.

2018年04月09日

コンサルは激務なのか?実際の話

 ども勉三です。コンサルをやっていると「激務なんでしょ?」と聞かれることがよくあります。また、コンサルへの転職を考えている人が、ネットや噂話で激務だ激務だと聞かされてしり込みしてしまうことも多いようです。今回は実際のところどうなのよ?という話をしたいと思います。

 なお、コンサルといっても大きく分けて戦略系とそれ以外でかなり異なりますし、非戦略系でもIT系かそれ以外かで大きく分かれるのかなと思います。また、ファームによる違いも当然あるでしょうから、全てを一括りにして論じることは不可能です。なので、あくまで勉三の戦略系ファームにおける実体験に基づいた話であり、全てのコンサルに適用できる話ではないということは最初にお断りしておきます。

昔よりはだいぶマシになっている

 これはどこのファームでもそうだと思いますが、一昔前と比べると労働時間についてはかなりマトモ(あくまでコンサルティングファーム基準で)になってきています。ネットで「コンサル 激務」などのキーワードで調べると、「毎日終電過ぎてタクシー帰り」だとか「深夜4時まで」だとかの話がたくさん出てきますが、今はこういったことは殆どありません。

コンサルの仕事はプロジェクトとマネージャー次第で千差万別

 「じゃあ何時ぐらいなんだ?」と言われるかもしれませんが、画一的な答えを用意するのは難しいです。というのも、コンサルは事業会社のような組織があるわけではなく、プロジェクトごとに毎回人がアサインされるという仕組みになっているからです。プロジェクトが異なれば仕事の内容も異なりますし、ジュニアスタッフ(非管理職)にとってはどのマネージャーがプロジェクトにアサインされるかで、働き方も大きく変わることになります。

 ある意味、プロジェクトごとに転職をしているようなもので、プロジェクトとマネージャーの組み合わせに恵まれれば、定時プラスアルファぐらいの仕事量で過ごすことができますし、逆に組み合わせに恵まれなければ毎日深夜ということもあります。

 ただ、どんなに激務のプロジェクトであったとしても、それが終われば綺麗さっぱりというのはコンサル業界の良い点かもしれません。激務のプロジェクトというのは大抵期間が短いものが多いですから。事業会社のように何年もそれが続くということがないのは気楽なところです。

仕事の総量はそれほどでもないが、ライフとワークを分離させるのは難しい

 もし事業会社から転職される方がギャップを感じることがあるとすれば、それは総労働時間よりも、ライフとワークの分離に関してだと思います。総労働時間に関して言えば、コンサルはそこまで四六時中仕事をしているわけではありません。暇な時は本当に暇ですし、平均してならせば1日当たりの労働時間としては意外と働いてなかったりします。

 しかし、現在の事業会社が働き方改革だワークライフバランスだとかで、勤務時間と非勤務時間を厳密に分け、非勤務時間には極力仕事をさせないようにしているのに対し、コンサルはそれと真逆であると思ってください。

 つまり、必要性があれば定時外だろうと休日だろうと対応が必要で、なければ定時内であっても仕事をする必要はありません。勤務時間と非勤務時間の境界が曖昧なのです。そういった働き方に馴染めるかどうかがコンサルとしての適性の1つにあると感じます。

最後に

 いかがでしたでしょうか? 一昔前のような連日深夜までの勤務ということは今の時代は殆どなく、平均すれば19〜21時頃には帰っている人が多い印象です。少なくとも働きすぎて体を壊すということは無いのではと思います。

スポンサーリンク

.

posted by 勉三 at 20:00 | Comment(0) | 転職
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。