スポンサーリンク


FaceSearch

MoneyScript

2018年03月19日

海外で犯罪に遭わないための基本!(1)

 ども勉三です。なんだかんだ言って日本は治安がいいので、日本人が海外へ旅行や出張などで出かける際には防犯に対する意識が必要です。といっても何をすればいいの?と分からない方もいらっしゃるかと思うので、今回は海外旅行で犯罪に遭わないための基本を解説したいと思います。

 3回に分けてお送りしたいと思いますが、1回目は基本的な心構えについて中心に述べ、具体的な対策方法は2回目以降に述べたいと思います。

海外といっても国や都市によって治安は全然異なる

 当たり前のことですが、一口に海外って言っても国や都市で治安はバラバラです。例えば、パリなんかだと「スリ対策のためにリュックサックは背中じゃなくて前にかける」なんてアドバイスされたりしますが、東京でもしこれをやっている人がいたらどう思いますか? 「ちょっと心配しすぎなのでは?」と思うでしょう。これと同じで例えばNYでもリュックを前にかけている人なんていません。

 要は、その国や都市に応じた最適な警戒態勢というものがあるのです。過度に警戒しすぎていても逆に変ですし、警戒しなさ過ぎてもいけない。しかし問題は初めて行く場所の治安に関して、前もって情報収集は限界あがるということです。治安というのは行って自分で歩いてみないと分からないものです。

 であれば大切なことは、現地の人達がどういう行動をしているかであったり、その場所の雰囲気などを察知して、その場その場で適合する柔軟性。それと、次回説明しますが仮に何かあってもリカバリーできるようにしておくこと。この2つが海外での犯罪対策の基本になります。

外務省の渡航情報やガイドブックの治安情報は有用だが殆ど分からない

 海外に行く前に必ず確認して頂きたいものがあります。それは外務省の「海外安全ホームページ」です。ここには世界中各国のテロや治安に関する情報が載っており、かつ日本人目線で書かれているので非常に有用です。

 しかしながら、外務省の渡航情報にしろガイドブックの治安情報にしろ、実際にはそれだけでは分からないことが多いと思ってください。よくあるのが「〇〇駅近辺では最近はスリが増えているので注意が必要」といったもの。これ、殆どの都市で書かれている枕詞みたいなものなので、殆ど情報が無いに等しいのです。実際には、同じように書かれているところでも、本気で警戒が必要なところと、東京と同じぐらいの感覚でもいいところと、混在しているなんて日常茶飯事です。

人からの話も必ずしも当てにならない

 では「人から直接もらったアドバイスなら参考になるのか?」ですが、なると思いますが過信してはいけません。というのも、海外に対する印象って、同じところを訪れても本当に人によって異なるのです。

 これには3つ理由があります。1つは、そもそも人によって価値観だとか見方が違うという主観に起因するもの。海外で同じご飯を食べても美味しいという人もいればマズいという人もいるでしょう。そういったレベルの違いによるものです。

 2つめは、同じ都市を訪問したといっても人によって行くところが違うことによるもの。例えば、高級のホテルに宿泊してブティック街でのショッピングを中心に楽しむ人と、治安のあまり良くない地区の安宿に泊まってバックパッカー的に楽しむ人とで、同じ都市でも全然印象は違うはずです。

 3つめは、同じ都市でも時期によって治安が全く異なること。これって結構盲点です。というのも、日本の都市で去年と今年で急激に治安が変わるなんてことはまずないでしょう。日本人は自国の治安がいいことももちろんですが、それが変化しないということにも慣れすぎてしまっています。

 実際、私はフランスのパリを何度も訪れていますが、ある時はうじゃうじゃいたスリ(見れば分かるようになります)が、別の時に行くと全く遭遇しなかったということがあります。それぐらい差が激しいのです。なぜかというと、スリというのは所謂ジプシーだとかロマだとか言われる放浪の人達が集団的に行っているため、彼らへの取り締まりが強化されるかどうかで大きくスリの発生率が影響されるからです。

まとめ

 まとめると、「治安は国や都市によって異なり、それはインターネットや本や人からの情報とはかなり異なる場合もある。実際に行って様子をうかがいながら適応するしかない」というところになります。

 そうはいっても共通で通用する対策はあるのでしょうか? それを第2回で解説したいと思います。

スポンサーリンク




posted by 勉三 at 20:00 | Comment(0) | 海外
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。