2018年05月06日

TOKIO騒動に学ぶ不祥事への対処

 ども勉三です。今年のゴールデンウィークはTOKIOの山口達也の話題で持ち切りでしたね。SMAP解散後はジャニーズの顔とも言ってよい存在となり、人気番組「ザ!鉄腕!DASH!!」をかかえ、福島復興にも貢献するなど、国民的アイドルとしてこれから増々活躍というところで、このような事件は本当に勿体ないなと言うのが勉三がまず思ったことです。

 さて、今回の一件を見ていると不祥事への対応というのは本当に大事で、言い方ひとつで世論が味方になったり敵になったり正反対に変わる怖いものであるということも痛感させられます。今回はTOKIOから不祥事の対応について学びたいと思います。

不祥事への対応では「そこまでしなくても」と思われるぐらいがベスト

 さて、不祥事への対応では基本なのですが、「やりすぎ」「そこまでしなくても」と思われるぐらいの厳しい対応を取るのがベストです。対応が甘いうちは世論が敵になって攻めてきますが、ある一定ラインを越えて厳しい対応を取ると世論は同情的になって味方になってくれるものなのです。

 そういう意味では、山口氏の「TOKIOに席があるなら戻りたい」という発言は世論を敵に回す悪手と言わざるを得ないでしょう。もちろん、本音でそう思うのは構いません。人間ですから謝罪はしつつも最終的には許されたいと思うのは当然のことです。しかし、それを口に出して言うと叩かれてしまうものなのです。

 また、城島氏や国分氏が記者会見で語ったような、山口メンバーに同情する発言も悪いとまでは言いませんが世論を敵に回しかねないリスクがあります。

 以前、高畑順子の息子がホテル従業員への暴行で逮捕された際、発覚直後はインターネット上でも彼女に対して好意的な発言が中心だったのを覚えています。これまでの彼女の女優としてのキャリアがもたらした好感度のおかげといえるでしょう。ところが、記者会見で高畑順子が「でも私はどんな事があってもお母さんだからね」と息子と面会した際のことを語ったあたりから風向きが一気に変わり、彼女を叩く意見が一気に増えたのです。

 ただ、今回の件に関しては松岡氏が山口氏に唯一厳しいコメントをし、かつそれが本当にTOKIOや山口氏のことを思った親身な思いから出たものであることが感じられたため、TOKIOの会見はなんとか世論を敵に回さずにうまく乗り切ったのではと思っています。これで松岡氏も山口擁護だったらTOKIOは総叩きにあっていたことでしょう。

 また、つい先ほどですがスポニチで「ジャニーズ事務所 山口達也と契約解除 本人が改めて強い辞意 ジャニー社長と城島が協議し受理」といった記事が出ています。今後の経過を見ないとなんとも言えないところではありますが、Yahooのコメントなどを読む限りはTOKIOに同情的な意見が目立つように思います。これは正しい手だと思います。これぐらい厳しい対応をしてまずは世論を味方につけることが不祥事対応では最も重要なことです。

時間が解決してくれる部分もある

 なにも勉三は「山口氏はTOKIOに戻るべきではない」と言いたいわけではありません。ただ、戻るにしても、最初からそれを感じさせるようでは世論は許してくれません。いったんまずは契約解除という厳しい対応をとり、時間がたってから復帰すればいいのです。そのような例は芸能界には過去に沢山あるでしょう。

 大事なことは、今の感覚だけで全てを判断してしまわないことです。時が経てば人の感情も変わります。今は世論もワイワイ騒ぎ立てているけれど、何年かしたらほとんど忘れてどうでもよくなってしまいます。世論なんてそんなものです。また時間が経てば世論にも許す風潮が出てくるものです。であれば、世論が敏感になっているこの時期に甘い対応を取って、世論を刺激してしまうのは得策ではありません。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 23:56 | Comment(0) | 時事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。