2018年06月04日

問題解決は Where、Why、How の順に考えろ

 ども勉三です。コンサルタントはクライアントの抱える問題を解決するのが仕事なわけですが、この時によく言われるのが「Where、Why、How の順で考えろ」ということです。

人は How から考えてしまう癖がある

 例を挙げましょう。例えば、あなたが会社で働き方改革のプロジェクトチームにアサインされたとします。チームに課せられたミッションは「残業時間の短縮」です。あなたならどうアプローチしますか?

 ここで多くの人は How から考えてしまう傾向にあります。How とは打ち手や対策のことで、「早く帰るために会議の数と時間を減らす」だとか「仕事に優先順位をつける」といった具体的な実行策のことです。

 最終的に How を提案するのがプロジェクトチームの成果になるので、How に注力してしまう気持ちは分からなくはないのですが、いきなり How から考えるより、まず問題を特定する方が時間的にも効率がいいことが多いです。

まず問題を Where で分析してみる

 これに対して、Where というのは「どこに問題があるのか」を考えることを意味します。

 先ほどの例でいえば、「残業時間が増えてしまうのは、会社の業務のどこに問題があるからなのか?」を考えるのが Where になります。ここで大切なのは、業務を俯瞰して抜け漏れなく分析することと、仮説を持つことです。

 抜け漏れなくというのは、例えば業務を「直接業務」「間接業務」に分類するだとか、「会議」「メール」「移動」「資料作成」「経費精算」… などに分類することです。MECE(ミーシー、ミッシー)という用語を聞いたことがあるかもしれません。これは「漏れなくダブりなく分類すること」(Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive)を意味し、MECEになるように分類することで網羅感が出て説得力も増す効果があります。

 仮説を持つというのは、「もしかしたら会議時間が長いんじゃないか」とか「経費精算などの社内手続きが煩雑で時間がかかっているんじゃないか?」といった予想を自分なりに立ててから、調査なり分析を行うということです。こういった仮説がないままに分析を行うと、あらゆるデータを集める必要がありますし、分析の視点も定まらないので非効率です。

 ただし、仮説はあくまでその時の予想なので、調査や分析をする中で正しくないことが分かることも多いです。その場合は、そこで仮説を修正して、また調査や分析を行います。このように仮説→検証のプロセスを高速で回すことが問題解決では重要なのです。

次に Why で問題の原因を探る

 Where で問題個所が特定できたら、次は Why で問題の原因を特定していきます。例えば「会議時間が長い」ことが分かったら、「なぜ会議時間が無いのか?」と問いかけをし、「会議の数が多いのか」それとも「1回あたりの会議時間が長いのか」を分析したり、「どういった種類の会議の時間が長いのか」などを分析していきます。

 それができて初めて打ち手を考えるのです。例えば、「部署内の全員が出席する月例報告会の時間が長いが、情報共有目的であり、実際に話す人は数人だけである。重要な演目以外はメールで共有などができないか?」といった具合にです。

 最初に打ち手から入るよりも、全体を俯瞰して問題個所を特定してから分析をしている分、本質的な打ち手につながる可能性が高いですし、ストーリー的にも納得感や説得力が生まれます。

最後に

 いかがでしたでしょうか? 以前の記事、「天才島田紳助に学ぶ戦略論:紳竜の研究」で紹介しましたが、「紳竜の研究」というDVDで、紳助がお笑いについて同じことを語っており、勉三の説明よりも面白いのでお薦めです。

タグ:仕事術

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 20:00 | Comment(0) | 仕事・キャリア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。