2018年06月01日

「ミスター麻雀」小島武夫氏の追悼に視聴すべき動画

 ども勉三です。ミスター麻雀の異名を持つ小島武夫氏が5月28日に死去していたことが報じられました。小島先生は勉三が最も敬愛する雀士で、魅せる麻雀を信条とし、強いというだけでなく華がある方でした。82歳とのことなので大往生と言っていいでしょう。ご冥福をお祈りいたします。

 さて、小島先生についてネットでよく語られるのが、2009年の第3回モンド名人戦予選第13戦のテレビ収録対局の際に、ほぼムダヅモなしのわずか8順で九蓮宝燈を自摸和了りしたというエピソード(動画はこちら)。麻雀をご存知ない方のために補足しておくと、九蓮宝燈というのは麻雀で最も点数の高い役満と呼ばれる役の1つで、その出現確率は約0.0004%。つまり、25万回打って1回しか遭遇しないほどの激レアな役になります。それをテレビ収録で実現したのですから、伝説にもなりますよね。

他にも面白い動画がある!

 上の九蓮宝燈の動画も面白いのですが、勉三の一押しは、【麻雀】小島武夫 イカサマ麻雀に打ち勝つ手口公開!!【必勝シリーズ】という動画。

 これは、麻雀でイカサマに遭わないために、イカサマの手口を勉強しようと言う体のビデオなのですが、講師役の小島先生がノリノリでイカサマのテクニックを披露しており、むしろ逆にイカサマを推奨するかのような動画になってしまっている点が面白いです(笑)

 ニコニコ動画で見ると皆のツッコミも合わせて面白さ倍増です。また、小島先生だけでも非常に面白いのですが、生徒役のうちの1人である通称「帽子君」が非常に熱心で、「お前どう考えてもイカサマ覚えようとしているだろ」と突っ込みたくなるのも、いい味を出しています。

 時代を感じさせるビデオですが、麻雀が分かる方だと割腹絶倒間違いなしの動画です。ぜひご覧になってみてください。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 01:44 | Comment(0) | 時事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。