2018年05月22日

日大広報部と宮川選手に学ぶ危機対応力の差

 先日、「TOKIOに学ぶ不祥事への対応」という記事を書いたばかりですが、またしても新たな事例が発生してしまいました。

 事の発端は、日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボールの試合で、日大の選手が悪質なタックルをしたことに始まります。タックルを受けた関学大の選手は全治3週間の怪我。タックルの様子が映像に残っていますが、ボールを持っていない選手に向かっての、誰が見ても明らかに故意と思われるものでした。

 報道が過熱する中、今日5月22日は、タックルをした日大の宮川選手が記者会見を行い、それを受けて日本大学広報部がコメントを発表するという慌ただしい日となりました。

真摯に謝罪することで一気に世論を味方につけた宮川選手

 今日の宮川選手の謝罪会見は見事と言うしかありませんでした。無論、タックルを行ったこと自体は決して許されることではありませんが、その後の対応としては20歳とは思えないものでした。

 事実、宮川選手の謝罪会見に対しては、相手方の関学大の監督も「日大選手の行為そのものは許されることではないが、勇気を出して真実を語ってくれたことには敬意を表したい。立派な態度だった。」とコメントを出し、刑事告訴も辞さない構えを見せていた関学大選手の父親でさえも「勇気をもって真実を話してくれたことに感謝する」と語っているほどです。

 ポイントとしては、なんといっても包み隠さずに事実ベースで語ったことが大きかったと思います。内容も十分にディテールがありリアリティが感じられるものでした。こういった時はとにかく正直に話すことが一番です。少しでも隠蔽や嘘があると、世論はそれに不信感を抱いてしまいます。

 また、単に真摯というだけでなく、会見中の以下の箇所は想定される日大側の反論を事前に潰しておくという巧妙なものです。

 ポジションの先輩から、井上コーチに宮川に「アラインはどこでもいいから、1プレー目からクォーターバックを潰せと言っておけ」と言われた旨を告げられました。相手を潰すくらいの強い気持ちでやってこいという意味ではなく、本当にやらなくてはいけないのだと思い、追い詰められて悩みました。

 おそらく今回の謝罪会見に際しては、宮川選手本人だけでなく優秀な弁護士などのブレーンがついていたのでしょう。そう感じさせるものでした。

一方で幼稚さを露呈した日大広報部

 これに対して、日大広報部が出したコメントは「宮川選手とどちらが年上?」と感じるほどにお粗末なものでした。ここに議論のため全文転載したいと思います。

アメリカンフットボール部・宮川選手の会見について 2018年5月22日

 本日、本学アメリカンフットボール部の宮川泰介選手が、関西学院大学フットボール部との定期戦でルール違反のタックルをし、相手選手にケガを負わせた件につきまして、心境を吐露する会見を行いました。厳しい状況にありながら、敢えて会見を行われた気持ちを察するに、心痛む思いです。本学といたしまして、大変申し訳なく思います。

 会見全体において、監督が違反プレーを指示したという発言はありませんでしたが、コーチから「1プレー目で(相手の)QBをつぶせ」という言葉があったということは事実です。ただ、これは本学フットボール部においてゲーム前によく使う言葉で『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味です。誤解を招いたとすれば、言葉足らずであったと心苦しく思います。

 また、宮川選手が会見で話された通り、本人と監督は話す機会がほとんどない状況でありました。宮川選手と監督・コーチとのコミュニケーションが不足していたことにつきまして、反省いたしております。

日本大学広報部

 この中で日大広報部が犯したミスを2つ挙げておきましょう。

 1つ目は、『コーチから「1プレー目で(相手の)QBをつぶせ」という言葉があったということは事実ですただ、これは本学フットボール部においてゲーム前によく使う言葉で『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味です。』という部分。もちろん、言い訳がましいという点もそうなのですが、それ以上に深刻なのは、暗に宮川選手が会見で語ったそれ以外の部分については認めてしまっているという点にあります。

 なぜなら、もし宮川選手が嘘を言っているか、もしくは事実と異なることを言っているのであれば、それをまず最初に指摘するだろうからです。しかし今回はそういった指摘はなく、上記箇所の弁明のみでした。つまり、他の箇所も含めて発言内容が事実であることは暗に認めてしまっているのです。

 2つ目は、『コーチから「1プレー目で(相手の)QBをつぶせ」という言葉があったということは事実ですただ、これは本学フットボール部においてゲーム前によく使う言葉で『最初のプレーから思い切って当たれ』という意味です。』の箇所が、「監督がそう述べています」という表現ではなく、大学側の公式見解になってしまっていることです。

 仮にそれがアメフト部でよく使われる表現だというのが正しいとしても、広報部がそれを熟知して代弁しているのはおかしいですし、あくまで監督やコーチの弁であるとして紹介しなければいけません。これによって大学側も世論からすれば共犯者の位置づけになってしまったようなものです。

最後に

 いかがでしたでしょうか。人間の真価は間違いを犯したときに分かると言う言葉もありますが、今回の件はまさにそれを地でいくような展開です。我々も宮川選手の対応から学ぶところはあるのではと思います。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 23:42 | Comment(0) | 時事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。