果を残してきたことは間違いないでしょう。しかし、純粋に能力だけで決まるわけでもなさそうです。今回はこの謎について考察したいと思います。

出世の50%は環境で決まる

 出世の50%が本人の努力や能力で決まるとしたら、残り50%は環境で決まります。要は「どこに身を置いて頑張ったか」です。

 企業の中には結果をあげやすい部署とそうでない部署があります。部署の中での昇進であれば純粋に年功と成果で決まる部分が大きいですが、その枠を超えて役員レベルまで行くためには他人と差別化できる結果が求められます。そのためには結果をあげやすい部署で努力することが必須要件です。

 また、そのような部署は既に出世し役員や取締役になっている者も多く、彼らとの繋がりが多いのもメリットです。ぶっちゃけ、どれだけ偉くなれるかは、どれだけ周りに偉い人がいるかと強く相関します。あなたが必死で働いたとしても、直属の上司にしか認知されないようではタカが知れています。その上司にできる範囲でしかあなたを引き上げることはできないからです。

 ところが、あなたの努力や成果が社長や役員の目に止まったらどうでしょうか? 「あいつは頑張っている奴だから、今度のプロジェクトは彼に任せたらどうだ」とか「あいつは見込みがあるから花形部署に異動させて経験を積ませよう」といったことに繋がるチャンスが生まれます。昇進は結局は人が決めるわけです。どれだけ評価がシステマティックになったとしても、偉い人の一言の方が強いです。

努力する前に環境を考えよう

 勉三の経験に基づいて言うと、努力するのが得意な人は沢山います。また、環境にあれこれ文句をつけるけれど努力しない人も割といます。しかしながら、努力し、かつ環境を変える勇気を持つ人は非常に少ないです。

 これは日本人の職業観にも表れています。日本では転職理由の1位が人間関係だそうです。つまり、待遇アップを求めて転職する人が少ないのです。待遇がそれほどでなくても人間関係に問題がなければ、ずっとその職場で仕事をやり続ける傾向が強いと言えます。

 このこと自体が悪いとはいいません。そういう価値観の人があっても良いと思います。しかし、同じ努力で最大限の効果を得たいのであれば、努力したうえで環境を変えることも考えてみるのもいいと思います。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 20:00 | Comment(0) | 仕事・キャリア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。