2018年06月23日

iPS細胞がオワコン化している!?日本科学界のタブーに迫る

 ども勉三です。2012年、山中伸弥教授がiPS細胞(人工多能性幹細胞)の業績によりノーベル医学生理学賞を受賞したことは、科学にあまり詳しくない方でもご存知かと思います。その後、衰退する日本の科学研究において世界をリードする数少ない分野として、政府や大学は国策としてiPS細胞に研究費を注ぎこんできました。

 ところが、このiPS細胞が近年急速に「オワコン化」(友人談)していることはご存知でしょうか? 勉三の友人に某大学で再生医療の研究をしている人がいるのですが、代わりに台頭してきているのがES細胞(胚性幹細胞)らしいのです。そして、その事に殆どの研究者は気づきながらも巨額の研究費をかけて国策として進めてきたiPS細胞を否定することができず、次第に再生医療分野において日本が取り残されているらしいのです。

 今回はその友人から聞いた話を再構成して分かりやすくお伝えしたいと思います。なお、勉三は再生医療の専門家というわけではないので、細かい間違いなどはご容赦頂ければと思います。

ES細胞とiPS細胞の違いとは

 ES細胞自体は新しい概念や技術ではありません。iPS細胞が登場する遥か以前から存在したものです。基本的にはどちらも体内のあらゆる細胞に分化することができる、すなわち血液細胞や肝細胞などに分化させることができるという点では共通です。

 しかし、ES細胞は動物の発生初期の胚(胎児になる細胞)から採取して作られるため、倫理的な面で問題がありました。また、既に大人になっている人からは採取できないので、臓器移植などに使う際にも拒絶反応などの問題がありました。

 そこで登場したのがiPS細胞です。iPS細胞は、大人から採取した皮膚細胞などを用いて、強制的に遺伝子を発現させることで、ES細胞のように再び分化能(他の色々な細胞に分化できる能力)を獲得させた細胞の事です。

 ES細胞と違って、iPS細胞は大人の体細胞から得ることができるので、ES細胞のような倫理的問題はありません。また、自分の細胞から作ったiPS細胞を心臓や腎臓などの細胞に分化させれば、拒絶反応なしで移植できるので夢の技術と期待されました。

iPS細胞は期待してたほど夢の技術ではなかった

 ところが、期待されていたほどiPS細胞で何でもかんでも臓器が作れる訳ではないことが分かってきました。比較的構造が単純で分化させやすい組織であればともかく、腎臓や肝臓といった複雑な組織はとてもじゃないが今の技術では作れないという現実が次第に明らかになってきたのです。

 もちろん、この問題はES細胞であっても本質的には同じことです。ただ、iPS細胞は最初に人為的な操作を加えているため、考察が難しくなります。何かよく分からない操作をして作った細胞に、さらに何かよく分からない操作をして色んな組織の細胞を作るというのは、そのプロセスを研究するには、あまりに複雑すぎると言えます。

 その点、ES細胞は元々多能性を有しているので、操作が1つ少ないわけです。そのため、近年はあまりにブラックボックス化していてよく分からないiPS細胞よりも、よりシンプルなES細胞を使って研究する流れがどんどん加速しているということなのです。

 また、以前は倫理的な観点から米国でのES細胞の利用が規制されていたのですが、それが近年緩和されたこともES細胞の再浮上につながったようです。

日本では何故か誰もいわないが世界では常識

 ところが、この「誰でも知っているiPS細胞オワコン化の事実」を、日本で取り上げている人は非常に少ないようです。この記事を書くにあたって勉三もネットで調べてみましたが全く見つかりませんでした。

 代わりに英語で検索してみると簡単にヒットしました。世界トップクラスの科学ジャーナルであるNatureの記事 "How human embryonic stem cells sparked a revolution"(ヒトES細胞はいかにして革命を引き起こしたか)(2018年3月20日)から引用して紹介したいと思います。

 多くの人が、研究の世界ではiPS細胞はすぐにES細胞の役割に取って代わるだろうと考えていた。しかし、そうはならなかった。その後もES細胞に関する論文数は急速に増えつづけている。この理由の1つとしては、研究者がiPS細胞と比較するためのゴールデンスタンダードとしてES細胞を用いているということがある。また別の理由は、今日においても、iPS細胞の安全性について疑問を抱く人がいるためだ。(中略)

 臨床においても、多くの人はiPS細胞がES細胞を最終的には上回るだろうと考えていた。iPS細胞の利点の1つとして、患者と同じDNAを持つ細胞や組織を作ることができるため、移植時の拒絶反応が避けられるという点がある。しかし、1型糖尿病を含む殆どの遺伝病については、患者本人から作ったiPS細胞は問題を引き起こす変異を含んでおり、治療に使うためには変異を修正しないといけないことが分かった。

 また、これとは別にコストの問題もある。iPS細胞を臨床で使うためには百万ドル(約1億円)が必要になるとJeanne Loring氏は語る。このコストを考えると、現時点では患者から採取したiPS細胞を治療に使うことは現実的には困難である。しかし、Loring氏は将来コストが下がり、iPS細胞がパーキンソン病の治療に使えることを期待する。

 これまでのところ、研究者たちはiPS細胞を使った臨床試験を1つしか開始できていない。理研の高橋政代氏が率いるチームが、加齢黄斑変性の治療を目指していたが2014年に中断された。その理由として、当初は患者由来のiPS細胞を使おうとしていたが、手法を簡単にし患者本人でなく別のドナー由来のiPS細胞を使うように試験を変更したためである。臨床試験は2017年に再開されたが、今年1月に別の障害に遭遇してしまった。というのも、移植を受けた被験者の眼に膜ができてしまい、それを取り除かなければならなくなったからである。

 他方、ES細胞の加齢黄斑変性への適用例は多く存在する。米国、英国、韓国、中国、イスラエルで少なくとも6つの臨床試験がこれまでに実施されてきた。3月19日、Pete Coffey氏らの研究チームは、ES細胞から作られた細胞片を2名の被検者の網膜に移植した試験の結果を公表した。移植から1年経過後、ゆっくりとではあるが、被検者は文字を読めるまでに視力を回復したとのことである。

 実際、iPS研究の総本山である京大iPS細胞研究所なども、表立ってiPS細胞を否定はできないものの、実はしれっとES細胞の研究にシフトしているそうです。

そうはいっても日本人としてはiPS細胞にも期待したい

 いかがでしたでしょうか。ただ、そうはいっても日本人として、勉三はiPS細胞に頑張ってほしいという期待が強いです。国策だからというのではなく、ES細胞とiPS細胞のお互いの良い点を活かして柔軟に再生医療の研究を進めて頂きたいと切に願っています。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 08:00 | Comment(0) | 時事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。